« 白浜JM地磯・小雨の前編 | トップページ | 中古の軽箱バン探し中 »

2019年3月 5日 (火)

白浜JM地磯・1号に変えたけどガッシーばかり渡る地磯は

2019年3月3日 日曜の後半戦。

白浜町JM地磯の
先端のポイントで釣り。


すぐ右手の先端は
大波がかぶっており、

サラシ強くて、
仕掛けと撒き餌の同調がムズイ。



朝は小雨だったけど、
11時過ぎたらやんでいる。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:GTR L-B
   →グレックス G8
   →マーメイド B
   →斬獲 1号

 
オモリ:オモリ付き潮受けゴム-G3
ハリス:スーパートルネード 2号・5m道糸直結
    →スーパートルネード 1.75号・3m道糸直結
    →L-SE 2号・5m道糸直結
針:沈め探りグレ 6号
  →ファイングレ 5号
  →寒グレ 5号
  →沈め探りグレ 4号

刺し餌:自家製ハード生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・アミエビ・
    グレの舞

*************************************************



B浮き誘導誘導仕掛けで、
ガン玉段打ち。

針をもっと小さく重くしようと、
寒グレ5号から沈め探り4号へ。




サラシの切れ目から、
25m沖の遠投まで。


特に変化なし。

餌はカジラれるけど、 5cmほどの小魚の群れか、ボラか、

グレだったら熱いけどわからん。




この時点で、
ボラが寄ってきて、

だんだん撒き餌にしつこくなってきた。






刺し餌は棚4m程度では残ることが多く、

8mほどまで沈めると、
明らかに取られる。




この時間まで、
大波のタイミング・サラシに翻弄されてきたので、

思い切って、重めで。





斬獲1号に水中ウキ-0.8号。

さすがの重さで、
サラシにそのまま投入しても、
しっかりウキ止めまで沈んでくれる。




ここから連発しますよっ!!


ガシラ。


カサゴ。



アラカブ。




ベラ。






あぁーあ…。

疲れて昼寝。




旅行らしき女子大生軍団が近くまで
キャーキャー言いながらやってきた。


海めっちゃキレイくない!?




うわぁ~波あぶなぃ。
落ちんといてよ。




あまりジロジロ見たら、
変質者のモジャモジャが通報されそうなので、

Gカップかは未確認。

疲れてたし寝てました。





寝起きの15時過ぎに、
左隣のフカセ師のお二人は撤収。



その更に左の横面には、
夜が明けてからやって来た釣り師さん。
まだ多数。




釣り再開で、
ガッキー(新垣結衣)。


棚10m設定だと、
主にガシラが釣れる。



6mほどまで上げると
餌残り。





とりあえずサラシの中でも
仕掛けは棚まですぐに沈むので、

グレは浅いボラの所にいるかもと、
あえて棚5mほどまで上げて
待ってみたり、

道糸張って
沈めたり、波で引っ張られて浮いてきたり。





ダメダメダメ。

だんだん仕掛け変更が面倒になってきて、
疲れて来てるけど、

やっぱ変える。

とにかく変えんと、
経験値は上がらん。






16時。

夕間詰めのバラシタイムに備えて、

ハリスを1.75から2号へ。
スーパートルネード無くなったので、
予備のL-SE。



浮きはマーメイドBに
水中ウキーB。

針は小さく重くて太い
沈め探り4号。





ここまでのガシラは、
スイーと浮きに反応見せるも、

引きなんてなく、
ちょっと重い程度。


サンノジでもエエから
デカイの掛けて竿を曲がらせたい。





しかしこの頃から、
餌残りがちとなる。



棚をまたJOJOに下げて10m。

上げて5m。




左手のお二人がいなくなったので、
その仕掛け安定しやすいポイントを
主に攻めるが、

ボラが見えるだけ。

朝の内がやっぱり良かった感じがする。



暗くなるにつれて、
ボラも見えなくなった。



何も引き出せないまま、
18時前に暗くなったので、
片付け。



左手のフカセ師さんお二人は、
撒き餌を流さずに帰ったので、

流しておく。





翌日の予報は雨。

雨だから流さなくて良い考えなのかも。





天気予報ってやつは、
そんなに当たらないって知ってるから、

僕は必ず、
撒き餌はある程度は流すようにしている。


いま大雨が降ってるならまだしも、
予報は予報。




それでも

凸凹が多かったら、
完璧に流すまでせず、

雨に頼ることもある。




そんなサジ加減なんてのも、
僕の勝手やし、
人のことは強く言えないけど、

それぞれが、
やりたいようにやるだけ。

ただ、まったく流さないのは嫌いってだけ。




GOMIを少しだけでも拾うのも、
頭文字Gだから。



そういや、
グレも頭文字G。


またまたGの白子にはありつけなかった。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« 白浜JM地磯・小雨の前編 | トップページ | 中古の軽箱バン探し中 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

気付けば3月、キーホルダーサイズより少し大きなカサゴ君の時期になりましたね~。でももう夜のスキマ探りとか嫌でやりたくない~。でもたまに、25cmを超えるカサゴが獲りたくなる。

磯場の清掃大切ですよホント。でも、落ちてるものから何釣りしてたか想像するの好きなのと、太い仕掛けの残骸は針とか収集してるんで面白いですね。電池だけは勘弁ですがw

投稿: さんインチ | 2019年3月 5日 (火) 午後 11時27分

さんインチさん>
25cm越えのガシラ良いですよね(o^-^o)
今回のは12-20cmぐらいのサイズでした。

ゴミ拾ってて、
電池あると、げんなりしますね。
液漏れしてたり、錆びてたりしますし。


太仕掛け見つけると、
この場所に大物おるんか!?と、
ちと興奮もしますが、

ゴミ捨ててくんじゃねぇーよと、
別の興奮も覚えたりします(*゚▽゚)ノ


ふいに落としてしまった仕掛けなら
許せますけど、

エサ袋とか…おいおいおいっ。


マイティアCL落ちてたときは、
本気で広瀬すずに謝れっと思いましたよ。

投稿: スー | 2019年3月 6日 (水) 午前 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白浜JM地磯・1号に変えたけどガッシーばかり渡る地磯は:

« 白浜JM地磯・小雨の前編 | トップページ | 中古の軽箱バン探し中 »