« 大阪へ中古車見にいった過程含めてダラダラと | トップページ | 短文・赤い魚を求めて夜釣り »

2019年3月22日 (金)

バッカンの持ち手ハンドル切れて修復した時の話し

キーパーバッカン
「釣武者 IMPACT キーパーバッカン43」

釣りに行くときは必ず持っていっています。

釣行での使い方は、
水汲みバケツや道具一式を入れるのに使うのが基本で、



ヤエンの時は道具一式は、
別のプロマリンの撒き餌用バッカンに移し、

キーパーバッカンには、
活きアジを入れています。
キーパーバッカンとして、
釣ったあとの魚を入れるのには、

実は使っていません。
釣った魚は、
すぐに締めてバケツで血抜きしています。



このキーパーバッカンを
使う理由は、

道具一式を入れれるサイズがあるのはモチロンですが、

断熱効果があるので、
簡易的なクーラーボックス代わりになることが
大きな理由です。




ヤエンの活きアジを入れるにしても、
外気が極寒でも、

中の水温が下がりにくいので、
アジが弱りにくいという効果があると思います。

Kimg2604s

でも、問題はこの持ち手となるハンドル。

やはり活きアジを入れて、
海水も入った重たい状態ですと

かなりの負荷がかかるようで、

数ヶ月で片側がブチ切れました。


そもそも、
キーパーバッカンは、
「水を入れた状態で運ばないでください」と、

なっている訳で、

そりゃ、水入れてアジバケツ的な使い方してたら、
ダメだったみたいです。

それで、いったん、
適当なヒモを結んでハンドル代わりにしてたんですが、

あまりにボロボロ感があるので、
ちょっとまともに改造することにしました。

まぁ、ヘボ改造ですけど。




ホームセンターコーナンで、
細めのロープと透明ホースを

測ってもらい購入。


正確には覚えてないですが、

合計で300円前後だったかと思います。



ヒモを通せる穴の大きさに合わせて、
ヒモの太さを選びました。


ホームセンターの測り売りを利用すると、
利用している道具のあった太さ・長さが選べるし、

ヒモの種類によって強度も選べます。


100均で適当なロープとか買うよりも、
良いかも知れません。



ちなみに、
今回買ったヒモの種類名忘れましたが、

なかなか強度強くて、
水に濡れても問題なさそうなモノです。


透明ホースをヒモの中に通した状態で、

ヒモの両端を結んだら完成。



ヒモだけでなく
ホースを通す理由は、

握り心地がソフトになって、
指に食い込まない事と、

持ち手部分が、
ヒモだけよりも直線固形状となるため、

グニャグニャせずに掴みやすいというのがアルと思います。





ヒモがイメージしてたより、
細過ぎる見た目になったので、

ヒモ2重にホース通しても良いかも?とも思いましたが、


余分なヒモは買っておらず、
とりあえず、このままで。


ここ2ヶ月の使用では、
特に問題は起きてないです。



見た目ヘッポコでも、
使えてたらエエやん。という考えもありつつ。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

|

« 大阪へ中古車見にいった過程含めてダラダラと | トップページ | 短文・赤い魚を求めて夜釣り »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪へ中古車見にいった過程含めてダラダラと | トップページ | 短文・赤い魚を求めて夜釣り »