« チヌ狙いの田辺の堤防・眼鏡メガディス | トップページ | 2019島ノ瀬ダムの桜&田辺の身近な桜 »

2019年4月12日 (金)

春の堤防・マダイ狙い 真っ暗になる頃が勝負か!?


2019年4月7日 日曜。

朝ゆっくり出発し、
桜の花見。

毎年恒例となる
みなべの島ノ瀬ダムへ行ってきました。

 



その後、
釣太郎みなべ店にてエサ追加購入し、

田辺市MS堤防へ13時着。

 

狙いの左端は
すでに大家族がいたため、

空いていた中央ポイントへ。
MS堤防の中では、
足元付近から特に深い場所。

 

同行者は師匠。

 



狙うは、チヌ・マダイ。


すぐ右手には底物師さん。
そういうポイントでもあるんやと思う。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:グラビティ G2
   →NF BASIC S-B
   →NF BASIC M-1
オモリ:適宜・オモリ付き潮受けゴムも使用
ハリス:スーパートルネード 2号
    →エクシード 3号
    
針:競魂グレ 5号
  →マダイクワセSS 8号
  
刺し餌:自家製ハード生オキアミM・
    生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    フィールドグレ・4倍こませチヌ

*************************************************


風は思っていたより強く、
右横から3-5m。

 



グラビティ G2に
潮受けゴム-G3。

杖持ちジジイの構えで、竿先を真下に向けて、

糸を送れば、ちゃんと馴染んでいく。

誘導で棚4mスタート。

 

 

エサ残りが続くので、
少しずつ棚を下げて6mへ。

浮きがじわじわと沈んでは、
浮かんで。

 

 



明らかに沈む浮きに合わせ入れてガシラ。

 

ちょっと待った方が、
掛かりやすいけど、

何より針小さすぎて、
合わせても針ごと吐き出されるのかも。

 

師匠もガシラを釣っている。

 

針を大きくして、
マダイクワセSS 8号へ。

これでも、
針掛かりは悪く、

ときおりエサを取られる。

 

そのうち、エサ丸残りになって、
風強いだけでシンドイので、

昼寝。

 

 



夕間詰めのマダイ狙いまでは、
体力・集中力を温存しとかんと。

僕は30分ほど熟睡。
師匠も少し休んでたみたい。

 



17時前には夜釣り準備で、
電気ウキNF BASIC S-B。

水中ウキーBと組み合わせてみた。

 

 



ボラがちょっと寄ってきたー。

と言ってた師匠。

すぐに、竿が曲がる。

 



丸太のような60cmボラ。

迷った末にキープ。
臭くなかったし。

 

※実際に食べたら
 クサミなく、美味しかったです。

 お刺身でも大丈夫でした。


 


17時のチャイムが鳴って、
さぁこれからやなぁーと思っていたら、

潮が激流に。

 

ためしに足元の深さを測ると
8mはある状況。

B浮きではあっという間に、
沖へ流されてしまい、

この深さでは、
まったく撒き餌と同調しない感じ。

 


NF BASIC 1号に
環付きオモリ0.8号へ。

仕掛けはウキ止めまで沈むも、
まさかのコレも沖へどんどん流される。


絶対コレは釣れんなぁーと思ったので、


大家族が帰った左端のポイントへ移動。



撒き餌散らばったままで汚い。

子供連れ…だったと思うが。
なんか将来が想像されるわ…。

 



左端ポイントは、
そこまで流れは強くなく、
ゆっくり動く程度。

1号浮きで、
大丈夫。

 


狙うは先週に
54cmマダイが釣れた、

20mほど先の駆け上がり周辺のみ。

 

大潮の満潮19時半で潮位170cmほどなので、
棚設定も
深く深くさげて9mほど。

じわじわぁ~と浮きに反応出るも、
なかなか針掛かりせず。

 

下げすぎて、
仕掛け寄ってきたら根掛かり。

 



 


