« 予報外れてウネリあり | トップページ | 釣れなすぎて、グレる中学生に戻った後半戦から今 »

2019年11月19日 (火)

晩秋の夜釣り・すさみ地磯・前半戦

2019年11月15日 金曜。

シゲさんがどうしても
もっかい夜釣りに行きたいらしい。

水温はすでに21℃で、
夜釣りモンハンとしては
厳しい状況。

でも、可能性が無い訳ではない。


でも、夜は冷え込んで凹むなぁーと思いつつ、
まぁ、夜のグレ・イサギ狙いでも良いかもなぁーと、
同行することにした。

 

仕事終わりでちょっと休憩して、
すさみのローソンへ集合。

メンバーはシゲさん・ガイさん・タケちゃん・僕の4人。



絶対寒いので、
カイロも持っていく。


絶対寒いので、
あったかそうなココアを買って飲んでみたタケちゃん。


あぁーあああああ


ココアで胸焼けして、
気分悪いみたい。

もう、ココアなんて買わん。

あぁーあああああ




23時半にすさみ町モンスター地磯へ到着。


ここの崖はSクラスに危ないので、
何度か行ったことある僕も、

出来れば夜からは行きたくない場所。

 

なんとか、全員無事に釣り場へ到着。


風上に崖があるので、
遮られて無風。

海はベタ凪。




あぁーあああああ

まだまだ胸焼けが続くタケちゃん。




あぁーあああああ

…。

ぁーぁやるでやるでぇー♪


テンションが変わり過ぎて
情緒不安定な人みたいっすよー。





さっそく準備して開始です。


今回、僕は夜釣りモンハンではなくて、
昼のフカセを少し太くした仕掛けです。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75
浮き:NF BASIC S-B&オモリ付き潮受け-B

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:エクシード 3号・3-4m道糸直結

針:尾長グレリズム 6号
  →尾長グレリズム 8号
  →早掛グレ 7号
  
刺し餌:生オキアミM・浜市 ウルトラハード生M
撒き餌:生オキアミM・グレの舞・フカセ用集魚剤

*************************************************





ハリス3号に
針は少し大き目・太目。

大型が来たらやられるやろうけど、
普段、夏の夜釣りではやらない
細めの夜グレ・イサギ狙いな感じ。

立ち位置は、
右からタケちゃん・僕・シゲさん・ガイさん。


僕の立ち位置からは、
足元のキワがゲテものが出てくる穴。

その5-20m先ぐらいまでが
沈み根の根掛かりポイント。

その先に駆け上がりとなったポイントがある。



つまりは狙えるのは、
足元と20m以上の遠投の二択。

棚を2mぐらいと浅めにすれば、
沈み根あたりも狙えはするけど、

今回はほとんど狙わず。



開始直後からエサ残りで、
魚っ気がない。


遠投では撒き餌が合いにくいし、
棚があってるかも分かりにくいので、

おもに足元狙いで、
少しずつ棚を下げて4m設定。





0時半。


スーーっと浮きが入ったので合わせ。


グイーン。



ちっさいオジサン。

とりあえず、釣れて良かった。

 

針を飲んでいて、
外すとぐったりしていたので、
キープする。




そこから30分後。

餌残りも多いけど、
ときどき取られる状態。


なんか浮きがモゾモゾ。

怪しいなぁーと思っていたら
グインッ


合わせたら竿が一気に曲がる。


グーーーーー

勢いがあるわけではないけど、
40cmオーバーの重量感。

巻くと切られそうなので、
竿でためて耐える。




糸は鳴ってないし、
何とかなるかも。

と、思ったら、
足元のオーバーハングの穴へ突っ込む。



グーーーーググ


まだ耐えれるかな。と思っていたら

ふっ


やられました。



直結部で切れていたので、
針掛かりは悪くなかったはずやけど、

一瞬でかかった魚のパワーが強すぎて、
弱い直結が切れたみたい。



とりあえず強いのがいるのは分かったけど、

なんせ道糸が1.75号と細いし、
太刀打ちできるか分からん。



とりあえず、
口に掛かりやすいように
針を大きくして尾長グレリズム8号へ。

 

深夜1時過ぎ。


ふと見ると、
シゲさんの竿が曲がっている。





デケェー。

ヘダイ49cm。

 

これは引いたでしょー。

ぜんぜん引かなかったすよ



ヘダイといえば、
疾走する経験が僕は多いけど、

静かなヘダイだったらしい。






深夜1時半。

浮きのモゾモゾから
針掛かりしない状態が続いたあと、

やっと掛かったハタンポ。


こいつが出てきたら、
大物が動き出すかも知れないし、
期待だけしておく。



そして、アカマツカサが連発。

お前ちゃうねん。



グレかフカセ釣れてくれんカナー。




シゲさんがおっきいオジサン37cmをゲット。

餌はキビナゴ。



なかなか掛からないので、
針を少し細く・小さくして、
速掛けグレ 7号。



ハタンポちゃん。

とりあえず、活性は上がってきてるっぽい。



イサギの当たりは小さいはずなので、

なるべく道糸のテンションをキープしつつ、
浮きがシモれば軽く合わせをいれ続ける。

でも、釣れるのはハタンポ。


 

3時半。

また、当たりが減ってきて、
もうダメかなぁーと思っていたら、


またまたシゲさんがタモいれをしているので、
見に行ってみる。


水面に見えるのは赤い魚。

オジサン…?


お…なんかシマシマの赤いやつ。

って、シマシマて。




マジすか…っ!!

アカハタ43cm!!


こんなん釣ったことないし、
魚屋でも見たことないサイズのアカハタ。

アカハタは40cm前後の大きさが最大級なので、
これがまさに最大級。

地磯からはまず釣れないサイズやよ。

と、タケちゃん。



僕はもう、モンハン厳しい水温と思ってたけど、
シゲさんはしっかり釣ってしまいました。


この前に釣れたオジサンが
根に入られそうになってゴリ巻いて上げたので、

こいつは当たりからゴリ巻いて釣ったっすわ。

と、シゲさん。


ハタ系は
初速が早く、

そこで根に入られて切られるパターンが多いはず。

そこを上手くして獲ったんやと思う。



餌はキビナゴ。ハリス5号。

キビナゴ大人気パターンみたい。



やるなぁー。
絶対美味しい太いアカハタ。



月は明るく、
ライトがなくともある程度は見える夜。

はじめは無風だったけど、
だんだん風が吹いてきて、5mぐらいの横風。


あぁーぁぁああ。

タケちゃんの位置は
もろに横風を受けてかなり寒い。

ココアによる胸焼けから、
寒さと睡魔との戦い。

ウツボを釣って、
叩きつけたりしていたタケちゃんやけど、

一発、ブチ切る当たりもあったみたい。





4時半過ぎ。

夜明けが迫ってきて、
寒さで身体も頭も疲れてきた。

僕の狙いは夜明けからのグレ。


それに備えていったん寝ることにする。


でも、寒い。

ヒザ・太もも痛い。


6時前に目を覚まし、
昼のフカセへ。


続きは後半戦で。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« 予報外れてウネリあり | トップページ | 釣れなすぎて、グレる中学生に戻った後半戦から今 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予報外れてウネリあり | トップページ | 釣れなすぎて、グレる中学生に戻った後半戦から今 »