« 読んで試してのフカセ・串本TO前編 | トップページ | 読んで試してのフカセ・串本TO後半戦 »

2019年11月12日 (火)

読んで試してのフカセ・串本TO中盤戦

2019年11月10日 日曜の中盤戦。

場所は串本のTO地磯。

朝6時半に釣り開始して
時刻は10時前。

ここまでで釣れたのは、
8時前のグレ30cm。



海は波気あったのが、ベタ凪へ。

コッパグレが多くなり、
なんだかムズイ。



眼鏡君の立ち位置を
見学に行くと、

すごい数のコッパグレ。
僕の立ち位置よりも多くて、

撒き餌にわっさぁ~と集まっている。



眼鏡君の棚設定は60cmぐらい。

とにかくコッパグレが激しくて
どんどん浅くなった感じ。






この日は
干潮10:30の63cm。

いまは10時前。


頭がボぉ~としてるし、

干潮過ぎに来るかも知れない時合いに備えて、
いったん昼寝。


親子の釣り人のやってきた声が聞こえて
10時45分過ぎに起きる。


風がやんで暖かくて、
波の音もするし、良い昼寝だった。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:グレックスM G2&オモリ付潮受け-G3

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・3-4m道糸直結

針:競魂グレ 6号
  →沈め探りグレ 4号
  →早掛グレ 7号
  
刺し餌:生オキアミM・自家製生オキアミM・
    浜市 スーパーハード生M・ウンコ
撒き餌:生オキアミM・フカセ用集魚剤・
    残り物のいろいろ集魚剤

*************************************************

僕の立ち位置は
寝てる間は撒き餌が入っていないわけで、

とりあえず撒き餌なしで仕掛けだけ投入。

餌残り。



じゃぁ、撒き餌一発を

浮きの上から被せてみよっかなぁ。



コッパグレ。

やっぱりお前は活性高いのか。

 


30mほど沖では
なにやらがパシャパシャしている。

撒き餌なしで仕掛け投入。


しばらく待つとグイッ!!



僕にも釣れましたよ。

グレートじゃないほうのGT。



食べてみたいのでキープ。


同じく撒き餌なしで
もう一匹GT追加。



つまりは、
撒き餌するとコッパグレ軍団が強すぎて、
GTたちは来れなくて

30mほど沖でパシャパシャしてる?のかも。

 

 



眼鏡君が釣ったカワハギ。

潮だまりの水族館を泳いでいる。

キャワたん。だと思う。



足元のキワ。5m先。10m先と
撒き餌固定からの仕掛け投入点をずらす。

投入タイミングも5秒遅れ、
10・15・20秒と順番に変えてみる。

当たりが出ないことも多いので、
針上15cmにG5がん玉を打つと、
浮きあたりが明確になった。


でも、なんだか
釣れるのはコッパグレ。



でも、その中で、
何発か浮きの入りに重量感があるのに、

針掛かりしないやつがいるっぽい。






針小さいほうがエエのか試してみることにする。



競魂グレ 6号から、
沈め探りグレ 4号へ変更。


それでも、
やっぱり掛からんやつがいる。


足元のキワには
チョウチョウウオ。

そこから2m以上離れると
コッパグレの群れ。



足元に撒き餌と仕掛けを直接合わせたら、
チョウチョウウオがうるさい。




ここで以前にタケちゃんに教えてもらった
撒き餌の磯打ちを試す。

吸い込まれる撒き餌。

15秒経ってから
仕掛けはキワキワのギリギリガールズ。



ガっ



ギュギュイィィーーーーーーン!!



浮きが一気に入って右角の磯際へ疾走。


ベールを慌てて閉じたら、
半分開いたままで道糸放出。

あららら。アカン。

一回道糸ゆるむぐらい出されてから
ベール閉じて巻けるようになった。


ぐぐぐ。


まだ付いてる。

竿をなるべく沖へ倒して
右側磯際に引っかからないように

強引に巻く。



出てきたので、
今度は巻けるときだけ巻く作戦で、

ゆっくり。焦ってるけどゆっくり。




おっしゃー。
グレ33cm。


こりゃまた
作戦実行した1投目で釣れた。



それなら連発するか?というと、
次に同じことやっても、

グレは釣れず。




撒き餌は足元へ1発のみ。
仕掛け投入点を5m沖へ。

素針り。


さらに沖の10m先へ刺し餌。
今度は餌残り。


潮は動いてないし、
ほぼ真下。

撒き餌の帯の中に
刺し餌がないと、

反応がない様子。

撒き餌の範囲内で、
タイミングずらし作戦かなぁ。




足元へ撒き餌1発。

15秒待ってから5m沖へ仕掛け投入。

ギュンっ!


強い。
と、思った途端にチモト切れ。


なんやろ。
イズスミだか、ヘダイだか。

はたまた夢のでか尾長?だったら良いけど。



もっかい同じことやっても
こんどはコッパグレ。

1回のチャンス逃したら、
やはり2回目はなかなか無いみたい。


左足元・右足元・遠投と、

いたる場所の反応を見る。



足元に4発撒き餌でコッパを寄せて、
仕掛けは25mほど遠投した沈み根と沈み根の間へ。

そこへ被せの撒き餌1発。



グッ!


浮きが入った瞬間に合わせを入れたけど、

ゴゴっと根掛かり。




やられた。
出て来ん。



立ち位置10mほど移動してみたけど、
もっと糸がギリギリして根掛かるので、

もとの位置にもどって、
道糸張ったり緩めたりしながら5分ほど待つ。



出て来ない。

アカン。



道糸掴んで引っ張ってみたら、
グッとなったあと外れた。





針は残った状態。

その上の30cmほどのハリスに根に擦れた傷あり。

 

ここまで
傷のあるハリスは切って切って、
すでにハリスは1.5mないぐらい。



ハリス短すぎる感じがするので、
新しいのを直結し直して
長さ4mのハリス。

そのハリスの中に浮き・グレックスを入れる。


これで、浅棚でも攻めれるかも?と、
浮きは針から1.5ほどで開始する設定で、

そこから直結部のある4mまで誘導になる状態。



でもまぁ、これって、
全誘導に近い感じになるので、

やはりラインテンションを保たないと当たりが出にくい。


気付いたらエサないって連続。



左手の足元のサラシの切れ目を狙って、
ラインテンションを意識しながら

浮きの当たりを待つ。


ギュイーーーン!



30cmぐらいのアイゴやけど、
強かった。


こいつもまた、
浮きあたりなく、エサ取ってたやつなのかも。

 

時刻は13時。

日没は17時。
あと4時間。


集中力が切れてきたら、
休んだり、なんか食べたりして、
続けてみる。


続きは後編で。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 読んで試してのフカセ・串本TO前編 | トップページ | 読んで試してのフカセ・串本TO後半戦 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読んで試してのフカセ・串本TO前編 | トップページ | 読んで試してのフカセ・串本TO後半戦 »