環付きオモリをロストしたので、

NF BASIC 1号浮きに
水中ウキ-0.8号に変えてみる。

 

 

 




足元狙いの師匠がガシラを釣る。

 




モゾモゾの正体はガシラ?とも思いきや、

ボイルがアマガミされて
戻ってくる事もあったので、

マダイ・チヌ・怪しい。

 


19時過ぎて、
やっと真っ暗になり、

いよいよ本番。

 

と、師匠は疲れて車へ戻る。

ペース配分…。
東京行ってきて疲れてるみたいやけど、
この時間は逃したらもったいないように思う。

 


撒き餌ワークは
この日は冴えていて、

思っていた場所へ飛ばせることが多い。


風も弱くなってきて2-3m。

 

 

でも、良いあたりが出ないまま、
ボイルがエサ残り。

生オキアミは
取られてるのか、
ちぎれて取れてるだけなのか。

 


19時半。

撒き餌もなくなるので、
最後の一投。

刺し餌は
砂糖漬けにした生オキアミ。

前回の釣行でも
ボイルをメインに使ってたけど、
最終的に釣れたのは
生オキアミやったし。

 


撒き餌大量投入し、

右へゆっくり流れる潮にのせる。

 

 


じわじわ


怪しいけど、
ここで合わせ入れても

ここまで釣れていない。

 

スゥーーー


波で浮きシモっただけかと思ったけど、
明らかに浮きが海へ沈んでいく。

こりゃ当たったと思い、
マダイが走ってからの後ろ合わせを
試してみる。




ベールを開けて、

魚が走るのを待つ。





パラ…パラ…

パラパラパラパラッ


ここでクィッと合わせ。




グーーーン!


あまり強くはないけど、

ガン…ガンと竿たたく具合は、
赤いのかも。


中層を横に少し走ったけど、
なんなく寄ってきたので、

すぐにタモ入れ。

 



マダイ38cm!!

 



写真だと見難いけど、
針はしっかりカンヌキを貫通していた。

先週のマダイでは、
沈め探りグレ6号針の早合わせで、
喉奥に掛かってたけど、

今回のマダイクワセSSは
カンヌキ。

 

先週に続き、
無事、二匹目のマダイをげっと。

いままで散々釣れなかったし、
やっぱりマダイは嬉しい。

 

 

 

 


ラスト一投のつもりやったけど、
わずかに残ったエサで、

大型追加を狙い
もう一投。

あやしいモゾモゾあるも、
これはエサだけ取られて終了。


片付けて、
足元流して、20時撤収。



春のグラドル。
ピンク色。

 

卵はありましたが、
かなり小さめでした。

 

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

|

« チヌ狙いの田辺の堤防・眼鏡メガディス | トップページ | 2019島ノ瀬ダムの桜&田辺の身近な桜 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

師匠さん、度々ボラを掛けているのが面白いw

遅合わせって身構えてやるもんだから、たまに見当を間違うと「こすれてるー!(笑)」ってなりますねよね。じぶんだけ?(^^;

素直に沖へ出てくれれば楽なんですけどねぇ

投稿: さんインチ | 2019年4月12日 (金) 午前 09時30分

さんインチさん>

そうですよね。

遅合わせって、
根に突っ込む魚相手だと、

切られる可能性高まるとも思います。


浮きの沈みはゆっくりでしたし、

マダイなら中層を走ってくれるはず!?と、
他の魚種は考えないように決めて、

2-3秒ほど走らせてからの
遅合わせにしてみました。


エサくわえて、
ゆっくり泳いだのち、

針が掛かって走った?という予測です。

それが成功してか、
影響ないのか分からんですけど、

結果はカンヌキ取られたってことで、
次もやってみようと思っています(^^)

投稿: スー | 2019年4月13日 (土) 午前 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チヌ狙いの田辺の堤防・眼鏡メガディス | トップページ | 2019島ノ瀬ダムの桜&田辺の身近な桜 »