« 河口域地磯新規開拓→フグ | トップページ | 凪のグレ釣り・活性上がらぬまま全誘導で深場狙いの後編 »

2019年12月10日 (火)

凪のグレ釣り・浮きグレスタートなるも…な、前編

2019年12月8日 日曜。


シゲさんが、
崖行きましょうっ!!

と、誘ってくれたので、
シゲさん・タケちゃん・ガイさんと、
フカセ行くことにしました。


先週も、
シゲさん・タケちゃんは崖行ったらしいですが、
グレの食いが浅く難しい状況だったらしいです。



すさみ町・モンスター地磯へ、
6時半着。

ガイさんだけ、
直前まで起きてたけど寝落ちパターンで遅く到着。



ウネリ波2m予報だったので、
大丈夫かなぁーと思ってたけど、

現地では風弱く、海はベタ凪。


逆に、グレ釣れるか心配なぐらい。


タケちゃんは右の高場。
シゲさんは中央の高場。


僕は左手の離れた
気になっていたポイントへ行くことにしました。




*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75
浮き:GTR M-0シブ 
   →グレックスS-G2  
   →GTR L-B
   →藤原 M-0
   →GTR L-B

ハリス:スーパートルネード 2号・10m道糸直結

針:わからんやつ
  
刺し餌:生オキアミM・ルクス生M・くわせオキアミV9M
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・V9・グレゼロ

*************************************************

立ち位置を決めて、
仕掛け準備しはじめたら

海面がモゾモゾ。


黒いヒレ。



たぶん、浮きグレ。

それもめちゃめちゃおるし、
近い。



とにかく、
グレが離れても遠投できて、

深くなっても対応出来るように…



GTR M-0シブで
針は軸細めの軽そうなやつ。

デカくても獲れるように
ハリスは2号。


ハリスは10m取って、
浮き下は1mの全誘導で開始。




浮きグレよりも沖へ仕掛けを遠投。

浮きグレの場所へゆっくり巻いて寄せてきたら
パシャパシャっ!


あぁー、気づかれて、
警戒されてるし。


浮きグレは浮きの周りから消えてしまう。




もっとゆっくりかなぁーと、
巻く速度を落としてみても

すぐに浮きグレは逃げてしまう。


浮きしたは20cmからの全誘導まで
浅くして、

浮きグレ消えても
ゆっくり沈めて待つも何も起きず。




だんだんと浮きグレが消えた。


もうエエわ。

と、足元5mぐらいで、
ここではじめて撒き餌を撒いて

仕掛けをあわせていれる。

 



20cmほどのコッパグレ。

とりあえず、釣れたけど、
このサイズではない。


足元から10mほど先が
黒く深くなっていて、

表層には何も見えないけど、
おそらく魚が溜まってそうな感じ。

その場所で餌が取られたので、
そこを集中して狙う。




6mほど前誘導で沈めると、
浮き当たりが出て、
イサギ20cm。

もはやウリボウと呼んだほうが
良いかなぁーと思ったのでリリース。


ポイントを外すと反応がないので、
同じ深いポイントを狙う。



深いポイントで食ってくるので、
浮きしたは3m開始で、
全誘導に変更。

 



やっぱり深さ6mぐらいで、
イサギ。


25cmぐらいあるので、
こいつはキープ。



ここからイサギ連発するか?と思ったら、

そこからは当たりが出ない。



う~ん。

と、魚を探していたら、
また浮きグレは出た。



浮きした20cmへ戻して
群れより15mほど沖へ遠投。

そこからは
浮きを浮遊物と思わせるぐらいの

出来るかぎりゆっくりな巻きで
群れへ近づける。



浮きグレはほとんど逃げない。


旨いこと背びれのワサワサの端っこへ、
浮きを近づける。


道糸を少しだけ出して
ゆっくり沈ませる。


スーーーっ


食ったんか!?

合わせると
グイーーン!

 



ギリギリ30cmぐらいのグレ。


やっと、浮きグレを釣れたけど、
ホンマにむずい。

浮遊物ぐらいの
速度で浮きを群れに寄せるのが良かったのか、
そうなのか。



その後、すぐに
浮きグレは消えて、

まったく静かな海に戻る。



何も起きなくなったので、
離れているシゲさん・タケちゃんのとこへ行ってみる。



タケにゃんが
またシゲさんのスカリに何かしている。


イサギ25cm。

 



僕の立ち位置は
太陽あたって温かいけど、

タケちゃんの場所はまだ日陰で寒いみたい。




シゲさんの場所は太陽があたっている。


朝イチ、こっちでも
浮きグレ出たみたいだけど、

食わなかったみたい。



この時間では、
こちらも魚の活性がなくなって、

静かな状況みたい。




とりあえず、
なにか変えて見ようと、

戻って仕掛け変更。



深めを探りやすいように
ちょっと重めの

グレックスS-G2に
オモリ付き潮受け-G3。



なんとも、
仕掛けの馴染みが悪く、

沈まないことも多い。


針上15cmにG5打っても、
あまり改善せず。



こりゃアカンなぁーと、

オモリ付き潮受けを-G1と
浮きより重くしたら

エエ感じにゆっくり馴染むようになった。



餌残ることが多い。

20m沖のシモリとシモリの間に仕掛けと撒き餌を入れて、
当て潮で手前へ寄ってくる。

良い当たり出そうだけど、
モゾモゾするだけ。




足元のキワの様子を探ると



カワハギ18cm。

さすがに小さいので、リリース。



浮きが微妙にシモってる感じがしたので、
合わせたら掛かった。

 

キワがエエ時間なのかも?と、

魚も見えてないけど、
撒き餌から
仕掛け入れるタイミングを

分からないなりにズラしつつ探る。

 

 

ダメだなーと思っていたら
グイっと明確な当たり。



グレ31-32cmぐらいのサイズ。


やった。
ここまでグレ2匹で

タケちゃんより珍しく釣ってるでぇ~と思ってたら、

 



タケちゃんからLINEで
グレ35cmオーバー。

 

タケちゃんからLINEで
グレ30cmオーバー。

 

あっという間に連発されまして、
3日天下の明智光秀どころではなく、

10分天下で、
あっという間にタケちゃんに並ばれるという…。



このあと、
さらに腕の差を
見せつけられて、

なんだYO!となりますが、
後編に書きます。

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

|

« 河口域地磯新規開拓→フグ | トップページ | 凪のグレ釣り・活性上がらぬまま全誘導で深場狙いの後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河口域地磯新規開拓→フグ | トップページ | 凪のグレ釣り・活性上がらぬまま全誘導で深場狙いの後編 »