« 短文・白浜OS地磯・波強し | トップページ | 新宮市アキヒロ・ハタ系バラシ!? »

2019年5月 7日 (火)

太地アゲーイ地磯・おもにフグな日

2019年5月3日。
太地釣行二日目。

新規ポイントであるアゲーイ地磯へ7時前着。

思ってたよりも波強め。
海の様子を見ながら立ち位置を先端高場に決めて開始。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:Gureyes G3(潮受けゴム-G3)
   →エイジア 2B

オモリ:ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード 2号・4m道糸直結
針:沈め探りグレ 4号
  →短軸のませグレ 7号
  →ファイングレ 4号
  →ヒネリグレ 4号
  →沈め探りグレ 4号

刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    強力チヌZ・4倍こませチヌ・パン粉

*************************************************

 


GUREYES G3に潮受けゴム-G3。

10m範囲ぐらいは底は見えるぐらい浅いので、
固定仕掛け。

針は小さめ重めの沈め探りグレ4号。



師匠は先端手前の一段低くなった場所で開始。

足場が高いので、タモ届くように。


撒き餌に群がる魚。

コッパグレ・サバ・アイゴ?
でも、それほどしつこくなく、

刺し餌が瞬殺されるほどではない。

師匠がさっそく
コッパグレとフグを釣る。





僕の仕掛けを入れた先端側、
15mほど先では水面がパシャパシャするほど
小魚。


それでも僕の針には魚は掛からず、

師匠がベラとフグを釣っている。




先端の一段下には
はじめ波が上げてきていたけど、

おさまったので、
その場所へ降りる。

全方位狙い易くなった。




で、サバ。
それまで刺し餌をつついていたみたいやけど、

やっと針に掛かり出した。



フグ。



水面に黒くてデカイフグが浮上するのも見えた。

もはやフグの活性がサバを越えて高くなってるのかも…。

 



フグ対策で針を少し大きくしてみよかなぁー。

ピンクの短軸大きめ、
短軸のませグレ7号へ変えてみる。

 



結局フグ連発。

ピンクのコーティングが
ガジガジされてみるみる剥がれていく。

 



棚を深くしたらベラ。

 



大きくしてダメなら、
逆に小さくて軽めのファイングレ4号。




またフグ。

 



こえぇーよ!!


どこへ投げてもフグが来るのが、
だんだん治まって、

餌が残ることが出だした。





11時前。


グイーーン!!


なんかデカイの来たっ!



竿は叩かずシモリへ疾走。

竿のしなりで止めようとすると、

シモリ裏に入った
黒っぽい影が見えた瞬間に

フッ…。



針曲げられてバラシ…。


グレだか、サンノジだか。

サイズは40cmないぐらいのように見えたけど、
結構なパワーがあった。


ファイングレは軽いけど、
やっぱり弱いかなぁーと、

太めへ。





ヒネリグレ 4号。

サイズは小さいままで。




数投後にグイーーン!!


巻ける時だけ巻く。

なるべく竿のしなりでためるけど、

ちょっとヤバイ時だけ
レバーで道糸放出。





ちょっと浮いてきたと思ったら、

足元のシモリへ突っ込まれ、
一瞬根にハリス掛かったようでヤバイ感じ。

それでも
そのまま竿で溜めていたら、
浮いてきた。


あぁああ…




でかサンノジ45cm。

グレであって欲しかった。

 



 

 



 

 



このあとから、
またサバの活性が上がって

餌取られる。



分離作戦も実施しつつ、

あちこち投入ポイントも変えてみるも、

なんとも良い当たりが出せない。




重め小さめの沈め探り4号で。

 



ちょい遠投ポイントで
やっとこさコッパグレ。

ちょい棚下げてみて、
大きいグレを探すも、

なかなか上手くいかず、



なんか知らん魚。

昼前にして、
すでに師匠は疲れて寝てる。



粘れば、
大きめのグレが釣れる感じもしたけど、

またまたフグが高活性になって、
ぽつぽつ針掛かり。



後半はカゴ釣りに切り替えていた師匠。

フグとベラに疲れてる。


いったん温泉へ行って休憩してから、
夕間詰めにどこか漁港へ行ってみることにした。

12時半に撤収。




その少し前に
エギンガーさん二人組がやってきた。

滑る場所なのにスニーカー。
ライジャケなんか着てる訳もない。



ウネリあるので
先端にも波が急に上げてきて

危ないことは伝えておいた。




せっかくのGWやし、
楽しい釣りで終わって欲しいなぁーと思う。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

|

« 短文・白浜OS地磯・波強し | トップページ | 新宮市アキヒロ・ハタ系バラシ!? »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

ムシフグに正体不明の魚と釣れるものが全く違って楽しそう!
不明の魚、ヒメダイっぽいんだけど尻ビレの形状が丸くて違うし何魚なんでしょうね?

話変わって、サバが溢れた日中の港ではグレが船の下や日陰のケーソン内に大挙して隠れてました。磯だと水深が2ヒロ以上の陰になってるオーバーハングがあるポイントとか狙い目なのかな~と。で、そのコ達って、コマセ撒いても出てないんですよ。
なんとも面白い体験をしました。

投稿: さんインチ | 2019年5月 8日 (水) 午前 12時20分

さんインチさん>
あのフグ、ムシフグって言うんですね。
謎の魚は牙もスルドい感じっす。
なにかも幼魚?なのかどうなのか。

グレの動きの情報ありがとうございます(^^)/

居付きのグレは、
やはり物陰に隠れているのが基本なのかもせんですね。

あとは、
サバなどの他の群れが消えるか、
食い気が上がった時に出てくる…のか、どうなのか。

撒き餌大量に巻いた時に、
たまたまコッパ釣れる経験も多いっす。

僕ももっと観察しながら
釣りせななぁーと思いますわ。

投稿: スー | 2019年5月 8日 (水) 午前 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・白浜OS地磯・波強し | トップページ | 新宮市アキヒロ・ハタ系バラシ!? »