« 12月のヘダイ料理 | トップページ | 短文・フグ地獄のちガシラとチヌとボラが来るでしょう »

2019年12月 6日 (金)

ミッション車に慣れない人が坂道発進をする際に有効な方法



2019年3月に乗り換えた現在の愛車。

「アトレーワゴン 660CXハイルーフ」。

名前は「ROCK DEMO NIGHT」(ロクデモナイ)と
名付けました。

 


平成15年(2003年)年式の、
16年落ち。

走行距離38000km。

車検付きで、
陸送費込みで36万円



もともとオートマのフィットに乗っていたのですが、
免許試験以来の
ミッション車なので、

はじめはかなり戸惑いまして、
毎日エンスト。


なんせ、半クラッチへ持っていくのに
時間がかかるし、

エンジンのフカシ具合もよく分からんし。


とくに坂道発進は超苦手で、
とにかくエンストでした。


いまさらなんですが、

サイドブレーキを使った
「初心者向けの安定の坂道発進」について書きます。


ミッション乗れる人には、
まったくいらない情報なんですけど…。

これからミッション乗りたい人や、
オートマから切り替えたい人には役に立つかも!?と思いまして。



<手順①>

上り坂で停止したら、
ギアを1速に入れます。

クラッチは踏み込んだままでキープします。



<手順②>

サイドブレーキを引き、
フットブレーキを離しても後ろへ下がらない状態にします。


これによって、
発進時に右足をフットブレーキから
アクセルへ一瞬で移す必要がなくなります。



<手順③>

いざ、発進の時。

左手をサイドブレーキへ。
いつでもサイドブレーキを外せる状態にしておきます。




右足でアクセルを
軽く踏み込み

ウィーーンと、
うるさくない程度にフカシた状態にして
そのままキープ。


左足で踏み込んだままにしておいた
クラッチを半分戻した状態の
半クラッチ状態へもっていき、

そのクラッチ状態をキープしつつ、

左手のサイドブレーキを解除します。



グググッと車体が動き出したら、
半クラッチをキープしていた

左足をゆっくり離すと走りだします。


あとは、速度が少し上がったら、
1速から2速・3速と上げていって、
走るという方法です。



まぁ、知ってる人には当たり前ですし、
クラッチをつなぐのが上手くなれば、

サイドブレーキを使った発進は
まったく必要なくなるんですが、

ミッション初心者には
かなり重要な方法かと、僕は思っています。



この発進方法の利点をまとめますと、

・坂道発進で、ほぼ後ろに下がらずに発進出来る

・後ろギリギリに後続車がくっついていても
 下がらないので、より安全に発進出来る
 ※そういう意味では、僕は今も時々やってます

・サイドブレーキを利用出来るので、
 右足を自由に出来る。
 ギアをニュートラルにしておけば、
 左足も自由に出来る。

というものです。





もう、ミッションに9ヶ月乗っているので、

さすがにサイドブレーキを使った発進は、
ほとんどやらなくなりましたけど、

乗り始めは本当に怖かったので、
ほぼ毎日使ってました。


ミッションの運転を忘れた頃には、
かなり重要な方法かと、僕は思います。


ちなみに、
平地や下り坂での発進なら、

1速からではなく、
2速からの発進で、

ぜんぜん問題なく繋がると思います。




これ、眼鏡君に教えてもらって、
僕は知ったような気がするんですけど。

ね。

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 12月のヘダイ料理 | トップページ | 短文・フグ地獄のちガシラとチヌとボラが来るでしょう »

愛車☓箱バン☓ヘッポコ改造日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月のヘダイ料理 | トップページ | 短文・フグ地獄のちガシラとチヌとボラが来るでしょう »