« アップルパイカップ初勝利やけど納得いかない後編 | トップページ | 愛媛のタルトといえば、六時屋が好きなんですが…ビスキーうめぇ »

2019年9月 4日 (水)

松山城が10年前よりオモロくなってる件

2019年夏の四国旅行。

今回は愛媛県の松山城について書きます。



僕は城巡りも好きなんですが、
いままで巡った中でも好きなのが、

松山城と姫路城です。


四国行くなら、
やっぱ松山城登っておきたいなぁーと、

行ってきたわけです。



専用駐車場は無いので、
近くのコインパーキングや、
立体駐車場に車を停めます。



松山城のリフト・ロープウェイ乗り場の建物は、
こんな感じのキレイな建物です。

「光のおもてなし」らしき、
夜のライトアップイベントもやってるみたいですね。




おいっ!!
例のポンジュース飲めるやないかぃ!!


っと、近づいてみると、
コレはオブジェのみ。

騙しやがったなぁ…。

リフト・ロープウェイ利用料は大人510円。

松山城天守観覧料は大人510円です。

※2019年10月から、
 それぞれ10円値上げするみたいです。



天守前までは、
無料で歩いても登れます。

が、



オススメはリフトです。

スキー場にあるのと
同じ感じで、

足をぶらぶらさせながら、
景色を楽しんで登れます。


童心に返って、
毛がぜんぶなくなりました。



約5分ぐらいかけて、
上の方まで登っていきます。

 



松山城と言えば、
この石垣の曲線美です。


これをもとにして、
腰のクビレ文化が生まれたと言っても過言ではないですね。

※嘘



軽い傾斜の道を
城を見ながら登っていきます。



ここで、どう守って、
どこから弓・鉄砲を使ったのか、

どこで陣を組むと良いのか、


そんな事を考えながら歩くと、
またオモロイです。

 



夜にだけシンデレラになれるゾーンを
発見しました。


昼間はハリボテのシンデレラなんですが、
そういうものですね。

夜に光るんですよね。

 



ゆるキャラらしきと、
記念撮影。

ここが天守の前の
山上の広場になった場所です。


山城の中では、
この広さは珍しいかと思います。

 



天守に入ると、
いくらかの展示があります。


刀のギラギラした
光を見ると興奮しますね。

 



釘を使わない、
木組みの技術。

ほうほうほう。



そして、
以前になかった増えてたやつがっ!!



怪しいオジサンが、
刀を持ってみせるコーナー。


もとい、
刀の重みを感じられるコーナーです。


見た目的には、
真剣ではなくて、
模擬刀です…が、

オモロイですね。


時代劇の撮影では、
基本的に竹で作られた刀を使っているので、

あんなに素早い動きが出来るんですが、
コレ持ったら、
いかに刀を持ち続けるのがシンドイか分かります。



僕は以前に、
模擬刀使って映画の撮影してたことがありまして、

大学では剣道部でもあるので、
まぁ、こんなもんか…という感じでした。

日本の刃物の切れ味に
刀身の重さがノル…

そりゃ切れるわぁー。





甲冑を着た
実際の剣術では、

刀を下段に構えたり、

上段では、
兜の上に刀をのせて構えるのですが、

長期戦となる戦場では、
なるほどそうなるなぁーと分かるかと思います。


正眼の構えは、
守りにも強いですが、

長時間はキツイなぁーと。



狭間(さま)から、
火縄銃を構えて狙えるコーナー。

実際に、
下を通る人を狙ってみると分かると思いますが、

狭間が文字通り狭すぎて、
超・照準合わせ難いんですけどぉ!?


でも、だからこそ、
下から自らは打たれにくいって訳でもあるんですけど。







そして、またまた発見。

無料で甲冑着れちゃうコーナー。
萌えるわぁー。



暑っついぃぃいいー!!

夏なので汗だくになりました。


暑すぎるし、
子供たくさんいるので、

全部は着ませんでしたが、
かなりの重量感。


これ着て戦うって、
痩せるやろね。


というか、
僕の着た感じって、

武将ではなくて、
足軽やん。




師匠は兜だけかぶりたいらしく…。



怪しいお店な感じになりました。


どんな客が来んねん。



甲冑の着方の説明もありますので、
これを参考に。

大人用に3種類ぐらいありまして、

子ども用の甲冑もありました。

 



光のオブジェで撮影したら、

温泉マトリックス感が出ました。




そして、天守閣へ。



東西南北の
全方向を見渡せます。



松山は
街あり、山あり、海ありで、

とてもコンパクトにまとまった
良い場所です。

僕の思う、
一番住みやすい街です。




松山の人は、
語尾に「~けん」って付けて

鋭いかと思いきや、

全体的にハンナリした穏やかな感じです。

 



改めて行った松山城ですが、

体験コーナーがたくさん増えていて、
とても面白かったです。



山上の茶店でゆっくりすることも
出来ますし、


夏には、
花火大会を見れたりします。


道後温泉も良いですが、
松山行くなら、

松山城がやっぱりオモロイかと思います。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« アップルパイカップ初勝利やけど納得いかない後編 | トップページ | 愛媛のタルトといえば、六時屋が好きなんですが…ビスキーうめぇ »

見所・観光レポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アップルパイカップ初勝利やけど納得いかない後編 | トップページ | 愛媛のタルトといえば、六時屋が好きなんですが…ビスキーうめぇ »