« ブァフォッ!!釣行 | トップページ | USB扇風機をモバイルバッテリーで動かす涼み方 »

2019年7月17日 (水)

SUGURUで何も起きないパターンの日

2019年7月14日 日曜。

タケちゃんのお宅訪問したのち、
中辺路を探索。


家で昼寝してから、
ゆっくり出発。



小さな地磯には二人の釣り師で、満席。

MS堤防は波が強くて、
おそらくボイルぱら撒きでは
めちゃめちゃになって同調せん感じ。


なので、またまた移動して
田辺市SUGURU漁港へ18時過ぎ着。

誰もおらず。



*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF BASIC 3B
オモリ:水中ウキ-3B・ガン玉適宜
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:サンライン 大物ハリス
 フロロ12号・3m
針  :カイザータマン 16号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:ボイルオキアミL ぱら撒き

*************************************************



波風弱く、
潮もほぼ止まっている状態。

中潮
満潮17:12 173cm
干潮22:33 109cm


満潮から50分ほど過ぎた時間やけど、
ぜんぜんよろしくない感じ。


棚を測って5m前後、

一部深くなってるところもあるけど、

大きくは変わらず。



底へあわせて微妙なシモリでガッシー。

まぁ、おるわなぁー。





アジでおるかなぁーと思いきや、
餌は残ることがほとんど。


そんな僕の左手の常夜灯ポイントで、
おじいちゃんがサビキでアジ釣ってる。


ときどき、
表層でパチャっとなるのは
アジなんやと思う。



それにしても餌残るので、

潮下がるにつれて
棚が深くなりすぎかなぁーと、
ちょっとずつ浅くしている。



浮きには特に当たりないまま、
長時間放置すると、

餌がカジラれたり、
取られたり。

 



やっと明確に浮きが入ったのち、
でかアカメフグ。

げき太りの23cm。



その後も基本は餌残りのまま。

セレブ椅子を忘れたので、
船のロープつなぐ所に

座っていたら、


チクっ!

はぁ!?

と、立ち上がってみると、
でかムカデがにて、

甘刺されしたみたい。



梅の畑だけでなく、
こんな漁港にまでムカデ来やがってこのうやろぉーっぅ。



ここからはとにかくムカデに警戒。
座るのが怖くなった…し。

 

 

棚を変えて、
投入店を変えて、

潮はときおり右へ左へ。

基本は止まったまま。



ジワジワ浮きがシモるけど、
良い当たりは出ないまま、

いつの間にか餌取られる。





合わせはスカばかり、

もう、カニがボイル食ってるんじゃないかと思う。



21時の船が帰って来る時間に
時合いに期待するも、

とくに何も起きず。


干潮22:33は待たず、

21時半撤収。



ボイルぱら撒きではなくて、

キビナゴ使った方が
ココは良かったのか、どうなのか。


次ココに来るならキビナゴ。

 

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« ブァフォッ!!釣行 | トップページ | USB扇風機をモバイルバッテリーで動かす涼み方 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、頑張ってますね。
私も15日に行ってきました。宿毛から約30分の、大月町周防形漁港へ。情報は全く無いし、いつもどうり手探りでした。
迷わず常夜灯のある堤防先端にて釣り開始。水潮の影響で水色は悪いし、予想に反して水深は浅い(直下で3メートル位)し常夜灯は明るすぎるし・・・。
 これはヤバイかもと思ったのですが、結果はヒラスズキ50を1枚、45のカマス 2枚、タマミと思われる(多分65位かな)バラシ1回でした(針はずれ)。ヒットしたのは全てキビナゴで、中エビは全く当たり無しでした。

 結論としては、やはり西南部エリアはポテンシャルが非常に高いことを実感しました。次回もここに行くつもりです。
今度は対岸の岸壁か堤防ですね。
ヒラスズキが美味しかったので、次回も狙ってみます(笑)
往復300キロのドライブでも行く価値は十分ありですね。
 また、結果報告しますね。

投稿: ユウジ | 2019年7月18日 (木) 午後 11時40分

ユウジさん>
開拓おつかれさまでした。
状況悪いとはいえ、
よぉー釣ってますね。流石でございます(^^)/


ヒラスズキ良いですよね~。
僕が宿毛で本格的に釣りをはじめたとき、
たまたま釣れた大物が
ヒラスズキ?(太いスズキ)45cmでして、
美味しかったのを覚えております。

その場所へ、
夏に行こうと思っております。
※このブログを始める前、 
 約10年前です。


カマスもやけにデカイっすね。
美味しそうっす。

こりゃキビナゴ必須間違いなさそうですね。
テクニックがついていくかは、
わからんですけど。


場所もかなりマニアック…というか、
いま、宿毛に住んでたら、
ものすごい開拓しがいがあるなぁーと、

GoogleMapみながら
ニヤニヤしてます。

高知エエですね。


あと、鵜来…。
日程キツイので、次回かもせんですが。

投稿: スー | 2019年7月19日 (金) 午前 06時35分

 スーさん、高知の西南部はいいですよ!
今まで残しといてよかったです。高知から足摺岬の手前までの漁港は、ほぼ全て調査済みです。このエリアは3ヵ所良いポイントを開拓できたので、今後は足摺岬~柏島までの漁港に絞って釣行してみるつもりです。
 かなり遠いんですが、景色も素晴らしく、なにより「時間の流れ方が違う」。この感覚が凄く気に入ってます(笑)

 このエリアでは、キビナゴは必須ですね。
釣り人も少なく(餌木ンガーが少し)、のんびり釣りができます。私も鵜来、沖の島の漁港での夜釣りを計画中です。連絡船を使えば費用も節約できます。便数は一日2便なので、現地に午後3時半頃着いて、朝の便で帰る予定です。友人とも調整中ですが、お互いサラリーマンじゃないので休みが合わなくて・・・。多分、単独釣行ですね。
今のスタイルでどこまでできるか、試してみたいです。
多分、ボコボコにされるんだろうなぁ(笑)
今から楽しみです。

投稿: ユウジ | 2019年7月20日 (土) 午前 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブァフォッ!!釣行 | トップページ | USB扇風機をモバイルバッテリーで動かす涼み方 »