« 短文・串本フカセ・珍しく冴えたモジャ男 | トップページ | 読んで試してのフカセ・串本TO中盤戦 »

2019年11月12日 (火)

読んで試してのフカセ・串本TO前編

2019年11月10日 日曜。

朝5時半に
眼鏡君を迎えに行く。


凪の大潮で、
満潮は朝と夕方にある。

波は2mのち1.5mのウネリあり予報。



地磯ならどこでも行けそうやけど、
問題は混んでいるかどうかと、

グレが釣れるかどうか。


なんとなく、
串本のTO地磯行こうかと提案したら、

ちょうど眼鏡君もそこを考えていたらしい。


だいたい行くのは冬か春で、
秋には行ったことないし、というのもあるとのこと。



釣太郎白浜店でエサ仕入れ後、
TO地磯へ6時半着。

それなりに人気ある場所なはずなのに、
誰もまだ来てないなぁーと思ってたら、

砂利浜にある河口が海とつながって、
通路が水没気味。


長靴なら通れるぐらいの
水深やけど、

長靴ない人なら、
来ないって状態になっているみたい。


実際、
夕方に釣りをしにきた人も、

河口あたりでしばらくウロウロしたのち
帰っていった。



僕も眼鏡君も
磯ブーツは長靴タイプなので、

問題なし。



もともと河口はあったけど、
海とはつながらず
砂利浜の下を浸み込んでつながるという
特殊な状態?だったけど、

夏にいくつかやってきた台風の増水で、
川と海が大きくつながったんだと思う。

 

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:グレックスM G2&オモリ付潮受け-G3

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・3-4m道糸直結

針:競魂グレ 6号
  →沈め探りグレ 4号
  →早掛グレ 7号
  
刺し餌:生オキアミM・自家製生オキアミM・
    浜市 スーパーハード生M・ウンコ
撒き餌:生オキアミM・フカセ用集魚剤・
    残り物のいろいろ集魚剤

*************************************************



グレックスを買いたい買いたいと
ナニワ行っては見て、やめてたけど、
やっと買いました。

MサイズのG2で、
シモリ玉なしで浮き止め糸で止まるタイプ。



シモリ玉なければ馴染み早くなるんかなぁーと、
期待。

それとは別に、
浮きの下側の穴が小さすぎて
「道糸とハリスの直結部分も通らん」という、
問題にも直面。

つまりは道糸に入れたグレックスを
浅棚設定にするために、

ハリスに移動させることが出来ないってやつ。




この構造は、
便利なんだか不便なんだかという
疑問もあるが、

とりあえず、やってみる。

 

 



足元は
おそらくオーバーハングにエグれてそうな構造。

撒き餌には
チョウチョウウオとなにやら小さい魚がちらほら。


そんなに追尾は強くない。




足元から5mほどの場所で、
単純に撒き餌と刺し餌を合わせてみる。



15cmサイズのコッパグレ。

5m・10m先にはチラチラとグレが見え出した。
足元はそうでもない。




コッパの下に大きなグレおるかもなぁーと、

棚を少し下げてみたり、

撒き餌から仕掛け入れるタイミングを20秒ほど遅らせてみたり。



刺し餌は取られたり、
残ったり。



右手の足元から
沖へ潮が払い出してるような潮目。


撒き餌と仕掛けを2mほどズラして投入。



グイッ!と浮きが入ったら



カスミアジらしき。



さっきから、30-50mほどで、

パシャパシャとボイルらしきがあるけど、
こいつなんかなぁー。




海の状況を観察。

右手の浜向きのほうが、
正面向きよりも波気が強く、

右角の水没する立ち位置からは、
良さそうな潮目が沖へ伸びている。



なので、開始1時間も経ってないけど、
立ち位置を
右角水没ポイントへ移動してみる。




足元のキワからは、
チョウチョウウオがちらほら。

その10m沖にはコッパグレが群れているのが見える。



足元から潮目が伸びているみたいなので、
その足元へ撒き餌。仕掛けもそこへ合わせてみる。

速攻でやられはせず、
数十秒してから浮きが微妙にしもって、
刺し餌をとられる。



次は撒き餌は同じく足元で、
潮下らしき2mぐらい沖へ仕掛けを入れる。

釣れるのはコッパグレ。


わっさぁ~っと群れいるのが見えるし、
そいつらはなぜか足元へは来ない。



さらにもっと潮下へ一投ごとに

仕掛けを入れる位置を撒き餌から離してみる。


潮下にこぼれたエサを食べる
大きいグレ…は、いないっぽく。

反応ないか、
釣れるのはコッパグレ。


ふたたび
足元の撒き餌をよぉーく観察。

表層の粉は、
サラシに引っ張られて
左沖へ出ていくけど、


沖アミや粒粒はなんだか
右手の内湾へ吸い込まれてるような…。


ダメもとで試してみるかなぁー。

足元に撒き餌は同じで、
仕掛けは右手に2mほどズラした内湾側の
足元キワへ入れてみる。


仕掛けが馴染みきらないうちに
浮きがスッ

ぐいぃーーん


おぉ、ダメもとが当たった。

 

ガン!ガンガン!!

