« 短文・台風後のフカセ・ヤエン・タチウオ・おやじバンド | トップページ | 短文・フカセ&ヤエン&アスカ »

2019年10月14日 (月)

近場で短時間フカセ練習

2019年10月6日 先週の日曜。


夕間詰めだけ、

近場の田辺市ニューMRの細道堤防にてフカセ。

16時前着。



荒れた天気ではなかったけど、
やけに濁っている。

でも、小魚が表層に見えるし、
魚っけが無いわけではない感じ。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:G3浮き+オモリ付き潮受け-G3
   →ゼクト2B+水中浮き-2B

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号
    →エクシード 3号・3m道糸直結
針:短軸のませグレ 7号
  →沈め探りグレ 6号

刺し餌:自家製ハード生オキアミ(メロン味)・うんこ
撒き餌:生オキアミM・グレの舞・
    夜釣りパワー
    

*************************************************



風は背中から5-7mと強め。

浮きG3にオモリ付き潮受け-G3で様子見。

浮き止めなしの全誘導。

撒き餌はほぼ真下へ沈むけど、
浮きは右へ流されがち、

G3だと撒き餌と合いにくい。



それでも、
撒き餌位置を
流れた先になるように調整したり、

広めに打ってみたり。





5mぐらいまで沈ませて、
やっと当たりが出てアジ。

ヤエンの餌に使うのに、
ちょうどエエサイズ。




アジが群れているのかと思いきや、

連発はせず。



足元近くに
5m以上沈めていってガッシー。


全誘導だからか、
当たりが出せなかった。

巻いたら付いてたやつ。

 



やっぱG3のままでは
撒き餌と合いにくいし、
ライン操作もむずい。

なので浮き2Bに水中浮き-2Bで、
より中層の流れも掴みやすいように変更。

浮き止めは付けず
全誘導のまま。



シュイっ!


ぐぐぐっ


ちょいとエエサイズ来たなぁーと思ったら



20cmのキビレ。

そしてももう一匹、キビレ追加。




でかいキビレ食ってきたら、
オモロイなぁーと思っていたら、


仕掛け着水直後から、

横走りの当たり。



よく引いたサバ20cm。

走り回ったので、
おもろかった。





底まで、
じっくり沈めたら、
また浮き当たりなく、

ゴンちゃんが付いてた。





うーーん。


うーーーん。



ラップに包まれた
うんこを出して、

使ってみる。

 


針は軸太めの
沈め探り6号へ。


うんこでゴンちゃんが釣れた後、

オキアミ内蔵のうんこで
ガッシー。


一応、説明しますと、
うんことは、自家製の練り餌です。

※一般で言う「うんこ」は、
 本件にはまったく関係しておりません。




夕焼けがキレイ。



師匠はカゴ釣りやってみて、
ガッシーが釣れた。

その奥の投げサビキの人たちは、
サバやらアジやらをたくさん釣っていた。

サビキつえーわ。



暗くなる直前に
アジの短い時合いがあった。




浮きも見えないし、
18時過ぎ撤収。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« 短文・台風後のフカセ・ヤエン・タチウオ・おやじバンド | トップページ | 短文・フカセ&ヤエン&アスカ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・台風後のフカセ・ヤエン・タチウオ・おやじバンド | トップページ | 短文・フカセ&ヤエン&アスカ »