« とある地磯前編 | トップページ | GONの北側・開拓釣行 »

2019年7月 9日 (火)

とある地磯でタマミ40.5cmな後編

2019年7月6日 土曜の後半戦。

19時になって、
暗くなってきたので、


昼のフカセ仕掛けから、
極太モンハン仕掛けへ変更。





*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF BASIC 0.5号→1号
オモリ:環付オモリ0.5号→0.8号
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:サンライン 大物ハリス
 フロロ12号・1.5m
針  :がまかつ 赤夜光真鯛王12号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:ボイルオキアミL・4倍こませチヌ・
    スーパー1ジャンボ

*************************************************



はじめに伊勢尼ケイムラ10号を結んだけど、
ハリス12号が
簡単にほどけそうやし、

もっと大きな真鯛王12号へ変更。









棚を測ると
3mほどの浅場。

でも、シモリが沢山あるし、
根掛かりが出たので、

少し上げて2.5mほどの棚設定を基準に、
ちょこちょこ変える。



モゾォ~っ
浮きがシモるけど、

なかなか針掛かりせず。



少し速めに浮きが入ったので、
合わせてみると、



テリエビス。

夜釣りの定番。
今シーズンでは初。


気をつけて針外そうと思ってたら

バタバタバタ!!



ガラスのようなヒレ・ウロコで
まんまと手が切られて出血。

いてぇ~。


テリエビスをリリースしたのち、
出血が止まらないので、

眼鏡君のとこで休みながら見学。




ちょうど少し前に、
ヘダイらしきを水面でバラしたらしい。








後からやってきた
太った穴釣り師が、

なんだかめちゃめちゃウロウロして、
ライトは付けっぱなし。


眼鏡君の浮きの回りを照らしては、
またすぐに戻って行って、

すぐにまた照らしにくる。



ちょっと照らさんといてって、
言って来ようか…。


まぁ、エエですわ。




この時点では、

眼鏡君の刺し餌には反応があって、
まだなんとか夜釣りは出来てるらしい。



血が止まったので、
僕も釣り再開すると、



眼鏡君がウツボ釣って持ってきた。

そして、ことごとく
僕の立ち位置側の足元にリリース。


あそこに餌あんでっ!

と、僕の電気浮きへウツボを誘導しようとしている。



この眼鏡野郎が
もし、ポケモントレーナーなら、

この時点で息の根を止めなければならなかった。


 

が、ウツボはこちらへ来なかったし、
無害な眼鏡君やったし許すっ。

 



テリエビス追加。

もう手は切りたくないので、
かなり慎重に針を外してリリース。









眼鏡君が持ってきた巨大イタチウオ。
40cmぐらい。

内向きも熱い…ていうか、
夜釣りのお呼びでないやつ大集合やな…。

それもデカイし。



こいつも僕の足元へ…。



20時45分過ぎ。
満潮30分前。


荒れてきて
ときおり波しぶきを被るけど、

足元の2段の堤防で砕けたもので、
シブキ飲み。

まだ大丈夫。


浮きもそれなりに安定している。




潮は右へ流れるけど、
滞留する場所があって、

しばらくすると、
沖へ流れる。




その滞留場所が撒き餌たまってそうなので、

そこへ流し込むように操作。




流しながら、
バッカンの撒き餌を寄せて、

次に撒きやすいように整形。



あっ…。
浮きが消えてる。


食ったよなぁ…。




竿先でゆっくり聞いてみると、

グイィイイイイイ!!



タケちゃんから、
油断しないようにねぇ~っと聞いていたので、

一気に竿を立ててゴリ巻き!!


この場所は根が荒いし、
潜られたら切られるハズ。

とにかく速攻で浮かせないとやられる。


グイィイイイイイイイイ!!


かなり強めで
50cmは越えてそうなサイズ。



はじめはリール巻けなかったけど、

すぐに巻けるようになった。




糸は鳴ってない。
これは巻き続ければイケる。




バシャバシャ!!


水面に浮いた魚は、
思ってたよりシルエットが小さい。


ええーい。ブッコ抜き。



おおおおおお。

ひさびさもひさびさのタマミちゃん。

 

 


サイズは43cmぐらいと、
大きくはないけど、

やはりタマミは強かった。



5号磯竿はフルには曲がらないけど、
それなりに曲がった。




4年ぶりに釣った
まともなサイズのタマミなので、

眼鏡君にも見せにいく。



とにかく嬉しい。





この少し前に
もう一人釣り人がやってきて、

太った釣り人と話しながら
釣りしている。


ライトで海照らしまくりのライト兄弟。


そんなに照らさんと
釣り出来んなら、夜釣りやめれ…。



ライトで照らし続けないと
仕掛けの状況が把握出来ないし、

海の状況が分からないし、

暗くなってやってきてシモリがどこにあるかも分からない。



とにかく危ない。

不意になにか予想外が起きたら、
もう手詰まりで死ぬ感じがする。



だから夜釣りなんかやめれ…と思っている。


同時に、夜釣り好きな僕らにとっては
大迷惑。


眼鏡君は、
内湾ポイントで照らしまくられて

餌さえ取られなくなり、


たまらず外向きへ移動。



1投目で餌取られて、

エエ感じかなぁーと
2投目投入したら、

さっそくライト兄弟に浮きを照らされて、
当たりでなくなった。


危ないのもあるけど、
やっぱ大迷惑だからやめれボケって思う。



ってか、常夜灯あるし、
道も明るいし、

ライト無しでも堤防歩けるぐらい。




幸運なのか
ライト兄弟が早くも撤収。

ビッカビカに海もライト照らしながら歩いてくる。



照らさんといて貰ってエエですか!

