« 短文・荒れの湾奥・昼釣り | トップページ | 車庫前系・和歌山ラーメン「○木中華そば」シンプルで旨い »

2019年9月23日 (月)

荒れの内湾・ブチ切られてテンション上がった日

2019年9月22日 日曜。

土曜に引き続き、
台風のウネリ波で5m予報。


田辺湾の波の弱い堤防で、
釣りしようかなぁーと考えていたら、

師匠が前から気になっていた内湾の場所があり、
そこに行ってみたいというので、

ちょうど荒れの内湾やし、
行ってみることにした。




釣太郎みなべ店でエサ仕入れ。

入って正面には大きな水槽があって、
その中をアジがグルグル廻っている。

もうボチボチと
イカ釣りのシーズンも始まるし、

アジへのストレスが前よりなくなって、
良い状態になったのかなぁーと思う。



夕方から夜にかけて
雨が降る可能性が高かったので、

今日は早めの到着の12時。


場所は白浜町のリゾート堤防。



田辺湾の中でも湾奥なので、
波気は無いけど、

5-8mほどの風で表層は引っ張られてる感じ。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:エイジア 2B

オモリ:オモリ付き潮受けゴム-B+ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
針:沈め探りグレ 6号
  速掛グレ 7号

刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    4倍こませチヌ・フカセ用集魚剤

*************************************************



ほぼ正面からの風。

馴染みが速いように
浮きはエイジア2B。

誘導仕掛けで棚は2.5mで開始。



足元には
すでにクサフグとクロサギが撒き餌を待っている状態。



一投目からチャリコ。


しばらく流してから当たりが出たので、
エサ取りは激しくは無いかも。

 



もはや爆睡してる表情にも見える。
ヨコスジイシモチ。


古代魚っぽいよなぁー。こいつ。



足元にはフグが見えているので、
狙わずに、

10-20mほど沖を探る。



強風の影響で
浮きは左へ流されがちやけど、

撒き餌や潮受けゴムは真下へ。


つまりは
表層の浮きだけ流されてるっぽい。


なので、オモリ付き潮受けゴムは
ちょい下へ付けて、

なるべく水面下の流れを掴むように。



残浮力もあるようなので、

針から20cmほど上にガン玉G2。

さらに1mほど上にG5を打ってみる。



これで、
強風に負けずに
ゆっくり仕掛け沈むようになった感じ。



浮き投入点よりも左手前に撒き餌。

投入した浮きと仕掛けが風に引っ張られて、
沈みながらその場所へ合うようにしてみている。


撒き餌は基本、真下に沈んでるとも思うけど、
ちょい左にも流れていたので、
半径1.5mぐらいの円形に打つ。


あぁー、ちょうど上手いこと、

仕掛けと撒き餌が合ったかもなぁー。


と、思ってたら

浮きがスイーーー。



20cmほどの小さめサイズやけど、
けっこう引いたオオモンハタ。


美味しい魚やけど、
まだ小さいのでリリーチュ。



ギュィイイイーーーン!!



師匠の竿が一気に曲がって、
かなり強そうな引き。


レバーブレーキを使って
糸を出すと疾走。

止めようとしたらチモト切れで
10秒KO。



棚2m設定で、
足元から5m位の近場で反応があったので、

その場所を狙い続けていたらしい。



デカイのおるのが分かって、
僕のテンションが上がる。



僕は15mほど沖で
反応が多いので、

そこを狙うことを継続。



シュッ!

浮きが入ったので合わせ。



ガガガ


なんか変な巻き心地。



あ、フグ。

チモトで切って
海へ帰るフグ。


そしてなんか、
竿先にガイドがねぇ…。



穂先絡みでの合わせになったのか、
トップガイド外れました。



治して続行やなぁーと、
ナイフと接着剤を準備したら、


びゅーーーん!!

ァアアアアアア!!



突風と共に
大雨。


過酷やなぁー。


車にレインウェアを取りに行って、
竿を治しに戻る。

ナイフで削るのに30分ぐらいかかり、
なんとか、釣り続行出来るように修復。



大雨止んで、
こんどは晴れて暑い…。



そんで、
急に風もやんで凪のベタ凪。




棚を底へ合わせるように調整して、
ガッシー。


大物よ…こっちにも当たって来いよ。




ざぁぁああーーーん



また大雨で突風。


撒き餌がビチョビチョのグチャグチャなって、
遠くへ投げれん…。



やる気のあるオオモンハタ。

こいつが釣れたときは、
口からボイルを大量に吐き出すことが多いんやけど、

食い気あったら
一気に早食いみたいにボイル食べてるのかも。




表層にはボラが数匹寄ってきたけど、
刺し餌は触ってないっぽい。


棚は底を狙うようにしながら、
ちょこちょこと調整。


またベタ凪になったので、
撒き餌と仕掛けは同じ場所へ。



シュン


浮きが入ったと思ったら

グイィイイーーーー


強っよ!!


レバーで糸を出しつつ
竿を立ててタメにかかるも

一気に右沖へ疾走。


止めなぁっ

ブレーキかけて竿でタメようとした瞬間


フッ




チモト切れの5秒KO。

たぶん、でっかいヘダイな感じがする。




にしても、強かったし、
目が覚めた。


最近、夜釣りでも、
なかなかデカイの食わせられないし、

疾走する強い魚がいると分かって、
テンションが上がる。



ハリスは太めの3号で、
針も大きく速掛グレ7号へ。

かかって来いやぁーー。





数投後。


シュン


グイィィイイン



鋭いツッコミからの疾走。


今度は糸は出さずに、
竿でタメる。



グイーーーん!

ガンッ!ガツっ!





さっきバラしたのより、弱い。

それでも、
巻けるときだけ巻く精神で、
ゆっくり。


3号やし、負けないもんねぇー。

大丈夫だもんねぇー。


と、言いつつやり取りする
ウザいモジャ男。




よしっ!

ヘダイ32cm。



この引きからするとたぶん、
さっきバラしたのは、
45cmオーバーのヘダイかも。



このあと、師匠にまたブチ切られ発生。
今度は竿がのされて5秒KO。


師匠は他に
コッパグレ・チャリコ・ベラ・フグを釣っている。

コッパグレは単発で
キーホルダーサイズ。

そんなに群れてないのかも。



また晴れてきて超あつい。


ボラは20匹以上集まって、
ボラ団体の決起集会状態に。

刺し餌まで食べだす始末。



あぁーあ。

と、しばし休んでから再開するも、

ボラ団体は居座り。




あぁーあ。


で、
首筋が痛いし、

夜釣りはせずに
16時半撤収。

今週は首筋から
背中と二の腕が痛いのが継続してて辛い。

整体でも行きたいわ。




それでも、

新規開拓のこの場所は
当たりも多くて楽しかった。




荒れの内湾だから良かったのか、
たまたまなのか。

そもそも釣り人が少ない場所なので、
釣り荒れてないのか。




イカ釣りにも良さそうな場所やし、
しばらくしたら、

また来てみたい場所だった。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

|

« 短文・荒れの湾奥・昼釣り | トップページ | 車庫前系・和歌山ラーメン「○木中華そば」シンプルで旨い »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・荒れの湾奥・昼釣り | トップページ | 車庫前系・和歌山ラーメン「○木中華そば」シンプルで旨い »