« 白浜・春ヤエン後編 | トップページ | 人並みにアレ »

2019年3月13日 (水)

荒れた海・寒グレ狙うも完全ボーズ

2019年3月10日 日曜。

小雨予報は一日中。


南東の風が昼から強くなり、
波も1.5から3mへと上がる予報。




悪天候やし、
波高くなったら危険なので、

それまでの勝負とする。




ゆっくりの9時出発。

田辺湾は凪で、
白浜ICから海沿いの国道42号線でも
凪の海。



風は3m程度で、
まだ釣りやすい。




ベタ凪だとダメだと思い、
ちょい波気ありそうな白浜町キャメリア地磯へ。




見える範囲は誰もおらん。

荒れてくる予報に警戒してか、
そもそもグレ釣れてないからか。




ちょいサラシある先端部分で開始です。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:グレックス G8
   →minami競技スペシャル G2
オモリ:オモリ付き潮受けゴム-G3
ハリス:スーパートルネード 2号・4.5m道糸直結
針:ファイングレ 5号
  →ヒネリグレ 6号

 
刺し餌:自家製ハード生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・
    チヌめぐり・釣太郎オリジナル集魚材(遠投)

*************************************************



狙うはグレですが、
釣太郎のチヌバトル特典で
安く買えた「チヌめぐり」も撒き餌に配合。




どうせ深場にグレおるなら、
チヌ集魚のほうが、
沈むの早くて良いかも?との考えもありつつ。






波気は適度で、
風は背中からとやりやすい状況。



まずは感度重視のグレックスG8で、
誘導仕掛け。



エサはしばらくすると取られるけど、
良い当たりは出ず。

棚6mスタートやったけど、
だんだん浅くしても、
当たり出ない。




固定仕掛けで棚3mにしてみる。

なんだかジワっと当たりでるようになるも、
合わせても素針。素針。



潮は右沖へ払い出しており、
そこへ乗せて、


右手に突き出たハエ根周辺狙いを基本として、

他の場所へも仕掛け入れてみたり。




昼前になるに連れて、
波風がJOJOに強くなってきた。




それにつれてなんだか、

上潮が早めに右へ流れて、
その下はゆっくり右へ流れてる感じ。




新兵器、
minami競技スペシャルG2を投入。

大きめで、ずっしり。
潮乗りも良いように感じる。




潮受けゴム-G3付けて、
誘導で初めたけど、

なんだか馴染みが遅い。

結局、固定仕掛けへ変更。




昼12時を過ぎて風7m。

右手の沖へ仕掛けを流している。
潮は当てて来ているけど、

浮きがとどまる場所を見つけてそこを狙う。




シュッ!

浮きが消し込む明確な当たり。



竿を立てて応戦。

ガン!ガン!ガン!



めっちゃ叩くやん!

と、思ったその時、


ふっ…





チモト切れでバラシ。

サンノジかイズスミだと思う。
そう思いたい。






針をちょい重めのヒネリグレ6号へ。




風が10m越えて15m近くまで上がってきて、
当て潮。

波もどんどん高くなる。



右手先端で
一度、波しぶきを被ったので、


安全のため、3段ほど左手の
内湾へ移動。






正面に小島があるので、
この場所へは波は直撃しない状況。





14時過ぎて、どんどん波が強くなる。

40cmぐらいのボラの群れが見えて、
5cmぐらいの小魚も見えるようになった。





足元のキワから潮に乗せて右へ。

そこにはサラシがあって、
浮きは右往左往。




カモメが水面のオキアミを食べている。



投入点を変えて、
タイミングを変えて、

ガン玉段打ちもする。




ヒラスズキ狙いらしき
ルアーマンさんが来たけど、
すぐに帰った。




15時過ぎる頃には、
エサも残るようになり、

それまでグレいるかも?との感じも、
なくなった。




眼の前全体が洗濯機状態。

もうアカン。






15時半撤収。

グレらしき気配はあったように思うけど、
そもそも完全ボーズ。

なにも釣れず。


波にイライラしたし、
風で仕掛けグルグルに絡まってイライラしたけど、


シブキが舞う海は
水色と深い青と泡の白が
刻一刻と変化して、

とてもキレイだった。




グレらしき当たりの時に限って、
合わせの反動と強風で仕掛けがグルグルに絡まり、


なんだよオイっ!!って、
叫んだ時もあったけど、

荒れた海はやはりキレイだ。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« 白浜・春ヤエン後編 | トップページ | 人並みにアレ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

ヘキサは検討がつくけど、キャメルが分からない~っ
特徴的な情景なので、ヒント多目なんですけどね
そして、動画で伝わる荒れの凄さですよ。これだと自分なら即撤収しちゃいますけど、サラシの中に何かいるんじゃないか?というのは良く分かります。
流れが早いとか、サラシで海中に出来た気泡の柱とか、釣り人にとってはファンタジーが詰まってるんですよ。

投稿: さんインチ | 2019年3月13日 (水) 午後 10時29分

さんインチさん>
ヘキサゴンもキャメリアの一部とも言えます。

おそらく、ヘキサゴン周辺を探索して頂ければ、
すぐに見つかるはずっす。

今回は中盤から荒れだったんですけど、
荒れの中での仕掛け操作の
練習も兼ねての釣行でした。

サラシの中にグレいそうだったんですけどね。


結果はボーズで無念です(≧ヘ≦)

投稿: スー | 2019年3月14日 (木) 午前 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒れた海・寒グレ狙うも完全ボーズ:

« 白浜・春ヤエン後編 | トップページ | 人並みにアレ »