« 荒れの内湾・昼フカセの前編 | トップページ | 「生」食パンというフレーズに感じる違和感 »

2019年7月 2日 (火)

ジグってザグってな後編

2019年6月30日 日曜 後半戦。


18時過ぎて、
昼のフカセからモンハン仕掛けへ変更。

 

*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF BASIC 0.5号
オモリ:ガン玉適宜
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:サンライン 大物ハリス
 フロロ12号・3m
針  :ダイワ マダイクワセSS 8号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:ボイルオキアミL・フカセ用集魚剤

*************************************************





爆風15mは5m程度まで落ちたし、
浮きは0.5号で、オモリはガン玉。

 



餌取りは減ってきたようで、
刺し餌は残りがち。

さっきまで足元にはフグが沢山いたっぽいけど、
もうマシか?と足元狙い。

 



マイクロガッシー。

棚設定3.5m。
底はとれてるっぽい。



スッ!!

良さそうな浮きの沈みに合わせるも、
素針。


餌も残りがちヤシ、
ついに大物きたかっぁー。




すぐあとに浮きを消し込んだ。
タカノハダイ。


底潮動いてねぇってか…。



 



満潮過ぎて水位が下がって、
先端のお立ち台へ行けるようになったし、

タカノハ釣れてダメそうなので
プチ移動。


棚を測ってみると、
5mほど沖で一段深く鳴っており、
水深5mほど。

なので、棚5m設定の誘導で仕掛けで。



お立ち台のほうが
潮が複雑で、
浮きは右へ行ったり
左へ戻ったり。

左へ戻る流れになった所で、
浮きがじわぁ~っと何度も入るけど、

合わせても乗らず。


う~ん。

とりあえず、
棚そのままで、

潮の流れがちょうど左へ流れるように、
投入点を変えてみたり、

しばし流してみたり。



19時前。

やはり左への流れで来たやつ。



コッパ25cm。

先週に引き続き、
伊古木と同じの暗くなってグレ。

そんな季節なのか何のか。




このあとから、

さらに餌残り。


デカイのおるのか、
どうなのか。





20時過ぎ。


風はさらに弱くなり2mほど。

潮の流れは右へ左へ。


撒き餌がなくなって
最後の一投。

流れは左へなって良さそう。





浮きへ被せの撒き餌をしていたら、


浮きがグイッ!グイッ!!

左右にジグザクで勢いよく沈んだので、
合わせ。



スッ

無反動スッポ抜け。




ああああああ。



衝撃で針の結び目でほどけとるし…。
合わせも遅れたし…。

デカイウツボだか、
コロダイだか、

なんだか分からんけどパワー強かった。


針が小さすぎて
ハリス12号が解けやすかったのかも。


もう、雨と寒さで疲れ果てた。

モンスターはいたのかもせんけど、
もう針結び直す気力はないし、

撒き餌もない。



また、リベンジは行くつもりで、
20時半撤収。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 荒れの内湾・昼フカセの前編 | トップページ | 「生」食パンというフレーズに感じる違和感 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒れの内湾・昼フカセの前編 | トップページ | 「生」食パンというフレーズに感じる違和感 »