« 魚沢山ある→干物で保存しつつ色々料理 | トップページ | また串本へフカセに…前編 »

2019年11月 7日 (木)

串本地磯・全員安打の昼フカセ編



2019年11月2日 夜明けのまだ暗い6時前。

昼釣りの仕掛けへ代えたタケちゃんが
一投目からグレ35cmをゲット!


それまで夜は
当たりが少なく、

やっと夜明け前から
夜釣り装備で釣れ始めていた。

夜の魚の時合いやけど、
これはグレ釣らなぁ〜と、

僕も昼のフカセ仕掛けへ変更。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:TAKE工房 00
   →ゼクト 2B&ダンパー水中-2B

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
針:早掛グレ 7号→競魂グレ 6号
  →沈め探りグレ 4号
  
刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    自家製生オキアミM・浜市 スーパーハード生M
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    フカセ用集魚剤

*************************************************

 

ハリスは大物対策で2号。
針も大きめの7号で。

浮きは僕の持つS級である
TAKE工房の00。

足元のキワが見えるような明るさになったので、
そのギリギリを攻めてみる。


ベラ。

お前ちゃうわ。

棚3.5m設定の誘導やけど、
深すぎなのか、
どうなのか。

左のそのあたり良さそうですね。

と、シゲさんが言っていたし、
オジサンも釣りたいみたいなので、
立ち位置を交代。


が、
磯際をシゲさんが攻めて見るも、
良い当たり出ず。

なんか、さーせん。



入れ替わった僕の立ち位置は、
イズスミ。

足元から15m程先に、
良さげな潮目が出ているので、

そこを狙ってみている。



タケちゃんは
気がつけば竿を曲げてるけど、

動画撮ろうとすると、
サンノジ・アイゴ。



あとで聞いたら、
一匹目のグレのあとにも、

4回ほど当たり連発したけど、
やけにバラし多かったみたい。

デカイ尾長なのか、
イズチュミやアオブ太郎さんなのか。



当たりが出ても、
針掛かりしないのが数回あったので、

針をちょい小さく、
競魂グレ6号へ。

棚設定は
ハリス分の3m。



浮きがスイっと入って
コッパグレげっと。

やっぱ、15m先の潮目が

良い感じなのかも。




仕掛け投入のタイミングを
撒き餌から15秒ほど送らせてみたあたりで、



グレのサイズアップで25cm。

もう、とにかくキープです。
お土産はとりあえず確保しとかんと。

 



シゲさんの竿が曲がり、
アカハタげっと。

シゲさんは
オオモンハタとか、
高級鍋用食材を釣りたいみたい。

この地磯は去年もハタ系多かったし…。



ギュゥーーーン!!


で、またシゲさんの竿が曲がる。

エエ感じの引きのあと、
あがってきたのは、



グレ32cm!!


さっそく僕より
エエグレ釣ってますよ。

フカセはじめてすぐに
年なしチヌ釣ってるし、

シゲさんは末おそろしいです。



ぼおおおお


僕は、疲れたし、
焼き芋食べたいし。

とにかく焚き火で安納芋を焼くことにしました。


焼けた枯れ木が
炭になってきたら、

芋にかぶせて釣り再開。



シゲさん、また竿曲げてます。

 



35cmぐらいの
ええサイズのアイゴ。

40cm過ぎたら太平洋フィッシングダービーに
持ち込み推奨かも。

 



僕はタマミの幼魚のタマちゃん。


このとき、
すでに焼き芋の良い香りがし始めていたけど、

スッゴイお腹が痛くなって、
ひとり戻ってトイレへ。



明け方に風の中で
寝たからか、

お腹がめちゃめちゃ冷え冷えで危ない。



車に戻ったら
お腹が痛いままなので、
しばし温まりながら寝落ち。


お腹の調子戻ってから
釣り場へ戻る。


焼き芋は良い感じに
温まっていたので、

配って回る。



今回の焚き火は
火力が少し足りなかったみたいで、
僕が食べたのは、
一部硬め。

食べれるけど。



シゲさんが昼間からニョロニョロを釣る。



左手へ遠投までして
探っている。

しばらく餌残っていて、
とられても当たりが出にくい。


僕は何も釣れなくなっている。

 



