« また串本へフカセに…前編 | トップページ | 夕間詰めに頼ることになった串本フカセ・そして…後編 »

2019年11月 9日 (土)

また串本へフカセに…後編・夕間詰めに頼るも…

2019年11月4日 月曜祝日の後半戦。

場所は串本町HIWAI地磯。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:グラビティ G2&エッジ水中-G2
   →グラビティ G2&オモリ付潮受け-G3
   →ファイヤブラッド攻め G3&オモリ付潮受け-G3
   →ゼクト 2B&ダンパー水中-2B
   →謎のピンク浮き 0
   →ファイヤブラッド攻め G3&オモリ付潮受け-G3
   →ファイヤブラッド攻め 0&オモリ付潮受け-G5

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 1.75号・3m道糸直結
    →スーパートルネード 2号・3m道糸直結
    →エクシード 3号・1.5m道糸直結

針:競魂グレ 6号
  →寒グレ 5号
  →ファイングレ 5号
  →早掛グレ 7号
  
刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    自家製生オキアミM・浜市 スーパーハード生M・ウンコ
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    フカセ用集魚剤・グレハンター2・アミノXグレ遠投


*************************************************


時刻は11時前。

夜明けの風も弱くなり、
ベタベタの凪。

潮も動かず、
エサ取りは高活性で、


足元から沖まで出ていく。




ここまでよく釣れてないので、
とにかく仕掛けを変えてみる。

1.75号のハリスも
傷入ってきたので、

このさい、強気の2号に上げる。




という間に、
タケちゃんが2匹目のグレをキープ。


なんでやねん。
腕やねん。


タケちゃんの足元のキワからは、
コッパグレやチョウチョウウオにまじって、

一瞬だけ大き目のグレが出てくるけど、
エサ取りの塊の中やし、

毎回出てくる訳でもないので、
難しい状況とのこと。


足元だけを攻めるわけではなく、
沖を狙ったり、
餌を変なとこに投げたり。


撒き餌を縦に切って撒いて
沖へグレが食い出るような薄めの帯を作るとか。


 


うーん。


僕はちょい移動して、

師匠とタケちゃんの間の
斜め45度ポイントへ。



そしてそのタイミングで、
師匠は28cmぐらいのグレを釣った。


なんでやねん。



それにしてもなんかおかしくて、
浮き2Bに水中-2Bでバランスとれてたはずが、

浮きごと全部沈むようになった。



うーん。


くわせ用の小さい浮きをつけても
沈んでしまうし、

なんか水質変わったんかも。



うーん。


ウンコ使ってみよ。






沖アミをウンコで包み込んで、


テンションかけて待ったら
グイッ!!

ブチ。



一瞬でチモト切れで終了。

魚種不明。




ウンコ利用のために針を大きくしても良かったけど、
浮きごと沈むのを回避したいので、
針を軽めのファイングレ5号へ。

それでも浮きごと沈んでしまう。


沈め釣り状態で、
待っても何も当たりなく、

撒き餌によったコッパグレ軍団にやられているだけ。


当たりさえだせずにイライラ。




もうエエわ。と、
針を大き目の速掛グレ7号へ。

ウンコつけて投げ込んでも、
今度は反応なかったり、

いつの間にかウンコなくなってたり。


 


あぁーあ。
疲れたし、眠いので、
しばし昼寝。

そして再開。

浮きは謎のピンク浮き0にかえて、

爪楊枝で完全固定仕掛け。


そりゃもう当たりは増えますが…、



グレじゃねぇ。

やけに黒いスズメダイ。


 





撒き餌から20秒カウントして、
さらに仕掛け投入点を3mほど潮下へ。

かなり沈めて待ってやっとイトフエ。


 




ほんでアイゴ。

こいつは良く引いてオモロかった。




タケちゃんのいる右側と、
僕の立ち位置からも右側半分では

シマアジらしきが
ものすごい群れ。


タケちゃんは
浅棚でシマアジをかけて遊んでいる。

釣れる魚を掛けるための
試行錯誤ってやつが

大事なのか、どうなのか。


なんせ、
僕も真似して浅い1m固定で挑んでも

浮きは明確に入れど、
針掛かりしない。




爪楊枝が折れて、
ピンク浮きから抜けない状態になって、

誘導仕掛けに戻せない。

深い場所をあらためて探れない。

なので、浮きを変更。




ファイヤブラッド攻め G3&オモリ付潮受け-G3へ戻して
誘導仕掛け。



夕方近くなって、
急に風が強くなって、

潮もゆっくり左へ流れ出し、


良さげな潮目も15mほど沖に出来てきた。




で、すぐに25cmほどある尾長。

上向いてキタでぇーと張り切って、

また25cmほどのグレを2連発。


ときおり水面でパシャっと
小魚のナブラが出るので、


やはりグレが下から突き上げているっぽい。


この時で浮きはハリスへ入れて、
浮き下は1.5mからの誘導。

そしてすぐに
なぜか、また道糸切れて仕掛け作り直し。


 


エエときに限って、
今日はこんな感じ。





夕間詰めのデカいの一発にかけて
ハリス3号の太目へ。


浮きは0。




針は大き目の7号。



しかしながら釣れるのはコッパグレばかり。

どんどんサイズダウンしつつ、
当たりも出なくなっていく。


そんななか、
急に師匠が連発し、

25-29cmまでのグレを7匹釣った。


大き目だけキープしている。


 




潮下有利やし、森下悠里やし。
ウソやし。





浮きがなんだか、
横へフラフラ動いているので

合わせてみると


グイッ!!



おっ!やっときたぁああああ!!

※心の中で叫んでます


ここまでイライラした
道糸切れまくりデーが報われるかもぉおお!


おっ!





ボラだってばよっ!


ズリズリ。

糸を持ってズリ上げて、
針を外して海へ投げ込む。




暗くなって撤収。





タケちゃんは、
僕が昼寝している間に

グレ2匹追加したらしい。


潮止まってたと思うけど、
なんなんやろね。




僕は30オーバーのグレゼロ。

タケちゃんは4匹。


フォーーーゥ。


----------------------------------------


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu


 


釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


 




釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


 


 


 


 


 


 


 

|

« また串本へフカセに…前編 | トップページ | 夕間詰めに頼ることになった串本フカセ・そして…後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また串本へフカセに…前編 | トップページ | 夕間詰めに頼ることになった串本フカセ・そして…後編 »