« 短文・すさみ地磯でボラの飼育 | トップページ | 串本湾内磯で寒グレ狙うも違うだろのやつ »

2019年2月12日 (火)

太地ホエール堤防・短時間フカセ

2019年2月9日 土曜。

気分転換の小旅行で新宮へ。

その後は、やっぱり釣りしたいので、
新規ポイント調査へ。


和歌山県太地町ホエール。

観光船乗り場から右へ歩いて5分ほどに地磯あり。

石の野積み堤防があって、
その先がそれなりに広い地磯。

凹凸は少なく歩きやすい。

地磯へ到着して
振り返るとこんな感じ。

水深はあまり無さそうやけど、

沖にシモリもあるし、
それなりに魚をいそうな感じがする。


徒歩5分ほどで地磯へ行けるけど、

運転で疲れたし、
寒いし、

どうせ1時間ぐらいしか釣り出来ないしで、

観光船乗り場横の小さな堤防で
フカセする事にした。

先端には、
先行者さんがいたので、

中間地点にて16時半開始。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:グラビティ G2
オモリ:G2+なし-G4を1個
ハリス:L-SE 2号・3m道糸直結
針:沈め探りグレ 6号
刺し餌:生オキアミM・自家製ハード生オキアミM・
     ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・アミエビ・
    グレの舞・釣太郎オリジナル集魚材(遠投)
*************************************************



全誘導仕掛けで
ハリス3mで開始。

魚見えないなぁーと、
思っていたら、

あっという間に小魚の大群が押し寄せてきた。


浮き当たりのでないまま、
くっついていたカタクチイワシの幼魚。

そんな小魚の大群はおるけど、

餌は残ることが多い。



10m先から足元まで、
探るも良い当たりなし。

沈め過ぎて、根掛かり発生。





真っ暗になる前。17時半。



ボイルさえも、
よく取られる状況となり、


棚5mほどまで下げていたのを、

ちょこちょこ上げていき、
結局、当たりで易い固定仕掛けへした。




無理やり固定感…。

爪楊枝長すぎた。





当たり出るかなぁーと思いきや、

固定仕掛けの棚3mでは反応なく、
JOJOに下げて、
4.5mまで。



何もないと思ってたら、
少しカジラれてたり。


真っ暗になりかけたので、
18時前に撤収。





このホエールという場所の
船の横にあるトイレは綺麗やし、

原っぱみたいな駐車場に車停めて寝るにも、
なかなか良い場所やと思いました。




近くの「道の駅たいじ」も、

建物含めて綺麗やし、
車泊には良いかもせんです。


----------------------------------------


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです



|

« 短文・すさみ地磯でボラの飼育 | トップページ | 串本湾内磯で寒グレ狙うも違うだろのやつ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太地ホエール堤防・短時間フカセ:

« 短文・すさみ地磯でボラの飼育 | トップページ | 串本湾内磯で寒グレ狙うも違うだろのやつ »