タケちゃんは
ずっとギュンギュン言わせている。

この時、釣れたのはサンノジやけど、
まわりはほぼ釣れてない状況。

なぜや。



うーーん。


風で表層の浮きは引っ張られるけど、
撒き餌は真下へ沈みがち。

潮はあまり動いていない。

まぁ、とにかく同調しやすい
状態を作ってみようかと、



ゼクト2Bに
ダンパー水中-2Bで、

がっつり沈んで、
水中浮きが潮を掴んで上の浮きが流され過ぎないように。




ドーーーン!!

なんか、爆撃されたっ!?



タケちゃんが投げ込んできた
空飛ぶオジサン。


なにしてんねんっ!



僕らがオジサンキープしてるので、
いるかなぁ〜と、投げてくれたらしい。



ギュイーーーン!

と、書きたいところやけど、
これはガイさん根掛かりしてるとこです。


待ったら魚ついてて出てくるパターンもあるけど、
これは違ったみたい。



突如釣れたグレ25cm。

なんせ連発はなくて、
ポツポツ。




またシゲさんの竿が曲がっているのを目撃。

足元でグイィィーン!

なんか、エエグレっぽいっすね!!



40cm近いイガミでした。

こいつは良く引いて
シゲさんもオモロかったみたいです。





なんだか、エエ感じの泡目が
10mぐらい先に。

潮もゆっくり左へ動いてる感じ。



なんだか、
やけに浮き当たりなくて餌取られる感じ。


浮きをハリスへ入れて、
針から60cmほどへ。


そこから誘導で3mの直結部まで
探る感じで。



泡目に撒き餌。

少し沖に仕掛けを入れて、
テンションをキープしつつ、

少しずつ糸を出して仕掛けを沈めつつ、
どこで当たっても分かるようになるべくなるべく。


グイッ



やっと獲れましたよ、
グレ32cm。


タケちゃん水族館を見学に。


なんだか、
アカハタとアコウもおるし、

ほとんどアカハタは小さいので
逃してるらしいけど、
これは30cmほどある。





それにしても、
潮動かんし、

やっぱり夕間詰めの時合いには
体力・集中力を戻しておきたいし、

僕は1時間ほど昼寝。


夜は寒かったけど、
昼はぽっかぽかで気持ちよく寝れました。


起きたら、
タケちゃんがボラにあえて掛け合わせて遊んでるし、
潮はまだ悪いままなのかも…と、

パン食べてゆっくりしてから、
再開。


っていうか、
僕が寝てる間に
タケちゃんはまた30オーバーのグレ追加済みだったらしい。





シゲさんは魚の下処理してから、
先に撤収。

もう魚多すぎて、
クーラー重そう。


ガイさんは
僕が寝ている間に
ナブラ打ちのショアジグやって
ヒラソウダ40cm級を2本確保していたらしい。

ええなぁ。カツオ。
カツオ食べたいなぁ。



夕間詰めにはやはりまた活性が上がって、
グレ31cm追加。

目の前で小魚が突き上げられて
バシャっとなった後、

60cmほどの棚で釣れました。



すでに食材は沢山キープ出来てるので、
このグレはリリース。



あとは、アイゴ、
またコッパグレ。



真っ暗になる直前まで粘りました。

タケちゃんは最後に、
45mぐらいのグレを浮かせた後、

一気に根に突っ込まれて切られたらしいです。


そうとうデカイんですど。
夕間詰めの一瞬だけ出てきたのかどうなのか。



この日のタケちゃんは
バラシ多発デーだったらしいけど、

16種目の魚釣ったらしき。




ずっと掛けてた感じだったけど、
どうしたらそうできるのかは分かりません。



全員安打で、
みんな釣ってたようにも思うけど、

なんだか夜釣りから
昼過ぎて夕方までの釣りで、

疲れてよく分かりませんよ。

スミマテン。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

|

« 魚沢山ある→干物で保存しつつ色々料理 | トップページ | また串本へフカセに…前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚沢山ある→干物で保存しつつ色々料理 | トップページ | また串本へフカセに…前編 »