« 白浜JM地磯・1号に変えたけどガッシーばかり渡る地磯は | トップページ | 寿司を求めてスシローへ行ってみた »

2019年3月 6日 (水)

中古の軽箱バン探し中

今年2019年の7月には、
いま乗っているフィットが車検となる。

前回の車検では、
ベアリングの部品交換や、
タイヤ交換も必要となり、

14万円ほどかかった。

まだ、大阪市内に住んでいた頃。

平成14年式のフィットを
中古で買ったのは、

車体価格20万円以内で、
走行距離も短く、

やはり軽自動車よりも
安定した走りで、

大阪から和歌山まで通うのに、
ストレスが無かったから。

月3回におよぶ和歌山通いには、
かなり活躍してくれた。



でも、僕はそれ以前は、
軽の箱バン乗りで、

サンバークラシック・アトレーワゴンと、
乗り継いで来ていた。


軽の箱バンは、
やはりフィットよりも積載スペースが広く、

視界も良いし、
力無い走りでもロードムービー感があるしテンションが上がる。




釣りをまだやってない頃は、
休みになると、軽箱にのって、

なんの理由もなく海の近くで車泊して、
ギター弾いたりしていた覚えがある。



最近は、南紀の近場ばかりに釣りに行くので、
たまにはちょっと遠出で、

車泊もまじえてお金を抑える釣行旅行を
とてもしたくなってきた。



それも箱バンってやつは、
天井が高いので、

床下に収納をつけるように改造すれば、
釣具を積んだままで

ベッドスペースも確保できると、
分かってきた。




キャンピングカーあったら最高やけど、
いまの僕の収入では、

買うのも維持するのもシンドイし、
やはり寝床と荷物スペースだけ確保して、

お風呂は日帰り温泉。
料理はせずに買って食べる方法が、

もっとも安上がりで、
遠征もしやすいかも?と思っている。




それも軽なら税金・保険料も抑えられるし、
フェリー代も安くなる。



でも問題は、
軽自動車は消耗に弱い事と、
フィットなどの乗用車より車体が高いってこと。



最近はしばらくカーセンサーや、
Gooネットなどで掘り出し物がないか調べている。

走行距離8万キロ以内で、
AT・できれば4WD(梅仕事で山道も走るので)。

ハイルーフ。

傷は無いほうが良いけど、
ちょっとぐらいなら気にしないタイプ。



望めばキリがないけど、
値段との兼ね合いかなぁーと。







ネットでは情報多すぎるし、

良い車はやはり早く売れてしまうので、
並び替え順は「新着順」で見るのが、

ベストだと思っている。



車種はアトレーワゴン・バモスホビオが良いとも思いつつ、
エブリイワゴンも良かったりするし、

年式・走行距離で迷いつつ。
とにかく安く買える掘り出し物を探したいモジャ野郎となっている。




いまのフィット買うときは
販売店届け出の別車両間違いや、
それによる納期遅れや、
ナビぶっ壊れでの嘘つきやーん問題もあったので、

そんなの次はないように
したいと思いつつ、

楽しんで車を探している。



バッカン仕舞える床下収納と、
ベッドとカーテンと。

改造もかなり手間やし、


車体も以前やったみたいに、
変な色に塗ったりもしたいし、

おもちゃ感と、
実用性が楽しみ。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです



|

« 白浜JM地磯・1号に変えたけどガッシーばかり渡る地磯は | トップページ | 寿司を求めてスシローへ行ってみた »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古の軽箱バン探し中:

« 白浜JM地磯・1号に変えたけどガッシーばかり渡る地磯は | トップページ | 寿司を求めてスシローへ行ってみた »