« 台風が来る前に…朝間詰めだけでも釣り | トップページ | 高知県の道の駅 大月・ローラー滑り台 »

2019年8月21日 (水)

クエの国から ’19夏

2019年8月18日 日曜。

波予報は前日から1.5mやけど、

実際は台風の波が、
まだ残っている状態。


どうしよかなぁーと思っていたら、
タケちゃんが昼のグレ釣りで出撃しているということで、

その場所へ行ってみることにした。



師匠と出発し、
眼鏡君と合流し、

釣太郎白浜店で餌仕入れ。






白浜町TB港へ16時過ぎ着。



タケちゃんは昼過ぎから釣りしてて、
コッパグレの猛攻。


買ったアイスコーヒーは、
すぐにホットコーヒーに変わった様子。

そりゃ、暑いし…なぁ。


その中から30cmぐらいのグレを
引きずり出した所。


暑いけど、
新しい竿(旧型)のテストも兼ねての釣りだったみたい。


この竿軽いよぉー。
昨日、5号使ってたからかもせんけど。

そりゃ、そうやわぁ~。



夜釣りの強靭竿使いすぎて、
昼釣りの竿軽すぎて変な感じらしき。





ここで突如、電話が入り、

タケちゃんにお知り合いから出動要請。



今からエエ時間やのに…。

タケちゃん、
名残惜しそうに撤収…。



せっかく、タケちゃんの釣り見れる機会なのに、
一緒に夜釣り出来なくて残念。




テトラ角ポイントについて、
色々と教えて貰ったので、

普段はテトラ嫌やけど、
ひさびさに挑戦してみることにしました。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:謎のピンク浮き(テトラポットらしき)
オモリ:ガンダマ適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
針:競魂グレ 5号
  →短軸のませグレ 7号

刺し餌:ボイルオキアミM
撒き餌:ボイルオキアミM・グレの舞

*************************************************



波気なし風なしの凪。

謎のピンク浮きは
タケちゃんによると
テトラポットというハイスタな浮きらしい。

グレックスをロストしたので、
感度良さそうなこいつを使ってみる。

 



テトラの足元に
ネンブツダイわいてるなぁーと思ってたら、


5m先でも食ってきた。

誘導の棚4m設定だけど、



なんだか、着水直後から
浮きの動きがあやしい。

棚はハリス分の3m設定へ変更。



ジワっと浮きがシモるけど、
明確な入りはしない。




仕掛けをまっすぐにして、

潮受けゴムの動きを観察。



スイーー


潮受けゴムの沈む速度が上がった所で、
合わせてみる。


グイーー



あ、グレ。



25cmぐらいのコッパグレを抜き上げて、
手でハリスを掴んだら、

チモトできられてポチャン。






尾長だったか分からんけど、
チモトで切れたので、

針を少し大きく短軸のませグレ7号へ。
飲まれないにくいように。





来たで来たでぇー!


眼鏡君が良い魚をかけたようなので、
見に行く。



フエダイおるんかぁーい。


25cmぐらいで大きくはないけど、
やっぱフエダイうらやましい。






やるでぇーと思ったらアジ。

これは、ノマセの餌に使える…

と、思ったけど、
テトラを歩いてキーパーの管理面倒やし、
リリース。






ボコッ!ボコッ!!

撒き餌直後に水面に出る波紋。

これはグレやろ。


浮きをハリスに入れて、
棚1.5mの固定仕掛けへ。




ボコッ!!



