« ベタベタの凪で何も起きない釣り | トップページ | 2019年・熊野本宮へ初詣 白粥は頂くと良いと思いました »

2019年1月23日 (水)

流れ早いなかで1号浮き水中-0.8号でも釣れなかった日

2019年1月20日 日曜後半戦。


午前中はベタ凪やったけど、
午後から一気に風が強くなってきた。




末裔を駅へ送ったのち、
単独で田辺市MS堤防へ出撃。

14時半着。



北西強風7-10m。



堤防には誰もおらず、
手前の地磯や、

風を背に出来る5ポイントには
フカセ師さんがいる。


堤防左端にてフカセ開始。




*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:GTR L B
   →斬獲 1号
オモリ:適宜・オモリ付き潮受けゴム使用
ハリス:トヨフロン L-SE 2号・5m道糸直結
    →エクシード 3号・3m道糸直結
針:一刀グレ 6号

刺し餌:自家製ハード生オキアミM・生オキアミM・
    ボイルオキアミM
撒き餌:生オキアミM・ボイルオキアミM・
    釣太郎オリジナル遠投集魚材

*************************************************



撒き餌がかなり早く沖へ流されていくのが見える。

風は右斜め前から、
堤防全体に波がブチ当たって、

それが跳ね返って沖へ出ているのかも。




GTRの全誘導やけど、
Bで潮受けは-Bと重め。



投入すると浮きは
どんどん沖へ流されて、

潮受けは沈んでもすぐに浮き上がる。




道糸をかなり余分に出すと
少しは沈むけど、

風にも引っ張られるので、
どうにも上手くいかない。


刺し餌にも何も反応は無い。





こりゃ仕掛けを沈めないと何も起きなそうやし、
ガン玉をJOJOに足して、

G5を3つ段打ち。
ウキ下のハリスは3mの範囲。




それでもまだまだ。

ぜんぜん仕掛け馴染まないまま、
浮きがどんどん沖へ引っ張られる。





16時。

道糸操作ではどうにもならんと、

ラチがあかないので、
仕掛け変更。


浮きは斬獲 1号に、
水中浮き-0.8号。

ハリスは確実に獲るため
太めの2号へ。



最近付けていなかった
ウキ止め糸とシモリ玉も入れて誘導仕掛けへ。

これなら早く仕掛けが
ウキ止めのある棚設定まで早く沈む。




同調のタイミングもよく分からないので、


足元へ撒き餌を入れてから、
仕掛けを入れるタイミングを変える。




やはりグングンと沖へ流されるけど、
25mほど先で、

浮きがいったん安定して留まる場所を発見。





あの場所なら撒き餌と同調させれるかも!?と、

足元とは別に
25m先のポイントへも
遠投で撒き餌大量投入8発前後。

広い範囲に打ち込めば、
どこかしらで同調するかも?という考えもある。




釣太郎オリジナル集魚材(遠投)は、
しっかりまとまって遠くまで撒き餌を飛ばしてくれた。


他社のはあまり分からないけど、
僕が愛用している
グレの舞よりも遠投性が高いと思う。




それでも餌まる残りするので、
棚設定は5-mから10mまで下げていった。




いったん浮きが留まる25m地点から、
しばらくすると浮きが更に沖へ流れ出す。


かなり長時間流して
浮き当たりなく餌が取られることがある。






強風の厳しい状況だからか、
フカセ師さんたちが
次々と撤収。




でも、餌取られる事があるので、

どうにか一匹掛けれないかと、
撒き餌の場所とタイミングを変えてみる。





17時満潮前後も、
とくに状況変わることなく、

波風強く、
潮は沖へ早く流れるまま。




夕陽が沈んで、
浮きが見えなくなった18時前。

撒き餌が無くなったし、
さすがに諦めて撤収。




どうすれば一発のグレ釣れたのか。

あの状況でやらなかったのは、
棚1m以内の浅棚。




それなら短時間でも
撒き餌と確実に合わせれたかも知れない。




ただ、魚が浮いてるか分からないので、
それでひたすら粘るのも一手だったのかも知れない。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« ベタベタの凪で何も起きない釣り | トップページ | 2019年・熊野本宮へ初詣 白粥は頂くと良いと思いました »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

MO堤防でのボウズ録を待ってましたw
諦めて帰りたくなるサラシではないですか(><;

グレの舞なんですけど、練れば良さそうなんですが基本はフワッフワだった記憶があります。グレの舞どころかコマセの舞というか(笑
今の時期は、ネッチャネチャでスポーンを飛んでってくれるコマセの方がストレスを抱えなさそう。そうした中で、部屋に増えていくコマセの種類がね・・・

投稿: さんインチ | 2019年1月23日 (水) 午後 11時08分

さんインチさん>
たしかにそうですねー( ^ω^ )

グレの舞は
そこまで遠投効かない集魚材かも知れないです。

それでもコスパが良いのと、
遠投&拡散は悪くなく、
汎用性高いのでメインで使ってはおります。

でも今回は強風かつ潮早かったので
もっと遠投性能高いのが良さそうでしたね。

投稿: スー | 2019年1月23日 (水) 午後 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流れ早いなかで1号浮き水中-0.8号でも釣れなかった日:

« ベタベタの凪で何も起きない釣り | トップページ | 2019年・熊野本宮へ初詣 白粥は頂くと良いと思いました »