すみませーん。



と、分かったようなフリして、

僕の後ろを通過した直後に

僕の浮きをシャっ!と照らしやがった。





まぁ…、その程度の人間だから、

イラつくけど、怒っても

どうせ日本語を理解出来ないから、

追いかけないでおいた。






あぁーイラつく。

イラつくわぁーと、

眼鏡君のとこに話しに行く。



眼鏡君も照らされすぎて、

ぜんぜん釣れなくなったので、

我慢の限界だったみたい。



腰痛ヒドイのを、
薬まで飲んで本気で挑んでるのに…

ムカつくわぁーと。




でも、たぶん、

この場で、ライト兄弟に、

それを言ったとして、


それを理解する頭は無いと思うので、

やっぱり無駄だと思う。



海見えねぇー、道糸見えねぇー。
餌見えねぇー、針見えねぇー。

なのに、夜釣り来てるぐらいの
考えやし。


見える昼間に来いよ。







ライト兄弟帰ってから、
しばらく時間が経過。

22時半。



満潮過ぎてから、
ドーンと大きめの波が来て、

僕の道具が流されて
堤防内側に落ちそうになった。

こりゃ、やばいなぁーと、
道具をもって眼鏡君の場所へ避難。

外からの波が
堤防を越えて内側へ落ちるだけで、

外向きへ引き込まれることはないけど、
道具が海へ落ちたらシンドイし。





この頃には
眼鏡君に当たりが復活。

でも、なかなか針掛かりしないみたい。



ドオオオン!


眼鏡君が掛けたのち、
座っていた僕のすぐ横に落ちてきたウツボ。

こえぇーわ。




根掛かりで浮きをロストしたので、
0.5号から1号の浮きへ変更。

波も強めやし、
1号のが良いかも。



眼鏡君の立ち位置近くの外向きは、

波はあげてこないので、
そこでやってみる。


ときおり餌が取られる程度。

 

 

 

 

23時。



眼鏡君が内向きで釣り上げた

大きくなったオジサン45cm。



オジサンでも頑張れば大きくなる。
そして太くなるんやなぁー。

スカリに入れておいたら、
のちほど硬くもなっていた。




当たりが少ないので、

棚設定を底ギリギリで攻めてみたら、
僕はまたまた浮きをロスト。

沖への流れが強くて。
回収できず。



もうエエかなぁーと
眼鏡君の釣りを見物。



最後の一投がなんだか、

良さそうな感じで、

更にもう一投。




グイイイイイイイ!!


おおおおお!!



結構強そうやけど、
なんだかすぐに浮いてきた。

でも暴れている。


眼鏡はノーライトタモで…、



デっカっ



50cmほどあるヘダイ。

 

 

 

 

 



この日、
アップルパイカップの宣言はしてないで、

釣り始めたあとにそれに気付いたけど、
そのまま勝負は無しにしていた。


もし、アップルパイカップなら、
僕は眼鏡君に負けていた。


せんで良かったぁ~♪

 



オジサンでかすぎて、
タマミもヘダイもちっさく見える。

デカくて硬いオジサン…。
色は真っ赤。

 



釣太郎白浜店にて、
夜釣りダービーのタマミ部門にエントリー完了。


43cmはあったと思ったけど、

釣って3時間後で、
40.5cmだった。

まぁ、しゃーない。





もし、眼鏡君がオジサン(メンドリ)をエントリーしていたら、

現状1位の42cmを越していたと思う。




だ~いたいやねぇ~。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« とある地磯前編 | トップページ | GONの北側・開拓釣行 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、タマミ40アップ おめでとうございます。
タマミはなかなか釣れないので、嬉しいですよね。
ポイントも良さげな所ですね。中潮、大潮の満潮前後が凄く熱そうですね。シモリがきつそうだから、私のスタイルではかなり厳しそうですが・・・。

 私の方も来週、また行ってみようと思っています。
今シーズンはコロ68も捕れたので、県西部の漁港へ新ポイント開拓です。

 それにしても「ライト兄弟」はうっとうしいですね(笑)
高知でもたまに居ますよ。餌木ンガーがヘッドライト点けっぱなしで。息子がぶち切れそうになってました(笑)ホントにやめてほしいです。

投稿: ユウジ | 2019年7月 9日 (火) 午後 11時20分

ユウジさん>
すでにコロダイのデカイの獲ってるんですね(^_^)
流石ですね。

高知へは、
この夏に行こうかと企んでおりますよー。

県西部の僕が本格的に釣りを始めた
思い出の場所で、
夜釣りを初めてやってみるつもりです。


ライト兄弟は、
そちらにも当然おるんですね…。

それもだいたいが、
強力なルーメンライトを使ってるという…。
そんなにいらんやろーと、
よく思います。


ホンマに魚が散ることを
知らないなら、
許せるんですけどね…。


投稿: スー | 2019年7月10日 (水) 午前 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とある地磯前編 | トップページ | GONの北側・開拓釣行 »