撒き餌と刺し餌を
とにかくすぐに合わせるようにしてみると、

タカベが釣れた。


けど、仕掛けがなぜか
めちゃめちゃになって、

続行不可。



また、眼鏡君がタモ入れしてるので、
見に行ってみる。



っておおい。

眼鏡君がフエダイ更にサイズアップの28cm。



もともと、
眼鏡君は今日はフエダイ勝負にしようと
言おうと思ってたらしいけど、

言ってないから今日は勝負なし…だもんね^^



にしても…、



堤防の上からテトラの切れ目付近を狙う眼鏡君。

そのちょっと離れた所には、
海水浴の人たちと、

BBQを楽しむ人たち。


そんな背景には目もくれず、
眼鏡君の眼鏡が、
今日はいっそうフラッシング。

 



師匠は堤防先端の内湾側。

こちらでもコッパグレ25cmサイズが釣れたみたい。



もう暗くなりそうやし、
僕もテトラやめて

足場の良い堤防へ移動しようと思いつつ、
一旦戻ると、


アカンやつ…



眼鏡君のタモをグルグルにしたのは、
おそらくウミヘビ。

しばらく二人で四苦八苦して
なんとかリリース成功。

タモ網のネットを
やむおえず一箇所切るだけですんだ。




僕は堤防先端の師匠のところへ移動し、
夜釣モンハン極太仕掛けで開始。

*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :GTR ザ・ナイト B
    →キザクラ NF BASIC 3B号
オモリ:ガン玉適宜
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:サンライン 大物ハリス
 フロロ12号・1.5m
針  :環付き真鯛 12号

刺し餌:塩サバ切り身・ボイルオキアミM
撒き餌:ボイルオキアミM・グレの舞

*************************************************



和歌山市のマルニシで
中古で偶然見つけたGTR ザ・ナイトを使ってみます。

ケミ25mmが挿せるGTRです。







こちらでも
内湾でもボコっ!と
何か出てるなぁーと思ってたら…。



もぉー帰りますかっ!


やってきた眼鏡君。

タモには何かドデカイのが…



ク、クエ…ぇえ!!


ホンマにクエ?
なんか白くない?

なんかのハタ!?

と、思ったけど、
角度を変えて見ると、
しっかりマダラ模様。

漁港でクエ48cmです!!



僕が昨年釣った42cmを余裕で越えるサイズでしゅよ。

超・テンション上がる。




初速はかなりドラグを引き出す強さやったけど、
その後はそんなに引かなかったとのこと。



餌はキビナゴも持ってるけど、
ホタルイカとのこと。



じゅぅううーーーうぅん!!



よくつるお(ほたる)降臨!!

の瞬間の写真撮れなかったけど、


眼鏡君がついに本気を出しやがったし、

僕よりフカセの腕あるのに、
今頃になって、実力をこんなカタチで見せやがったし。


やるなら今しかねぇ~♪



塩サバを短冊に切って投入し、

全誘導でゆっくりゆっくり沈める。



るーるるるるるるる♪

 



浮き当たりはなく

塩サバはすべて食われた状態で帰ってくる。



浮きにアタックしてくる
フグ軍団。


こいつらが、
おそらく塩サバもるーるるるしているっぽい。

 



サニーマートの
じっくり煮込んだカツカレーを食べていったん落ち着く。

やっぱ旨いに。

パーフェクトだに。



 



先端の夫婦釣り師さんが帰ったので、

テトラもあるそちらへ移動。



オネエ漁港と同じく、
こういう所で、

クエとか食ってくるんやし…、




るーるるるるるる♪



せめてキタキツネ来いよオラァ。




暗くなってから
GTRで使うケミ25mmが

古すぎて光らないことが分かり、

いつものNF BASICの3Bに変えて、
全誘導継続。



あとから眼鏡君に言われたけど、
全誘導やと当たり出にくいでしょーと。

…たしかに。


塩サバもボイルも
ことごとく当たりほぼ無く取られている。



早めに回収すると、

塩サバが食べ残しされている。




フグが…
まだ食べてる途中でしょうがぁああ!!



じゅぅぅうううーーん!!



