« 串本地磯・コッパグレ高活性スタートの前編 | トップページ | 秋らしい数釣りのアオリヤエン・そして考えること »

2019年10月22日 (火)

串本地磯・けっきょく僕が一番釣ってない後編

2019年10月20日 日曜の後半戦。

場所は串本町のEBS地磯。
朝間詰めからコッパグレ高活性で、
水面をパシャパシャと出てくるレベル。


どこへ投げてもコッパグレ湧いてくる状況。


 


*************************************************


 


フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:グラビティーG2浮き+オモリ付き潮受け-G3
   →ゼクト2B+ダンパー水中-2B
   →鵜澤アラ 0
   →斬獲 B

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号
    →エクシード 3号・3m道糸直結
針:一刀グレ 7号
  →競技グレ 6号
  →尾長グレリズム 6号


 


刺し餌:ボイルオキアミM・自家製ハード生オキアミ(メロン味)・うんこ
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・グレの舞・
    フカセ用集魚剤
    


 


*************************************************


にゃーん。

にゃーん。



気付くと、
僕のバッカンをあさるタケにゃん。


うんこを奪い去り、
ガイさんやシゲさんに配ったりしてるし。



僕もココまで
ウンコ試したりしていたけど、

特有の良い当たりは出ず。


でも、やっぱりタケにゃんが
にゃんにゃんすると違います。






ギュイイーーーン!


 


デカサンノジやらイズスミやらを
すぐに掛けるけど、

ハリス細すぎで挑んでるし、
獲ったりバラしたり。


もう2号にあげてエエかな。

あげてくださいよ。




ガイさんが
僕のいる底物場横へ移動してきたので、

入れ替わりで、
僕が先端よりの場所へ入ってみることにしました。



こっちはハエ根が出ていて、
波気もあるし、

やりにくいけど、
グレ釣れそうではある感じ。


 




針を大きめの一刀グレ7号へ変更。



タケちゃんがデカイの獲ったと、
シゲさんが言うので見に行くと…、




あぁー。


 




ジャイアント馬場48cm。

それも、結局は
ハリス2号まで上げずに獲ったような…、

ちゃんと覚えてないけど、
2号だとしても、
そうそう獲れない強靭な魚だと思うけど…。


デカイイズスミは脂ものってきて、
美味しいと、タケちゃん。

イズスミチャレンジとして、
シゲさんが持って帰ってみることになりました。


さばいた内臓はそこまで
臭くなかったようやし、

たぶん、大丈夫…なはず。



朝からの釣行で、
僕は目が疲れすぎてフラフラするので、

昼寝。



寝てるうちに、
水没先端にいたルアーマンさんが

青物をあげてたらしく、


僕が起きたときに、
ちょうど帰りだったので、

お話ししてみると
ヒラマサ60cmオーバー。


こりゃスゲエ。



でも、小潮なのに
波強めやったし、

危ない感じ。


途中水没が激しかったけど、
よく帰ってコレたと僕は思いますよ。







寝起きの餌がしばらく入ってなかった状態で、
一投目でメッキ。

コッパ軍団が活性高くなければ、
メッキとかカスミアジが
食ってくるのかも。


次の一投では、
コッパが来るので、
そんな状態なのかも?と思いました。




サラシ付近で撒き餌と
仕掛けをあわすと、すぐにコッパ。


それなら、
サラシに撒き餌を打って、

その2mほど沖へ仕掛け投入。




そんなパターンを
いくつか試して、


25秒遅れで、仕掛け投入した時。

ゆっくり右へ流されて、
浮きを観察すれど、

モゾモゾもしてないので、
餌は残ってるはず…と、

さらに流す。




ギュイ!


一気に浮きが入ったので、
竿を立てて応戦するけど、

ハエ根伸びてるし、
その下へ入られて切られそうなので、

あわててシゲさんのいる高場へ。


 




やっともやっと、
まともなサイズな28cmグレをげっと。

マグレ感もあ率つ、
こいつは大事にキープ。



やっと釣れましたよーと、
タケちゃんのとこに行くと、




おんなじぐらいのサイズのグレ
2匹が水族館状態に…。


やっぱ釣ってるのねーー。




このあと
僕は25cmぐらいのグレ追加したけど、
ちょっと小さめやし、リリース。

餌取りとしてのコッパグレの活性は
下がって着てるけど、

なかなか30cmオーバー釣れないし、
もう15時半過ぎてきてるし、




バラシタイムに備えて、
ハリスを3号の太めへ。


固定仕掛けで試すも、
当たりがでないので、

すぐに仕掛け変更。




南グレスペシャル00。

オモリ付き潮受け-G5で
仕掛けをちょいと沈める方針に変更。




足元のハエ根で居食いで、



ちっさいオジサン。

今回はリリース。


 




しかしながら、
表層はサラシで動いてるけど、

その下は動いていない感じ。



動けっ!動けっ!
動いてよっ!!


まさかの
タケちゃんのエヴァねた。

世代ちゃうけど、
知ってるのねー。



暴走モードはとまらず、
自作の赤ウンコもつかって、


イズスミやらサンノジやらを釣りすぎて、
いっかい腕釣ったらしき…。




ふと振り向くと、
シゲさんがタモ入れしてるし、

見に言ってみると…


 




ええサイズのグレ33cm。

今日イチのサイズを
放置プレイ釣法で引きずり出しました。

殺気ないのが良かったのか、
どうなのか。


エエなぁ、
30cmオーバー。



時合いかもせんし、


いまこそやろ。
いまこそ。




斬獲Bにオモリ付き潮受け-B。

針は太めの尾長グレリズム6号。



しかいながら、
餌残り続けて、
もう浮き見えなくなって、


最後に
足元でカニを釣る始末。




もう帰りましょかねーと、
タケちゃん・ガイさんのとこへ行くと、

グイィーーーーン!


 


いまかいっ!?



ガイさんの竿が曲がって、
なにやら良さそうな感じ。




 




イサギ31cm!


なんだよなぁー。
ガイさん、イサギづいてるわ。



今年の計算でも、
すでに僕よりずっとイサギ釣ってるし、

集魚人としてだけでなく、
イサギ集魚効果のキララ的なのを配合してるガイ。





真っ暗になってから、
撤収。


なんだかんだで、
今年からフカセをはじめた


シゲさん・ガイさんよりも

僕の方が釣ってねぇーし。


タケちゃんは異常なので、
論外としますが…ね。


切られたの含め、
なんぼほど大型かけたか分からんし。




motto釣れるようになりたいですわ。


--------------------------------------


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu


 


釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


 




釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


 

|

« 串本地磯・コッパグレ高活性スタートの前編 | トップページ | 秋らしい数釣りのアオリヤエン・そして考えること »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 串本地磯・コッパグレ高活性スタートの前編 | トップページ | 秋らしい数釣りのアオリヤエン・そして考えること »