« マダイ追うものはガシラを得る | トップページ | 新しい相棒「アトレーワゴン」がやって来ました!! »

2019年3月27日 (水)

太地内湾地磯の「尺」事情


2019年3月24日 日曜。



家の換気扇壊れてたのを、
修理してもらったのち、
釣りへ出発。





師匠が行ってみたいと言っていた
串本の港へ。





 

 



12m越えの爆風にもかかわらず、

堤防先端の赤灯まわりには
沢山の釣り人。




それも家族連れまでいるし、
なんだかギュウギュウだし、
ビュービュー。




爆風過ぎて、
師匠は釣りシンドイみたいなので、

別の場所へ。

西風爆風なら、
紀伊半島の東側のがマシやろなぁーと、

いくつかポイントを見ながら北上。

 


師匠の希望で
太地周辺を調査しつつ、

やっと良さげな地磯へたどり着きました。




ホエール南南東地磯へ13時半着。
マニアックで、
実際の名前とかまったく分からない場所。



車から徒歩2分ぐらいの
楽ちんポイントです。




内湾で、
潮通しは悪いやろうけど、

シモリ多いので、
何かしら釣れるだろうという判断。



結局は、風7mほどで、
そんなに釣り易くもないけど。

*************************************************

 

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:minami競技スペシャル G2
   →斬獲 0
オモリ:適宜・オモリ付き潮受けゴムも使用
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
    →エクシード 3号道糸直結
針:競魂グレ 5号
  →一刀グレ 6号
  →ヒネリグレ 6号

刺し餌:生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    グレの舞・フィールドグレ

*************************************************

風強いので、
0は諦め、G2スタート。

針は新しく買ってみた競魂5号。

 

短軸の針をあまり使ってないので、
買ってみました。

結果は、針掛かり良かった感じでした。


 

棚設定は4mの誘導仕掛けで開始。





一投目からコッパちゃん。

内湾やし、やっぱりこの時季群れてるんかなぁーと
思ったら、
その次には僕には釣れず、



師匠がコッパグレを2連続。

僕の方はと言うと、



底スレスレの場所へ流れて、
光輝くベラ様。



宝石のようだが、
リリーチュしておく。

 



棚深くし過ぎなのかと、
ちょっとずつ浅くして

ハリス分の3m。



なにかに針を取られて直後。



やっぱグーフー。
こいつらもおるのね。



エサの取られる率が高いけど、
当たりでにくいので、

浮きはハリスに入れて、
1.5mからウキ止め3mまで誘導の設定。



15時。
師匠がちょい良型のコッパ25cmを釣る。

師匠は固定仕掛けで、
やはり当たりが出やすく、

ただ、針掛かりはあまりしない状況。





やっぱ30cm越えのグレおらんのかなぁーと
思ってたら、





シュッ!!





浮きが消込み、
咄嗟に合わせ。





スカ





 


はぁー!?






 

良い当たりだったけど、
まったく手応え無く、

道糸がヒラヒラ揺れて、
浮きはプカプカ浮かんでいる。





回収すると、
ハリスの中間で切れており、

浮きが抜け落ちていた。



やけに強い大物なのか、
ハリスをフグにでもやられたのか。

 



大事な南さんの浮きを回収。





 



茶色く輝くベラ様。
お呼びでない。



針を大きく重く、
一刀グレ6号へ変更。




 

 

手乗りガッシー。
ちゃうちゃうちゃう。



隣にエギンガーさんがやってきて、
ご挨拶。


前日の夕間詰めに、
この場所でアオリのキロアップ釣れて、
また来てみたらしい。

内湾でシモリ多いし、
やっぱりアオリポイントなのね…。





夕間詰めのバラシタイム17時過ぎ。
この時には風は弱まり2mほどとやりやすい。

棚は4m設定の誘導。




15mほど沖の
波の模様が違うので、

その当たりを重点的に狙っていた。

 

 

シュッ!!




浮きの消込みに咄嗟の合わせ。



グイィィーーン!!





走る魚。

おそらく30cmは超えてるし、
なんかグレっぽい!?



根に突っ込むので、
レバーブレーキも使って応戦。




そんなに強くもないけど、
こりゃ獲ったらエエ魚やろっ!と。



浮いてきたのは金色。

金色の…グレ?
いや、アイゴか?

アイゴでもエエんやでー。





金メバルならもっとエエし。




…。

 

30cmを超えたデカフグ…。



隣のエギンガーさんは苦笑い。



デケぇけど、フグ。

尺フグやな。お前。





風も弱いので、
浮きは0号の斬獲へ。

バラシタイム対策でハリス3号。
針は緑色のヒネリグレ。


アオサ釣り的な色合いかなぁーと。






 

波の模様違う15mほど沖で
浮き消込み。



難なく上がってきた
コッパ25cm。

さっきの尺フグの方が、
よく引いたと思う。



もう、ありがたくキープしますよ。

最近、魚釣って食べてないし貴重。

 



左手のシモリ付近を狙い続けていた師匠が、

30cmのグレげっと!!






もう、これコッパ?とは、
言われないサイズ。

残念ながら白子はなかったけど。




そのまま、真っ暗になるまで粘るも、
グレと呼べるサイズの追加もなく、

エサ残りとなり、
18時撤収。





 

となりのエギンガーさんも、
この日は良くなかったようで、

同じ時間に撤収。




 


太地から田辺まで帰るの遠いわ…。

オークワで唐揚げ買って、
もしゃもしゃ食べながら帰宅。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« マダイ追うものはガシラを得る | トップページ | 新しい相棒「アトレーワゴン」がやって来ました!! »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

手のひらサイズのメジナしか釣れなくて、20ぐらいのサイズにすら嫉妬を覚えてしまいますw

太地では一度も釣りをした事が無いので、一回ぐらいは行ってみたいですね。この冬でも暖流の回りこみの影響で水温が高く良サイズのメジナがボコボコ揚がってましたから、冬の釣り場として面白い所だと思ってます。

昨日は、サンノジにテトラ潜り込まれてハリス切れ2回、ボラのバラシ3回で散々でした。ロッカク手前にある漁港でのボラチャンレンジはこれまで全戦全敗。手ごわいっ!

投稿: さんインチ | 2019年3月28日 (木) 午前 06時15分

さんインチさん>
この冬も太地の沖磯で
でかいグレ釣れてたみたいですね。

そんな話し聞くと、
地磯でも釣れるんちゃう!?とか
思ってましたが、
なかなか遠くて行かない場所でした。

今回は、かろうじて持ち帰りコッパグレです。


ロッカク(ヘキサゴン)手前の漁港行ってたんですね(^^)
僕は行ったことない場所です。

ボラが特に手ごわいポイントなんですね。
やけに強いボラって、確かにいますよね。

特殊進化したボラ軍団…。

はたまた地の利を活かす陣形を組む、
ボラ軍団…。

投稿: スー | 2019年3月28日 (木) 午前 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マダイ追うものはガシラを得る | トップページ | 新しい相棒「アトレーワゴン」がやって来ました!! »