« グレた人間の強制タイム・図書館はあなたのそばに:前編 | トップページ | コスパの良い「柿の種」トップバリュー »

2019年11月26日 (火)

図書館で声出しちゃダメなグレ釣り・グレた人間の強制後編

2019年11月24日 日曜の後半戦。


エサ取りは少なく、
ここまでグレ37cm・35cmをキープ。

ウネリの波は強めで、
予報では弱まる予報やけど、

少しずつ強くなる感じ。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75
浮き:グレックスS G2&エッジ水中-G2   
   →ファイアブラッド2B&ダンパー水中-2B
   →GTR L-B

ハリス:スーパートルネード 2号・10m道糸直結

針:わからんやつ
  
刺し餌:生オキアミM・ルクス生M
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・V9・ピンポイントグレ

*************************************************





立ち位置は、
普段、立つことのない
右手の角のさらに湾奥側の高場。

それだけウネリもサラシも強くて、
ときどきドッサーーン!と波があげてくるので、

タケちゃんも僕も、より高い立ち位置へ移動。





浮きを2B&水中-2Bから、
GTR L-Bの全誘導へ変更。

オモリ付き潮受け-Bを装着。

 

餌取りはあまり多くないし、
当たりがあるのは深めが多い。

なので、
ゆっくり沈ませて全層を探る考え。

足元にはサラシの渦があるので、

15-20m先の
比較的平らなポイントを狙う。




アイゴ28cmサイズ。

今回は、すでにキープのグレがあるので、
リリース。



タケちゃんがなにか
突っ込む当たりで
竿を曲げている。



25cmオーバーのガシラ。
こりゃデカい。


エエなぁ~。


翌日にタケちゃんに聞いたら、
めちゃめちゃ旨かったらしい。

デカいと刺身もできるし、
絶対キープすべき魚のひとつだと思う。



サラシが強くて、
一投ごとに浮きの流れていく方向が変わる。

海は濁りがあるので、
撒き餌の沈む方法まではよく見えない。


なので、
なるべく同調したら良いかなぁーと、


浮きの周りすこし広めに
多めの撒き餌を打つ。




全誘導なので、
道糸は張り気味に
浮きの流れに合わせて

さらに道糸を送り出そうとするけど、


ちょっとでも張ってしまうと、
黄色の潮受けゴムが浮いてくるのが見えて、

仕掛けが浮いてしまってるのが分かる。



張りは少なく、
多めに糸フケを出せば、

仕掛けがゆっくり馴染んでいく。



でも、足元のサラシが
垂れた道糸をいらん方向に飛ばしてしまうので、


竿は真横か、ちょっと立て気味。
なるべくサラシの先に道糸が垂れるようにしている。




潮がゆっくり沖へ流れて、
だんだん浮きが遠くに流れていく。

道糸は出して
ゆっくり仕掛けが沈んでいくように、

撒き餌は5-6発と多めに打ってあるので、
上手い事仕掛けと同調してくれることを祈りつつ、

とにかく浮きが流れる方向へ
糸フケがサラシに引っ張られ過ぎないように調整・調整。



シュッ!


グゥィイイイイイイイイイ!!


かなり強いシャープな引き。

咄嗟に竿を立てて巻いてみるも、
どこへ走られたか分からん。


あっ!

気付いたら右手のハエ根の方に浮きが。


グゥイイイイイイーー!!



強いし速いし、
完全に先手を取られた感じ。

もうハリスはハエ根に掛かって
サラシもあるし、めちゃめちゃ。

竿を反対側に寝かせて
ハエ根から剥がそうとするも、

フッ…


時すでに遅し…。


チモトより上のハリスで切られた。


いまの引きはグレちゃうか!?

と、タケちゃん。



僕はあまりよく分かってないけど、
たぶんグレなら余裕の40cmオーバーサイズだと思う。

でも、なんだか悔しいよりも
楽しいが上回る。

なによりデカいグレが食ってくるなら、
釣れる確率はある。


実は、この前にも、
アイゴらしきが右のハエ根に入って、
一度切られている。


僕のいる高場から、
右のハエ根は1時から2時ぐらいの方向。

つまりは、
やられやすい。






でも、一段下へ降りれば、
もっと左の立ち位置に出来るので、

3時近いぐらいの方向で戦えるかも知れない。



しぶきがときおりバシャンと上げてくるので、
常に下にいるのは嫌だけど

次にデカいの掛けたら下へ降りることにする。




仕掛け投入点は15-20m沖で、
潮の流れが変われば、

右へ左へ変えてみる。

撒き餌は浮きに被せるのと、
潮上へ打ってみたり、あえて潮下へ打ってみたり。

なんせ、中層から下の潮がどっちに流れてるか分からんし。


グイッ!

