« ダイワ・セミハードロッドケース「138R」購入しました | トップページ | 串本水没地磯・昼から活性上がる寒グレ »

2019年1月16日 (水)

ボラギノールを一日に10本注入した日(ウソ)

2019年1月13日 日曜。

眼鏡君と意見一致にて、
先週釣果の良かった白浜町コッコ地磯へ。



良い場所に入ろうと
夜明け前に着いたのに、

すでに沢山車が停まっており、
おそらく1時間以内の差で、

狙いのポイントには入れなかった。


考えることはみんな同じで、 来た時間も同じぐらいな感じ。



こないだの高台も空いてたけど、

別の高場ポイントへ。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
    シマノ ADVANCE ISO 1.5号改 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:GTR M 0シブ
   →ピースマスター 0
   →テチ飛 B   

 
オモリ:適宜・オモリ付き潮受けゴム
ハリス:スーパートルネード 2号・10m
    →1.75号・10m道糸直結
針:ファイングレ 6号
  →一刀グレ 5号
  →スピード 6号
  →一刀グレ 7号

刺し餌:自家製ハード生オキアミM・ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・アミエビ・
    グレの舞・フカセ用集魚材

********************************************



朝の内は
まだ風弱めやけど、
波はそれなり大きいのが
時々バサーっと来る。



GTR全誘導で、
様子見の開始で。

0シブに潮受け-G5で
沈みをフォローするように。


ウキ下は3mほどで、JOJOに沈ませる。




すぐ左手にはり出た磯と、
強めのサラシ。

風は左へ吹いてるので、
やりにくい。




はり出た磯の先が
モゾモゾしてる感じなので、
その場所を狙う。




強風の合間で、
仕掛けがなんとか馴染んだらスーーっ。



ボラギノール1本目を早めの注入。
痔を治す時に使ったことを思い出す。


ってか、グレじゃなくて、
モゾモゾしてたのは、ボラの群れやった。





この日の釣り場へ向かう際に、
眼鏡君と話しをしてて、

ボラとグレは同じ棚で
捕食してることもあるかも?節が浮上。

ボラ釣れたなら、
その場所でグレ釣れるか
僕は試すことにした。







間もなく、

ボラギノール2本目注入。

同じ場所で。




眼鏡君は基本的に
足元狙い。

沖にはボラはいるけど、
なぜか足元までは寄ってこない。



だんだん風は強くなり、
仕掛けがとにかくなじまないので、

潮受けを-G3・-G1と重くする。

表層の潮は風と同じく左へ。

でも、その下は左へ行ったり、
右へ行ったり。




浮きは波に引っ張られて
シモるのか、当たりなのか。



波とは違うタイミングで
沈むのに合わせてボラギノール注入。



足元のサラシは強いので、
タモ入れも毎回難儀している。





好転しないので、
とりあえず仕掛け変更。

ピースマスター 0での全誘導。

潮受け-G5だとなじまないので、
-G3へ変更。




風で引っ張られるので、
浮きも手前に寄ってくるので、

水面に道糸付けたのち、
あえて道糸フケ気味で。



ハリスのウキ下も、50cmから4mぐらいで、
このあともちょこちょこ変えてみる。



20mほど先には
相変わらずボラ軍団が見える。






仕掛け流されて、
撒き餌と同調しているか、
分からないので、

撒き餌は浮き付近から、
左手の風下まで横一文字に撒く。



ボラがバシャバシャしとるなぁー。






ボラ軍団の中で、
浮きがシュッ!!




コッパおるやん!






