« 短文・やるせなす | トップページ | 短文・荒れの湾奥・昼釣り »

2019年9月22日 (日)

ウネリ波で地磯行けないので堤防へ→流れ強くて苦戦

2019年9月21日 土曜。

今週はせっかくの土日休みなのに、
またまた台風。

その影響でウネリ波4m。


天気予報では4mmの大雨だったけど、
運良くか、この日は晴れになった。


出発そうそうモンスターを飲んでおく。

香りのクセがなく、
白が飲みやすい。

 

 

眼鏡君を迎えに行ってから、
釣太郎白浜店でエサ仕入れ。


海沿いの道を南下しつつ、
波がどれだけ高いかを観察。

GON地磯よりも
先週よりも更に波強め。

ここで、
これだけ波気があるなら、
伊古木行きたいけど…無理かも。


こりゃ無理でしょ。

眼鏡君は先に、
日置ライブカメラを観ており、
波強いから伊古木無理だと思っていたらしい。


う~ん。

一度、伊古木見に行ってから判断するか、
手前のなんとか釣り出来そうな堤防にするか。

もう15時半過ぎ。

グレ釣るにも時間ねぇなーと、
手前にある白浜町TB漁港で釣りすることにした。


離れた磯には、
5m近い大波が見える。

その遠くの大波の影響か、
堤防の外側では、
海がグルグル動いている感じ。

濁りもかなり強い。






オカズ釣りに来たよー。

と、地元のカゴ釣りのおいやん。



おいやんは堤防の一番先端の内向きへ。


その場所の方が、
まだ少し濁りはマシやし、

地元の人が行くので、
やっぱり良いのかも…。


僕もおいやんのいる
堤防先端内向きで釣りをしてみる事にした。


撒き餌すると、
30cmも沈んだらもう見えない。

やっぱ結構濁ってる。





堤防外側の
テトラ切れ目スポッツで

眼鏡君開始。




今日はサイズ問わずの、
フエダイ対決です。

二人とも
フエダイが食べたい感じだったので。


そう簡単には釣れない魚やけど。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:FIREBLOOD攻め 0

オモリ:無し→オモリ付き潮受けゴムーG5
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
針:競魂グレ 6号
  速掛グレ 7号

刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミL
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミL・
    4倍こませチヌ

*************************************************





内向きはそんなに波気ないし、

0浮きの全誘導で、
いけるかなぁー。

 



が、

 

あああああ。

波が渦巻いて入ってきてるのか、

突如、浮きがずぃーーーっと、
右へ左へ一気に流される。


つないである船も
大きく横にスライドするほど。


その流れが来てしまうと、
仕掛けが馴染まずに浮いてしまう。


潮受けゴム-G5付けて、
なんとかなんとか馴染み易くなったかも。



エサは残っており、
しばらく流していると、

いつの間にか取られている。



そのときどきで、
流れが変わるので、

その都度、
浮きの安定する場所を探す。


なんかムズいし、
魚の活性低いなぁ。




浮き当たりなく、
針だけ消える現象が発生。

フグによるマジックなんか
お断りよっ!


その後、
マジシャンフグが釣れたけど、

お帰りいただく。





ミニガッシー。

足元のキワで。




全誘導で沈め過ぎて、
根掛り、針ロスト。

流れ強いけど、
いちおう底まで沈められてるっぽい。

 



流れに負けにくいように、
針を大きくしてみる。



となりに夫婦がやってきて、
釣り開始。

小さい棒ウキを使っていて、
まだ明るいのにハタンポを釣っている。


そしてアジも釣る。



僕も12cmぐらいのアジ釣ったけど、
写真撮ろうとしたらオートリリース。

 

 

 



眼鏡君の様子を見に行ってみる。


アカジャコ半端ないですわ。



反応の少ない僕の立ち位置とは違って、

仕掛け入れたら、
速攻で当たりが出る状態。


かなり濁ってるけど、
水面近くにもアカジャコが見える。



僕はまた堤防先端に戻って釣り再開。

かご釣りのおいやんは、
良い当たりがだったけど、

何かに切られたみたい。


そして隣の夫婦は、
またハタンポ。



ハタンポは、
旅館の突き出しで出されるよ。

って、オモロイこと言っている。

ハタンポ美味しいしなぁー。



ここでやっと
浮きがまともにスーーっと入って、



チヌ20cm。

お帰りいただく。



17時半で暗くなってきたので、
夜釣り装備へ変更。

*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF BASIC 1号→3号
オモリ:環付オモリ0.8号+ガン玉
    →環付きオモリ 2号+ガン玉
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:サンライン 大物ハリス
 フロロ12号・2m
針  :カン付き真鯛 12号
    →がまかつ 極太タマン20号

刺し餌:キビナゴ・ヒイカ・ボイルオキアミL
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミL・
    4倍こませチヌ
 
*************************************************




ボイルも刺せるように
針は小さめのカン付き真鯛で開始。

ヒイカ刺すには、
針小さすぎやけど。




誘導仕掛けで
棚は4-5mの範囲で調整。



堤防先端にいた釣り人はみんな帰って、
夜になった。


かご釣りのおいやんが、
一番先端から流してみると良いかもせんと

教えてくださったので、
おいやんと入れ替わりで一番先端へ。

ボイルはときどき取られるけど、
カジラれた感じで、

小魚っぽい。




キビナゴ・ヒイカは残りがち。

ほんのたまーに、
キビナゴが無くなるぐらい。



ハリスにガン玉2個打って、
当たり出やすいようにするも、

なんとも変わらず。





潮の流れがさらに
強くなってきて、

浮きがより流されがち。




浮きを3号へ変更。
環付きオモリは2号。

馴染むまでが早くなって、
仕掛けは少し安定したっぽい。




やっと…




クロアナギョ…。

 

 

エサはキビナゴ。

常夜灯の明かりの切れ目あたりで、
釣れた。


釣れた場所を眼鏡君に説明したら、
アナゴの情報はいらないっす。

と。

 

夜釣りなってからの眼鏡君は、
25cmぐらいのチヌ・
ウツボ・イシモチ系の魚・ガシラ24cmぐらいと、

さすがの眼鏡。
色々釣ってる。


でも、二人ともフエダイ釣ってねぇ。



僕が
エサ取りの反応さえも無い状況で疲れてるので、
21時に撤収。




最近、夜釣りで、
釣れなすぎてテンション上がらん。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

|

« 短文・やるせなす | トップページ | 短文・荒れの湾奥・昼釣り »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・やるせなす | トップページ | 短文・荒れの湾奥・昼釣り »