« グレボーズ・かろうじてイズスミ釣れたから良かった | トップページ | 第一回・肉まんを賭けたグレ釣り大会(キープゼロの二人)・後半戦 »

2019年2月20日 (水)

第一回・肉まんを賭けたグレ釣り大会(参加者・初老2人)・前半戦

2019年2月17日 日曜。

朝の暗いうちから眼鏡君と出発。




北西の風4mの予報で、
頑張ればどこでも何とか釣り出来そう。




海沿いを走りながら、
串本のEBS地磯へ。


やはり人気ですでに釣り人が沢山。





ちょい戻ってTO地磯。

ここなら行けるかと思いきや、
車5台ほど。



狙いのポイントにもすでに3人の釣り人が見えて、
こりゃ無理。




南下してAZS地磯へ7時半着。

車もすくなく、
ポイントも空いていたので、
ここで釣りする事にした。



以前にも会ったらしき、
帰ってきたおじいちゃんルアーマンさん。

青物とヒラスズキを狙って、来てるみたい。



お話しを聞くと、

最近はグレはアカンと。


それでも、前日には
左手の潮通し良いポイントで、
夕方まで粘っていた人はおったとのこと。

グレ釣れたかは不明。



その一番左先端は空いてたけど、
波が強すぎるため、
一段手前の以前に師匠と釣りしたポイントにした。



この日は釣果目標ではなく、

眼鏡君の提案で、
グレ釣り勝負をすることにした。




グレの一匹長寸勝負で、
釣りの最後に並べて どちらが大きいかを比べるガチンコ勝負。




微妙な差なら、
殴り合いのケンカになる予定…。


なんと、勝者は、
肉まんを1個おごって貰えるという…
コレは熱い戦いですよ。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:斬獲 G2
   →サイト B
   →テチ飛 B
   →南浮き グレスペシャル 00

オモリ:適宜・段打ちも実施・オモリ付き潮受けゴム
ハリス:スーパートルネード 2号・10m道糸直結
針:ファイングレ 5号
  →ファイングレ 6号
  →一刀グレ 6号
  →ファイングレ 6号
  →一刀グレ 7号
  →沈め探りグレ 6号
  →沈め探りグレ 4号

刺し餌:生オキアミM・自家製ハード生オキアミM・
     ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・アミエビ・
    グレの舞・釣太郎オリジナル集魚材(遠投)

*************************************************




高場に僕が立ち、

眼鏡君はその左の
波上がることもあるけど、
眼の前に水深とシモリがあるポイントへ。





潮はよく動いているようなので、
馴染みやすいように
斬獲 G2に潮受けゴム-G1の誘導。

針は軽めのファイングレ 5号。





開始早々、眼鏡君がコッパグレを釣る。
こりゃ、いきなりリードされた感じ。





僕の立ち位置から見えるシモリは
15m以上の沖なので、

その当たりをなるべく狙うようにしている。




撒き餌には、
何かが群がっているようだけど、

刺し餌取られるも、
明確な浮き当たりが出ない。




ラインをなるべくまっすぐにしたまま、
流すように意識して、


コッパグレ。
ちっせぇーー。





撒き餌の打ち込みが下手なので、
なかなか上手くいかないけど、



撒き餌との同調ができれば、
浮き当たりが明確に出る。

じわぁーに合わせ入れても、
ぜんぜん掛からん。





たぶんコッパグレが群れていて、
誘導やし、
糸張らないと当たり出ないのか?と思いつつ、

ライン操作しても、
上手くいかない。





針を少し大きく、
ファイングレ6号へ。




数投するも、
状況変わらず。






この状況で、
すぐに針大きくしていったら、
掛かり易くなるんかな?と、

実験もかねて、

更に大きく一刀グレ6号。




浮きはジワるも当たりとならず。




なんとか、
コッパグレ18cmを追加。

針を大きくしたけど、
良くなったとも悪くなったとも分からん。





チョリソーホットドッグ食べて考えても分からん。

美味しいだけやわ。




この時、当て潮気味となり、
仕掛けが手前へ寄ってくる。

磯際に大型グレおらんかー?と、
長めに流していたら根掛かりして、


斬獲G2をロスト…。
回収不可。





10時過ぎて風が更に強くなって10m越えたり、
風がやんだり。

もっと仕掛け重くしたほうが、
馴染むかも…。



特売浮きであるサイトBに潮受けゴム-B。
針は小さくもどしてファイングレ6号。




で、またまた根掛かりして、
針だけロスト。




どうせ変えるなら。と、
この日の最大の針、
一刀グレ 7号へ。


ニシキベラ。



ホシササノハベラ。


ベラげっと率向上なり。






さておき、ここまで、
餌は取られやすい高活性状態が続いている。

ベラは当たり出やすいやろうし、
おそらくコッパグレが大量に群れているっぽい。





眼鏡君はたびたびコッパグレ釣ってるみたいやけど、
あとはやっぱりベラも多いみたい。





僕はガッシー追加。

誘導で、底付近まで沈ませている。





干潮10時半を越えて
11時半まえ。

左手の内湾狙いに変えた眼鏡君。
浮きごと持ってかれるブチ切られ発生。

突如、竿ごと引き込まれ、
ドラグ出ることなく切られたらしい。




グレかは分からんけど、
テンションが上がる。



やっぱ昼釣りでも、
でかいの釣ったりたいし。

モンスターの存在が分かると燃えてくる。





針を大きめで重めの
沈め探り6号へ変更。




当たりは多い。

道糸を張れてれば浮き当たり出やすいけど、
なかなか掛からない。




固定仕掛けにすれば、
当たりは出やすいやろうけど、

浮きの穴が大きすぎて、
爪楊枝で固定出来ず。




浮きを変えれば良いとも思うけど、
あえてのウキ止めまでの誘導のままで、

ゆっくり沈めて、
ライン操作で当たりを出やすくする作戦。






このあと、夕間詰めまで粘るも、
グレ釣れなかったですが、

長文になって疲れたので、
後半は別に書きます。




肉まんのために勝ちたいけど、
もうこの時すでに、それはほとんど忘れていた。

とにかく30cmオーバーが釣りたい。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです




|

« グレボーズ・かろうじてイズスミ釣れたから良かった | トップページ | 第一回・肉まんを賭けたグレ釣り大会(キープゼロの二人)・後半戦 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一回・肉まんを賭けたグレ釣り大会(参加者・初老2人)・前半戦:

« グレボーズ・かろうじてイズスミ釣れたから良かった | トップページ | 第一回・肉まんを賭けたグレ釣り大会(キープゼロの二人)・後半戦 »