こんどはそんなに強くはない。


タモを入れられる余裕がないし、
サラシも強いので、

ブッコ抜き。



グレ35cm。


引きの強さから、

やっぱり、さっきバラシたのは、
40cmオーバーで間違いないと思う。

 

続けて、



25cmサイズ。

こいつはリリース。




普段は波が上げて来ない場所に
荷物置いていたけど、

満潮16時より45分前。



想定外の波が来たら
荷物危ないかもなぁーと言っていたら、

ザバァーーーーン!!



タケちゃん!!
キーパーバッカンひっくり返った!!


おぉっ!


タケちゃんも僕も
急いで仕掛けを回収しておいて、
荷物の救出へ向かう。


魚は無事。

まだまだ上げてくる可能性があるので、

普段は絶対置かない一番高い場所へ
すべての荷物を協力して持ち上げる。


あ、あぁあああああ。


足元が滑って
身体が後ろへ

ドンっ!ドンっ!と、2段落ち。


後ろに危ない岩が無くて良かった。

ヒャッハー2段落ちをした僕です。



受け身を取れたので、
幸運にもケガなし。

こえええ。


やっぱ疲れてると、
いろいろ危ない。



ちょっと休んでから、
また再開。



35cmサイズ。

結構強かったので、
下へ降りてやり取りしたけど、

なんせ、ヒザがガクガクになってきてるので、
えっちらおっちら降りてやりとり。

この日は昼寝してないし、
意識もちょっとボォーっとしているので、

身体が疲れている。

昼寝しとけば、
もっと安全やけど、
もう夕方の時合い。




タケちゃんも
デカいの掛けたけど、

立ち位置左手のハエ根に突っ込まれて切られる。


タケちゃんには珍しい
ハリス2.5号の太目。

それでもやはり根に突っ込まれたら、
やられてしまう。



満潮16時が近づいて、
確実にヒャッハーー!!タイムに入っている。

タケちゃんがグレ35cmサイズをげっと。

もはやタモは使わず、
波にのせてズリ上げる。




まだまだデカいのくるかも知れない。

身体がフラフラしてきたので、
座って休みながら続行。




またまた右手のハエ根に突っ込まれる。

一段降りたけど、
根に入られた。



竿を左へ寝かして
角度を変えてたらググッと出てきた。

 



32cmサイズと大きくはないけど、
魚の位置を見失ったので、
入られたんやと思う。



やはり沖へ流れたタイミングが良いらしく、



35cmサイズ。
ブッコ抜き。



32cmサイズ。
もうキープしに
バッカンへ行くのも辛いのでリリース。



普段は目標としているグレ30mオーバーやけど、
この日は釣れ過ぎて、
もはや有り難みが薄れてきた。


それでも、デカいのを狙って続行している。

 



虹がかかった。

暗くなっていくにつれて
餌が残るようになり、

17時のチャイムで
タケちゃんも僕も同時に片付け。



もうクタクタ。

この日の僕の釣果は
30cmオーバーのグレを7匹で過去最高の数。

それも2匹はリリース。



もうぐったり疲れているけど、
釣太郎白浜店へ持ち込んで、

グレダービーへエントリー完了。



最大で37.0cmで、
釣った直後にタケちゃんが測ってくれた37.5cmより縮んでしまった。


やっぱり、絞めてしまったら、
サイズは小さくなる。

キーパーで活かしたまま、
持ち込みするのが、

サイズ勝負なら良いと、タケちゃん。



でも、美味しく食べるなら、
活絞めで血抜き・内臓処理もした方が良いし、

今後、どうするか考えどころです。

 


それにしても
この日はよく釣れたけど、

サラシ・ウネリが強いし、
疲れてるのに昼寝しなかったので、
危ないところもあった。


疲れたらダメな僕にとっては、
もっと安全圏で釣りをした方が、
良いとも思いました。



グレた状態から、
図書館へ行くようになって、

声出しちゃいけないシチュエーションへ確変したい
ところでした。

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

 

|

« グレた人間の強制タイム・図書館はあなたのそばに:前編 | トップページ | コスパの良い「柿の種」トップバリュー »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレた人間の強制タイム・図書館はあなたのそばに:前編 | トップページ | コスパの良い「柿の種」トップバリュー »