« 串本地磯・全員安打の昼フカセ編 | トップページ | また串本へフカセに…後編・夕間詰めに頼るも… »

2019年11月 9日 (土)

また串本へフカセに…前編

2019年11月4日 月曜祝日。

師匠が去年にグレ爆釣したのと、
ちょうど同じ時期やし、

また行ってみたいというので、
師匠と串本へ。


すさみのローソンでタケちゃんを発見。

高速降りたあとの坂道のとこあたりで、
車のプラグがいかれたみたい…と。

エンジンの音がカタカタ言ってるし、
ちゃんと進まず。


夜明けを待ってから、
車屋さんに連絡して修理するとのこと。


とりあえず、
僕らは先に行くことにした。




串本町HIWAI地磯。

師匠が去年爆釣したのは、
この左隣のポイントやけど、


2日前にこの場所が
良かったし、あとからタケちゃんも合流すると思うので、

比較的広いこちらでスタート。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:グラビティ G2&エッジ水中-G2
   →グラビティ G2&オモリ付潮受け-G3
   →ファイヤブラッド攻め G3&オモリ付潮受け-G3
   →ゼクト 2B&ダンパー水中-2B
   →ファイヤブラッド攻め G3&オモリ付潮受け-G3
   →ファイヤブラッド攻め 0&オモリ付潮受け-G5

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 1.75号・3m道糸直結
    →スーパートルネード 2号・3m道糸直結
    →エクシード 3号・1.5m道糸直結

針:競魂グレ 6号
  →寒グレ 5号
  →ファイングレ 5号
  →早掛グレ 7号
  
刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    自家製生オキアミM・浜市 スーパーハード生M・ウンコ
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    フカセ用集魚剤・グレハンター2・アミノXグレ遠投


*************************************************




新しくエッジ水中という
小型の水中浮きを買ったし、

ちょい3mほどの風もあるので、


ちょうど良いかもとG2スタート。


 




さっそくのコッパグレ。

よし。とりあえずグレはいてるし、
こっからサイズアップするでぇー。


 


スッ


合わせるとスカッ


え。



浮きより上の道糸が切れた。

いきなり、
エッジ水中ロスト…。まじかよ。


グラビティを回収し、
見てみると、


なんだか、穴のところが
ギザギザな感じもする。


でも、これ使いたいので、


もっかいグラビティ&オモリ付潮受け-G3で。




スーーーゥ


すこし重量感もある
よい浮きの入り


合わせるとスカッ


なんじゃこりゃぁああ!



やっぱり浮きのあった場所で、
道糸から切れた。



グラビティをタモ網で回収して、
確認すると、やっぱりギザギザ。

浮きの穴のギザギザが原因で間違いなさそう。
いままで良く使っていたグラビティに感謝しつつ、
もう捨てることにした。



そして、良い当たりを逃したので、


イライラするし、浮きは変更するしかねえし。




ファイアブラッド攻めG3に
オモリ付潮受け-G3へ。







師匠が20cmぐらいあるシマアジをげっと。
こいつは美味しいやつなので、キープ。

ほかにコッパグレも何匹か釣っている。


 


 




足元から20mほど先まで探り続けて、
アイゴ30cm。

すでに冷蔵庫は
魚でいっぱいやし、こいつはリリース。


 




やっとグレサイズアップ25cm。


足元からは
コッパグレやチョウチョウウオが
むあぁ~と、沖まで出ていくようで、

2日前よりエサ取りが活性高い。



20mほどのちょい遠投。




僕にもシマアジ。

ちょい小さいので、こいつはリリース。


 




LINEが届いて、
みたら、僕らが釣りしてる姿…って!?

後ろを振り向いたら、
タケちゃんがニヤニヤしていた。


車はなんとか走るようになったみたい。

タケちゃんの予想通りで、
プラグがいかれていて、
交換だとか。







タケちゃんは右手のポイントへ。

すぐにアカハタ・イトフエを釣りつつ、
グレのいる場所を探している。


ラグビーのバレット兄弟?にあやかって、
浮きはバレットを使うとか…。


バレット兄弟!?とは…。

ニュースでラグビー見てカッコええなぁーと
思うぐらいの僕で、

ニュージーのバレット兄弟までは知らなかった。




僕はエサ取りを交わして下を探るために、


重めの2Bに水中-2Bで。



でも、エサ取りにやられる。


 



師匠が良型カワハギ。


こいつはもちろんキープ。


 




タケちゃんがさっそく、
グレ33cmサイズ。


なぜ、釣れるのか…わからん。



とにもかくにも、
ええサイズのグレはいてるけど


僕にはやりかたでは
釣れないってこと。


どうやったら、釣れるのか。

撒き餌と仕掛けの投入点は
3mぐらいまで離して、

刺し餌残るぐらいまで離したし、

仕掛け投入のタイミングも遅くしてみてるけど、
どの程度変えたらよいのか、

もう分からん。


早起きで眠くなってきたけど、
もうちょっと頑張る。

後編へ。




----------------------------------------


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu


 


釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


 




釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


 


 


 


 


 


 

|

« 串本地磯・全員安打の昼フカセ編 | トップページ | また串本へフカセに…後編・夕間詰めに頼るも… »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 串本地磯・全員安打の昼フカセ編 | トップページ | また串本へフカセに…後編・夕間詰めに頼るも… »