« 短文・2日後の串本地磯 | トップページ | 串本地磯・全員安打の昼フカセ編 »

2019年11月 5日 (火)

魚沢山ある→干物で保存しつつ色々料理

僕の釣果だけでなく、
タケちゃん持ち帰らんとくって言うし、

もらったらエライことになりました。



うちの家族は
師匠と二人やし、

すぐには食べ切れん。
というか、肉も食べたいから毎日・魚は嫌なんです。


釣食企画人と名乗ってますが、
肉好きなので。

でも、なんとか
やはり美味しく食べたいなぁーということで、

干物スキル発動っす。



グレ3匹とシマアジ3匹は
干物で半日&一夜干しで。

水分が適度に抜けて、
表面もシットリしたので、

ラップに包んで
冷凍庫で保存。

これで数ヶ月後に
焼いて食べても美味いはずです。


ハエが寄らないように、
100均で干し網買えば、

あとは結構簡単に作れるので、
魚多すぎ→保存して食べたい時に食べれる

って、方法としては、
かなり有効かも知れないですね。

 



アカハタのお刺身。

かなりあっさりしたお味。


20cmぐらいのサイズなので、
脂のりは少なめだったのかも。

でも、もちもちした肉感は良かったです。

 



グレのユッケ。


タケちゃんが美味いよぉーと勧めてくれていたので、
今回作ってみました。


お刺身にしたグレに
軽くだけ塩を振り、

焼き肉のタレ・おろしニンニク生姜・
ごま油・ワケギのみじん切りを加えて


サササッと混ぜただけです。



ねっとり濃厚で美味いです。

タケちゃんによると、
翌日以降には、

さらにねっとり濃厚さが上がって美味しいらいしですが、
当日で食べきってしまいました。

生卵落として
ご飯で丼ぶりなんてのも

最高かもせんですね。




とうぜん、
ビールや日本酒に合います。

 

油淋鶏オジサン。

左半分は鶏モモ肉で、
右半分はオジサンを使っています。



塩・コショウ・片栗粉をまぶした鶏モモを
揚げたもの。

油淋鶏としては基本の美味しさ。

もちろんこれで美味しいんですが、
ここでオジサンが生きてきます。

 



ホックホクのオジサン。

そもそも生で食べれる状態なので、
中火の短時間で

衣をカリッと揚げた状態。


それで身はホックホクで硬くない。



オジサン(メンドリ・ホウライヒメジ)は
癖がなく、旨味はほんのりあるので、

なんでも合います。


揚げたあとに
上からかけるタレは
ワケギ・ニンニク微塵切り・生姜微塵切り・
醤油・お酢・水・ゴマ油を混ぜたもの。

熱々の揚げたての上から
かけることで、
衣に絡まってエエ感じになります。


その油と旨味が下に行って、
下に敷いたキャベツやレタスがまた美味いですよ。

 



アコウのマリネ。

最近作っていたマリネのなかで、
一番うまかったです。

具体的に、
どう旨いのかと言うと、

まず、クセ・臭みが無い。
旨味がジワジワくる。

炙りにした皮の
芳ばしさもクセ弱いけど、
しっかり効いてる感じ。

さすがのアコウです。



秋も深まってきて、

鍋も美味しい季節ですね。



水炊きのポン酢も活きですね。

春菊と豆腐も外したくないですよ。



 



タケちゃんが
グレのマリネ作ってくれたみたい。

美味そうっすね。



お刺し身に
お酢・オリーブオイルを1:1かけて、
塩・コショウしたら完成ですよ。

でも、お刺身とは別とした美味しさで、
お酢でクサミも消えて、

数日置いても美味しいはずです。



みんなやればエエのに。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

|

« 短文・2日後の串本地磯 | トップページ | 串本地磯・全員安打の昼フカセ編 »

釣食レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・2日後の串本地磯 | トップページ | 串本地磯・全員安打の昼フカセ編 »