« 第一回アップルパイカップ開催 | トップページ | 長雨の白浜地磯・後編 »

2019年6月 6日 (木)

梅雨入り前のひさびさ長雨・白浜地磯前編

2019年6月2日。


前日の夜釣りの疲れもあるので、
ゆっくり出発。


師匠が温泉に行きたいらしいので、
日が暮れるぐらいまで単独でフカセ。



向かったのは、
白浜町シガー地磯の対岸。



前日夜のモンハンで、
眼鏡君がブチ切られて、

その後にそやつがずっと居座っていた場所。



モンスターの巣になっているなら、
狙うのもオモロイという考え。



新規開拓の地磯なので、
駐車ポイントも歩くルートも分からないので、

小雨の中でレインウェア着て下見へ。




途中、水没ポイントがあって、
大潮・夕方満潮のこの日、

日暮れ頃に帰れるかというと、
たぶんギリギリ帰れる。

ダメなら時間を伸ばして
安全確保せなならんかも。




切られた浮きあるかなぁー。



おぉ、あった。

写真中央の少し赤っぽいのが、
眼鏡君のブチ切られた浮き。



もうモンスターは付いてないらしく、
おそらく根掛かりして止まっているだけ。



回収しようにも、


基本的に50cmほど水中に沈んでいるし、
タモ入れるには遠いので、無理。



すまんのー。
回収不可。




*************************************************

フカセ仕掛け
竿:シマノ ADVANCE ISO 1.5号改 530
リール:プロマリン グレシアスピン GR2500LB(改)
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き :グレックス G8
    グラビティ G2(&潮受けゴム-G3)

キザクラ NF BASIC 1号
オモリ:ガン玉適宜

ハリス:スーパートルネード 2号・3m
針  :競魂グレ 5号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:ボイルオキアミL・生オキアミ M・
    グレの舞

*************************************************

 



開始直後は2枚潮っぽく、
あしもと狙いでも、

なんだか撒き餌とあってない感じ。



底付近まで沈めてホシササノハベラ。

そこまで餌が残っていたので、
エサ取りの活性は低い感じ。

 



針を獲ってくれるフグ。

 



ちょい重くグラビティG2。

同調しやすいようにオモリ付き潮受けゴム-G3。

 

足元でフグ連発したので、

10-20m先の範囲内で探ってみる。



結局ベラ。


でも、一瞬だけ、
黒っぽい魚の姿が水面に見えた。


グレだったらエエけど。

棚浅くしてもアカン。

 

 


矢引きまで上げる前に、
いなくなってもうた。



足元のキワ狙いに戻したらタカノハ。


潮悪いからもうダメってか…。


デカイ海亀もブッシューやってるし、
アカンっぽい。

 

こんなときに移動して、
良い魚釣れた経験もあるので、

ある程度移動しても良いとも思いつつ、

シンドイから30mほど川上流プチ移動で、
もうちょっと手前へ。

 

続きは後編で書きます。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

 

 

|

« 第一回アップルパイカップ開催 | トップページ | 長雨の白浜地磯・後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一回アップルパイカップ開催 | トップページ | 長雨の白浜地磯・後編 »