やっとグレに近づいたと思いきや、
その後はコッパさえ釣れずボラギノール追加注入。

もう痔は治ってるのに…仕方なし。





この時点ですでにボラ5匹ほど釣っている。


もはや、ボラ二桁・10匹を狙う目標に変更。





またボラやぁーと思ったら、
大型グレやん!?って、
下心もあるけど、
それがダメだった。






針を少し重く、
一刀グレ5号へ変更して、

ボラの下にいるかもせんグレにも届くように…。




いつものボラギノール注入。




とりあえず、
シンドイので、ちょっと昼寝。

海の状況は良くないので、
いまのうちに休む。





昼寝して気分転換したので、

針もスピード6号へ気分転換。





波風が更に強くなり、
しばらく何も釣れない。


崖の上に登って海の様子を観察すると、
僕と眼鏡君の立ち位置の

25mほど沖にボラ軍団。





右手のフカセ師さんの前には
超・ボラ軍団がいる。



眼鏡君の狙っている足元周辺には、
なぜかボラが寄って来てなかったけど、

短い時間だけ、
ボラが寄ってきた。

そしてまた沖へ戻った。





僕は足元もときどい探るけど、
何も起きないので、

またボラのいる沖狙いへ変更して、
ボラギノール注入。





右手のフカセ師さんが変える準備をしてるので、
僕はそこへ移動。




状況を聞いてみると、
釣れたのはボラ・サンノジで、
良くなかったらしい。





針はもっと大きく一刀グレ7号へ変更。



移動してさっそくボラギノール注入。

もう注入しても何も感じなくなってきた。







風は爆風となり、
波も高くなってやりにくい。




眼鏡君が続投している高場ポイントは、
サラシで洗濯機になってきて、

超キツそう。




ココまで ハリスに傷を見つけ次第に切ってきたので、 10mだったハリスは4mほどまで短くなった。




全誘導から固定仕掛け試した際に、 直結部近くの道糸が潰れたようになったので、

ハリスを2号から1.75号の10m直結へ変更。


さらに、

風対策で、
新兵器投入。


テチ飛 B。
潮受けゴムも沈みの強いーBで
ある程度は馴染み易い。



デカくて重めなので、
ある程度は風を切って飛ばせた。







足元5mほど先まで、
ボラ軍団がギッシリ寄ってくる。



爆風の中で道糸をまっすぐにしつつ、
張りすぎないで流すようにを意識。



足元のキワで一回浮きが消し込んだけど、
針がかりせず。


速度のある入りだったので、
ボラじゃなかったかもせんけど、

なんとも分からん。






撒き餌の同調も何も分からんくらい、
上潮が風で左へ滑っている。


とにかく撒き餌は追加投入。
定めた足元ポイントと、

流された浮きの近くにも投入。




ボラギノール注入。




風波強くて、
ボラもやけに強いのが掛かり、

セルフタモしてたら腕が限界。




眼鏡君がタモ入れ助けてくれて、
ボラギノール注入。




状況厳しすぎるのか、
14痔半頃には朝からのフカセ師さんたちは、


みんな痔になったのか帰った。




これからが熱い注入時間なのに…。






先週、僕らが行った
高台ポイントには、

あとから来たフカセ師さんが二人続投している。




15痔すぎ。


ボラのバラシが一度あったのち、

めでたくボラギノール10匹目注入。





もはや注入が気持ちエエ。
もうどうにでもしてくれぇーぃ。




あまりの悪天候に
眼鏡君も、もう帰りたい感じでありつつ、

サラシだらけのポイントで
どうにかグレを釣るべく続投している。




もうエエかなと
片付けて撤収。





眼鏡君はこの日、
珍しくも完全ボーズ。


ボラのポイント狙わずに、
おもに足元狙いだったからだとも思うけど。




この帰る時間には、
風も少し緩んでやりやすくなって来ていた。


ここで続投したら釣れたのか、
ただシンドイだけだったのか。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« ダイワ・セミハードロッドケース「138R」購入しました | トップページ | 串本水没地磯・昼から活性上がる寒グレ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

スーさん、お疲れ様です。
ボラギノール 10本注入とは・・・。串本でも湧いてるんですね。高知でも湧いてましたよ。

 今日は、若い頃腕を磨いた近場の非常にグレの魚影の薄いエリアの沖磯に行って来ました。1級磯には乗らずに、敢えて2級磯に渡礁。今の自分がどれほどできるのかを試してきました。
結果は30弱のグレを3枚とバラシ2回でした。
朝一は磯際周辺を探り、徐々に中間距離、30メートル以上と探りをいれていきました。仕掛けも1,000釣法、GTRの全誘導(Jクッションあり)、00ウキにガン玉の段打ちしてピンピンに張っての釣り方等。
 結果として、アタリがあったのは磯際と30メートル以上の沖のみでした。バラシは2回共に磯際です。あまり深くは入れたくなかったのですが、一本半位でヒットして根ズレでやられました(泣)多分グレの45くらいかな?ハリスは3号にするべきでしたね。
 周りの人達もコッパだけみたいでしたね。でも1級磯に乗ってたら、かなりいけてた気がします。
今日はやり切った感は半端ないです。昼からは完全に意地になってましたから(笑)たまには難しいエリアで練習するのもいいもんですね。
来月はウグルに行ってきます。
スーさんも頑張って下さい。

投稿: | 2019年1月16日 (水) 午後 10時35分

シリの穴までコチコチのボラ派の自分でも10匹あげるまでにヘトヘトなりますわこれ(笑

コッコさんへ改めてお散歩に行ってきましたけど、右手の低い所へ思っていた以上に易々とアクセスできたのには驚きました。過去に行った時、大潮&満潮&うねりのある時だったから「あそこは行けない場所」みたいな印象を持ってたんでしょうねぇ。

横風ゴーゴー以外は、他の同じ方向を向いてる磯よりも全体的に釣座の制約が少ない印象を受けました。ちょいと頑張ってみますかね~。

投稿: さんインチ | 2019年1月17日 (木) 午前 04時26分


敢えて2級磯での試練釣行とは…、
僕なんかが言うのも何ですが、
さすがですね(*゚ー゚*)

「わいは○○(超一級磯)しかいかんのやぁー。」
なんて、自信満々な人もいたりしますが、

求道の心意気を感じます(´▽`)/

攻め方・詳細について教えて頂き、
ありがとうございます。

やはり磯際から広げていく方法が
セオリー・基本の流れという事なのだと、
理解しました。


ブチ切られ、燃えますよね。
僕もなかなかハリス3号使うこと少ないんですけど、

当たり少ないときほど…デカイ一発。

ウグルでの本戦、
安全で良い釣果を(o^-^o)

投稿: スー | 2019年1月17日 (木) 午前 06時57分

さんインチさん>
コッコ調査行ってきたっすね(^-^)


人気ポイントなので、
朝入るのは暗い時間になるやもせんですが、

逆に、昼過ぎからの短時間釣行で
行ってみると、

ボラギノールで疲れ果てた人たちが
いなくなって
「夕凪」の勝負も出来るかも知れません( ^ω^ )

距離も比較的近場なので、
僕はそんなことも企みはじめてます( ̄▽ ̄)
短時間での一手という…。

投稿: スー | 2019年1月17日 (木) 午前 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボラギノールを一日に10本注入した日(ウソ):

« ダイワ・セミハードロッドケース「138R」購入しました | トップページ | 串本水没地磯・昼から活性上がる寒グレ »