叩くよー。サンノジかな。



あ…



グレやん!

ぎりぎり30cmサイズなんで、
こいつはもちろんキープ。


針はノド奥に飲み込んでいて、
そうなるとガンガン叩くって、
YOUTUBEで観た久保野孝太郎さんも言ってた。

こういう事なのね。


というか、
馴染む前に食ったのに、

針飲んでるって、
設定深すぎ?なのかも。


この時の
棚は3.5m設定。

とりあえず、
浮き止め糸の位置をズラシテ、
ハリス分の3mへあげる。



中層から下の潮は
逆になってる説を信じて
同じことをもう一回。



ガン!ガンガン!!


叩くなぁー



ガンガン!




そりゃ叩くよサンノジ。

2匹目のグレかと期待したけど、
ちゃうかった。



サンノジも針飲んでたので、
外すのに手間取っていると…、



眼鏡君がもってきたGT。

写真だと眩しくて見えにくいけど、
形がもろにGTでイカツイ。


ちっちゃいから
SmallでSTと言えばよいのか、

GTB(Baby)なのか。






眼鏡君はいつもの左手の立ち位置。

この地磯に来るさいは、
だいたいあの場所で、
渋くてもしっかりグレを釣っているし、

でかい何者かが連発して食ってくるデーもあった良いポイント。


いまのところ、
コッパグレやエサ取り高活性みたい。





僕は相変わらず
足元撒き餌の仕掛け右湾奥で

投入点を少しずらしたり、
タイミングずらして

とにかくずらしてみている。



またまた撒き餌を観察。

なんだか、中層も右へ行かなくなったような…。

ほぼ真下か、ちょっと左沖へ出ている感じ。




そんなら、沖狙いに変えてみよかな。




が、何も良い当たり出ず、
餌はとられる。

ハリス分の3mより棚を浅くするには、
ハリス切らなアカンし、

グレックスのここは使いにくいところかも。
ハリスの中に浮き(グレックス)を入れて
仕掛け組み直せば、なんとか浅いとこ探れるけど、

めんどうや。



とりあえずそのままで
25m沖のシモリへ遠投。

撒き餌も浮きのまわりへ3発。


古代魚っぽいスズメダイ。

着水からすぐに食ってきたので、
けっこうな数が沖のシモリ上にいる感じかも。


その場所は狙わないでおく。



眼鏡君が30cmサイズのアイゴをげっと。
かなり引いてオモロかったみたい。


秋のアイゴは
やけに元気なのか、

先週、僕が釣ったときも、
かなり引いたように思う。

そもそも、そういうものなのか、
去年のことは忘れた。





右角のポイントが
なんだかいまいちな感じがしたので、

左のもとの位置に戻る。

 

左足元のサラシがエエ感じ?なのか、
直接サラシ狙って撒き餌と仕掛け投入。



仕掛け馴染むどうこうなるまえに、
サラシに全部引っ張られて、

10mほど沖へ飛ばされる。


グイッ


馴染む動向なる前に浮きが入った。



イズスミ20cm。



サラシだと動きが訳分からんので、

なるべくサラシの切れ目を狙う。


数投はエサだけとられて、
当たりは出ず。

仕掛け入れるタイミングを遅らせる。



チョウチョウウオかい。

 

眼鏡君が、
ネットの市場魚介類図鑑観ていた時の話し。

釣った魚の、なんか意外かも知れない魚の食味を
調べてた中で、

カゴカキダイが食味5の究極の美味だったって
話しを思い出した。

僕も食べたことあるけど、
おいしかったけど、
食味5は…言い過ぎやろ。



チョウチョウウオは食味4の非常に美味。

思ったより美味しかったように覚えてるけど、
ひさびさに持ち帰ってみることにした。


下処理で捌くと、
内臓脂肪はグレより多い。

ギトギトという表現に近いレベル。



続きは中編だか後編だかで書きます。

長くなって書きながら寝落ち2回するかも。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 短文・串本フカセ・珍しく冴えたモジャ男 | トップページ | 読んで試してのフカセ・串本TO中盤戦 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・串本フカセ・珍しく冴えたモジャ男 | トップページ | 読んで試してのフカセ・串本TO中盤戦 »