と、ラストの一投前に釣れたのは、
ルアーロッドのズボ釣り仕掛け付き。


なんだそりゃー。



先行者の夫婦の横で、
師匠が釣りをしていたら、

さっき、
置き竿がまるごと海へ飲み込まれたらしい。


間違いなく、
その竿な感じがするので、

居残りしていた
ご夫婦の知り合いらしき方に、

渡して頂くようお願いしておいた。




眼鏡君は
暗くなってからフグの猛攻にあっていたらしいけど、

その後に、
ギャング(ウツボ)の猛攻。


あっちの眼鏡君の場所の方が良かったのか、
どうなのか。



帰りぎわに海を照らしてみたら、
コロダイらしきが、

シュッと逃げていったのが見えた。


たぶん40cmぐらいのサイズ。





眼鏡君のお持ち帰り釣果。

フエダイ小さめとはいえ、
豪華や…。
クエの存在感がデカすぎる。



もう明日死ぬんちゃうか!?

と、眼鏡君が言ったので、

もう、死ぬで。



と、言っておいたけど、
次の土曜も一緒に釣り行きたいので、

死んだら困るなぁー。



さかなが…
まだ食って来るでしょうがぁああ!!


じゅぅぅぅうううううん!!



あーあーあああああーあー
あーあーあああああー

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 台風が来る前に…朝間詰めだけでも釣り | トップページ | 高知県の道の駅 大月・ローラー滑り台 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、良いクエが出てますねえ。
以前ダイビングをやっている人と話をしたとき、その方が「漁港には大概クエが居ますよ、それも結構デカイのも居ます」と言っていた事を思いだしました。私もクエらしき奴にやられた事が4回位あります。ロマンがありますね(笑)

 全遊動で釣る場合は、竿の穂先はソリッド系でないと厳しいです。チューブラーの太い穂先だと、魚が竿先の弾きを嫌ってなかなか食い込みません。今私が使っているのは、シマノのツインパルサー2号(旧タイプ)なので、GTRナイト2BにJクッションの3、サルカンで結束してハリス6号を2ヒロ。針はマダイ12号。潮の動きによってガン玉のB~3くらいを段打ちしています。
 この仕掛けで堤防際から5メートル位までを、べた底~底から1メートル位のレンジを狙ってます。サシエに中エビかキビナゴをつければ穂先がいい感じにおじぎするのでアタリはよくわかります。
 
 この釣り方のキモは、オープンベールで待っていてアタリが出れば、すぐに竿先で20センチ位ついていって(送り込みですね)竿に重さが乗ってきた時に合わせます。最初の突っ込みで魚のサイズを判断して、デカイと思ったらフリーで走らせ(すぐに止まります)、そこからやり取りを開始します。
理想は3号竿(シマノならベイシスかな?)で8号通しがいいですね。参考にしてください。

 19日に黒潮町の伊田漁港に行ってきました。
結果はタマミ63を1枚、シブダイ35 1枚、40のコロダイ 1枚でした。
釣り方は上記の全遊動です。今シーズンはコロダイ70、68を捕ってるので、このタマミで目標達成です(笑)

投稿: ユウジ | 2019年8月21日 (水) 午後 11時00分

ユウジさん>
中古ですが、真似して
GTR ザ・ナイト手に入れましたよー(^^)/


でも、使い方のコツが
分かってな過ぎたという事ですね…(^^;)

詳細、教えて頂きありがとうございます。
m(_ _)m


浮きがかなりシモったけど、
塩サバまる残りの事もありましたので、

もしかして、
数回は、良い魚がくわえたけど、
違和感で離してしまっていたかも知れないですね。


ちょうど良い3号竿は、
いまはサビキ道…しか持ってないので、
それで8号通しでやるか、
考えてみます。


黒潮町で、
良い釣果出されてますね。
今季の目標達成おめでとうございます~(^O^)~


タマミ63cmに
ハリス6号でのやり取りは、
また難しそうですね。

仕掛け全体の変更は、
すぐには出来ないですが、

夜釣りでの全誘導は、
これからも織り交ぜて

練習していくつもりです。


教えて頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: スー | 2019年8月22日 (木) 午前 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風が来る前に…朝間詰めだけでも釣り | トップページ | 高知県の道の駅 大月・ローラー滑り台 »