« キセル水没により買い替え | トップページ | ボラの焼き肉タレ漬け焼き »

2018年9月14日 (金)

ボラを焼いた洋食


「ボラの白ワイン レモンバターソテー」
を作りました。

要するに焼いた料理で、

レモンの酸味・バターの旨味。
そして白ワインの旨味・香りをプラスしていったものです。




今回のボラはニオイは少なく、
脂のりはまあまあ。

鶏のササミのような味わいとなりました。









身の弾力が強く、
捌いたときからブリっとしており、

火を通しても硬め。




もっと身を薄切りにしたら、
ソースや、他の野菜とバランスが取れたと思いました。



皮は、より硬ぁ~くて、ゴムに近い感じ。


これなら、皮だけ別に料理して、
線上に切ってミミガーみたいに使うと、
良かったレベルでした。



まだ、試作段階ですが、
今回の料理の作り方も書いておきます。




「ボラの白ワイン レモンバターソテー 試作1」

①食材の下処理

釣り場で絞めて血抜き。

その後、内臓と鱗と頭を取り、
持ち帰りました。



三枚おろしにして、
切り身にします。

一緒に焼く野菜も切っておきます。

今回は、水ナス・シメジ?的な名前忘れたキノコ・ニンニク。


②焼く(ソテー)

オリーブオイルにニンニクとオレガノを入れて
弱火で香りを出します。

そこへボラの切り身を入れて塩・コショウで下味。

ボラは皮面を先に下にして焼きます。





ボラの皮面にこんがり焼き目が付いたら、

裏返し、

水ナス・シメジ?(名前忘れたキノコ)を入れます。





時折、裏返し、
食材全体に軽く焼き目がつくように焼いたら、
白ワイン投入。



水分を飛ばしつつ、
全体に絡めて、旨味・香りをつけます。





食材が食べれる程度に柔らかく焼けたら、

バターを入れ、
溶かしつつ、レモン汁もふりかけます。

ここで塩・コショウも少々。
全体の塩味を整えます。

バターが溶けてきたら完成です。





僕は最近、
色々な魚でこんなソテーをよく作っています。
香草は今回オレガノですが、
パセリでもバジルでもローズマリーでも。
  
または香草は入れなくても
大丈夫です。




ニンニクはコク・旨味が増しますので、
入れた方が好きですが、
入れないと、より素材の味が分かるので、
魚種によっては良いかも知れません。


香り良い魚なら、
よりニンニク無しが美味しいかと思います。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« キセル水没により買い替え | トップページ | ボラの焼き肉タレ漬け焼き »

釣食レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボラを焼いた洋食:

« キセル水没により買い替え | トップページ | ボラの焼き肉タレ漬け焼き »