« 短文・高知釣行 | トップページ | 高知県大月町SW堤防・夜釣りモンハン無念 »

2019年8月13日 (火)

高知県宿毛市ビッグアイランド・2時間朝間詰め

 

2019年8月11日 日曜。


前日の夜に高知県宿毛市へ到着。
仮眠して深夜から釣りしようかと

思っていたけど、
疲れすぎてまったく起きられず。

 


夜が明けてから
やっと動けるようになり、

6時半に宿毛市ビッグアイランド堤防へ。

 

 


この場所は、
以前に僕が宿毛に住んでいた際に、

仕事終わってから

晩ごはんのおかずを
釣りに行っていた場所。

 

ボイルを刺し餌分だけ持って、
撒き餌・ボイルぱら撒きなんて

方法さえ知らないまま、


ただ短竿とドングリ浮きで
適当なウキ釣り。

主にネンブツダイを釣って、
唐揚げにしていた。



たまたまもたまたま
ヒラスズキらしき40cmが釣れたことがあって、

その時は
魚種も分からず、
とにかくデカイの釣れたって
嬉しかった覚えがある。

 

思えばその時、
初心者に最適なサビキ釣りさえ知らなかったなぁー。

教えてくれる知り合いもいなかったし、
ネットや本で調べたりすることもなかった。

 

 

ただ釣りが面白くて、

通った場所。




すぐそばに
魚の加工工場?があって、

それが撒き餌になって、
魚が付いてるとも思われる場所。



 

そんな場所で、

いまの自分が
どれだけ釣れるのか、

そこで何を感じるのかを
試して見たかった。

 



もともと通っていたテトラがある立ち位置よりも、
左手に見える堤防の方が風を背中に出来て、

潮も通りそうなので、
上の写真の角を今回の立ち位置とした。

 

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号

浮き:ゼクト 2B
オモリ:水中浮き-B+ガンダマ適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
針:短軸のませグレ 7号

刺し餌:ボイルオキアミM
撒き餌:ボイルオキアミM ぱら撒き

*************************************************

 



 

風は背中から5-8m。

それで表層が滑ってるけど、
その下の潮は止まっている。

重めのゼクト2Bで開始。

水中浮きは-B。

 

 



 

師匠がさっそくチャリコ。

足元に群れてるのかも。

 


僕もほうは、
浮き当たりは出るけど掛からず。

チモト15cmほどにガンダマ追加。

 

 



これでやっと
僕もチャリコ。

このサイズでも、
昔の僕ならマダイやーん♪

喜んでいたはず。

 

 

師匠はさらにチャリコ・ネンブツダイ追加。

チャリコで飲ませを試してるけど、
無反応。

ヒラスズキでも食ってきたらおもろいけど。

 

 

7時過ぎ。


浮きが微妙にシモって、
上がって。

またシモって停止。

 

軽く合わせてみる。

 

グイーーーん


おお、なんか付いてた。

 




あまり走らないけど、
それなりに重い魚。


竿でためていたら、

すぐに浮いてきた。



チヌ45cm。

昔なら大喜びのサイズやろなぁー。



なんの焦りもなく、
淡々とタモ入れした。

 

それでも、
思い出の場所で

良いサイズの魚が釣れたのは、
やっぱり嬉しい。

いちおう…、

いちおうは成長してる…と思うし。




 

このあたりから
撒き餌は左手前に流れてるのが分かり、

表層は相変わらず正面沖への
2枚潮な感じ。

 

ガンダマをもう一つ追加して、
2段打ち。

仕掛け馴染むまでは早くなった。

 

 



キタマクラ。

 

 

続けて…、



撒き餌と仕掛けがちょうど馴染んだタイミングで
オオモンハタ20cm。

やっぱコレ系も
おるんやなぁー。

 


釣りを見に来た

地元のおじいちゃんと話しをしたら、
この場所で
70cmぐらいのクエを釣った人もおるとのこと。




この場所での夜釣りも
やっぱりオモロそうやなぁーと
思ったけど、

風強すぎやりにくそうなので、
この日の夜釣りは、

北東の風の
風裏になりそうな場所へ行ってみることにした。

高知の釣り師 ユウジさんが
教えて下さった中に、

ちょうどそんな場所が、
大月町にある。

 

 


当たりも少なくなり、
暑くなり。

8時半に撤収。






10年ぶりのこの場所。

ある意味、釣りを本格的に
はじめたきっかけとなった場所。



何を感じたかと思ったら、

釣りの腕が、それなりには上がったという事と、

もっと釣りしたいなぁと思ったこと。



そして、
この立ち位置から見える周辺には、

オモロそうな釣り場が沢山あったんだと
気付いたこと。


この場所に住んでたときは、
音楽活動がメインで

釣りは晩飯のおかずのため。

でも、こんなに良い場所だったとか。

他にも何か感じたと思うけど、
なんとも言えないまま。

この場所を出発。






昼は暑すぎるので、

宇和島へじゃこ天を探しに行く。

※四国旅行記については、
 別に書こうと思います。




|

« 短文・高知釣行 | トップページ | 高知県大月町SW堤防・夜釣りモンハン無念 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・高知釣行 | トップページ | 高知県大月町SW堤防・夜釣りモンハン無念 »