« 串本苦戦の中で眼鏡君が釣った一匹の重さと名言の重さ | トップページ | 流れ早いなかで1号浮き水中-0.8号でも釣れなかった日 »

2019年1月22日 (火)

ベタベタの凪で何も起きない釣り

2019年1月20日 日曜。

最近はいつもフカセばかりやし、
末裔も田辺に来てるので、

ちょっと違う釣りをしてみることにした。



釣太郎みなべ店で活きアジ仕入れて、
田辺市HY港の赤灯側へ7時着。



ボチボチ釣れることもあるらしき
メジロ狙いをするのは、

末裔と師匠。
活きアジを使っての飲ませ釣り。




僕は魚寄せ担当も兼ねて、
いつも通りフカセ。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:ヒワイ浮き 0・
   →斬獲 0(鉛貼り付け)
オモリ:G2+なし-G4を1個
ハリス:トヨフロン L-SE 2号・5m道糸直結
針:ファイングレ 4号→5号

刺し餌:自家製ハード生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    釣太郎オリジナル遠投集魚材

*************************************************




朝の時間帯はベタベタの凪。

午後から強風になるらしいので、
釣太郎オリジナル遠投集魚材を買ってみた。


かなりしっかりまとまって、
遠投がし易い。


アミエビ無しでも、
十分まとまりが良い感じ。

前日の強風での釣りで使ってたらなぁーと悔やまれる。





普段使ってないヒワイな浮き(安売りのやつ)で
全誘導で様子見。



ときおりパシャっと
水面に出る小魚がおるけど、

ソレ以外はまったく魚の影さえ見えない。




オモリ無しでも
仕掛けはかなりゆっくり沈む。

ハリス3mから沈めていくと、
いつの間にか餌が取られている。

浮き当たりない。




かなり深い棚で
何かが食ってるらしく、


早めに回収すると、
餌残り。





より深い棚を攻めやすいように、。
潮受けゴム-G5を付けてみる。

相変わらず、
長めに仕掛け沈めたままキープしないと、
餌が取られない。




海鵜がなんどもダイブを繰り返してるのが見える。



小魚はかならずおるやろけど、
逃げ回っていて撒き餌にもあまり寄ってっこないのか、
何なのか。





末裔と師匠の飲ませ釣りは
何も反応がない。

と、思って回収すると、


アジにクチバシらしき噛み跡…。




それも師匠のアジにも
しばらくしての末裔のアジにも。




海鵜にやられて、
アジ激弱り。

海鵜は相変わらずダイブ継続中。





サギもやってきて、
こちらを見ている。






ふと、末裔。


アジがサギにあって
天に召されるかも知れないですねー。



何やヤヤコシイけど、

要するにアジがサギに食われて、
そのまま竿ごと空高く舞い上がる可能性についての話し。




凪のフカセで浮きの動きが見やすいので、
秘密兵器を試してみることにする。




ボリ兄さんがわざわざ説明してくれつつ
改造してくれた浮き。



安売りの浮きに
板鉛を両面テープで貼り付けて、

浮きごと沈めて使う仕掛け。




潮と仕掛けの重量を考えて、
現場で鉛の切り貼りをして、

沈む速度を調整するらしい。





斬獲 0にとりあえず
貼り付けてくれた2枚の鉛やと、

水面スレスレでキープ。




試しにもう一枚の鉛を貼り付けると、
ゆっくり浮きが沈んでいった。



浮きとハリスが横に並んだまま
沈んで行くような状態が良いと聞いており、


それに合わせて鉛を少し切ったりして、
調整するらしい。




調整の具合も分からないので、
とりあえず底までゆっくり沈めて様子見。



それにしても魚っけがなくて、
餌まる残り。





3人とも何も起きないまま。
10時過ぎに撤収。




凪から少しずつ風が吹いてきて、
霧が景色にかかっていった。




もう昼間なのに
夕暮れのような景色でなんか不思議だった。


そしてこのあと、強風荒れた天気に変わっていった。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« 串本苦戦の中で眼鏡君が釣った一匹の重さと名言の重さ | トップページ | 流れ早いなかで1号浮き水中-0.8号でも釣れなかった日 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベタベタの凪で何も起きない釣り:

« 串本苦戦の中で眼鏡君が釣った一匹の重さと名言の重さ | トップページ | 流れ早いなかで1号浮き水中-0.8号でも釣れなかった日 »