« 祝・ブログ50万アクセス!ありがとうございます!! | トップページ | 大阪」北部で震度6弱・さらなる大きな地震へも警戒を »

2018年6月17日 (日)

素材を活かし遊び心もあるフレンチイタリアン「KOKAGE」ディナーコース

師匠が前から行きたがっていたお店、

「ベーカリーレストラン KOKAGE」

夕食を食べに行ってきました。


場所は国道42号線バイパスの
すき家のある交差点から県道207号線を北上し
道なりに走った右手にあります。




「KOKAGE」のメインはパン屋さんですが、
ランチや、ディナーレストランもされています。


それも今年2018年から一組限定での
ディナーコースを初めたそうです。

ランチは予約不要のようですが、
ディナー(夕食)は前日までの電話予約が必要なようです。




普段のパン販売スペースの
照明は消えており、
奥のレストランスペースのみの明かり。

なんだか、特別感があって良い感じです。





こちらは師匠と僕の二人組と
少ない為もあるのか、
お店の人は店長であるシェフお一人のみ。

調理から配膳、
接客までお一人でされていました。
なんか、本気を感じてスゴく良いなぁーと
思いました。



大阪中之島のフレンチで
3年半修行されているらしく、
めっちゃ楽しみ。





この日にお願いしたのは、
3700円のディナーコース。

お肉料理だけ
鶏・豚・鴨の3種類から選べたので、
鴨でお願いしました。



ガツガツのフレンチかと想像しましたが、
この日はフレンチ・イタリアンなコースです。






・アミューズ(お楽しみ)
 左から
 「イカとラタトゥイユ」
 「ハモ」
 「イサギのカルパッチョとビワ」



「イカとラタトゥイユ」
アオリイカは半生で心地よい歯応えと、
旨味がしっかり。
ズッキーニ・パプリカともに、
すべて小さめのサイコロ状に切られていて、
一体感があります。


トマトソースはじんわりと美味しく、
全体を包んでいます。

アオリイカの使い方として、
ラタトゥイユに合わせる方法も
あるんやなぁーと。




「ハモ」

写真だと分かりにくいですが、
外からイタリアンパセリ・
生ハム・ハモ・梅肉・西洋わさび…
あ、正確には忘れましたが、
まだ何かあったような…。



いろいろと巻かれていますが、
薄味でほんのりそれぞれの味がありつつ、
ちゃんとハモを中心に味わえる…というか、


なんとも言うのが難しいけど美味しい。
こりゃ真似できんなぁーと納得する、
絶妙なバランスの味わいでした。





「イサギのカルパッチョとビワ」

イサギに脂がのっており、
その脂と旬のビワの甘みがマッチしています。

上にあるハーブは何だか忘れましたが、
ディル?フェンネル?かも。




カルパッチョやし、
なんか他にも隠し味入れてるんかなぁー?と、
聞いてみると、

シンプルに塩・コショウ・オリーブオイル。
でも、美味しい。



…スゴイ。真似したいなぁー。






・前菜
 「赤パプリカムース
 ~フルティカトマトのソースとウニ~」


冷たいグラスに入った
見た目がまず素敵。

上のトマトソースが自然な甘みだけど
トマトのもっとも甘い感じ。



そこへウニの旨味とほろ苦さが中和して、
さらにパプリカムースがまろやかに包む感じ。




スプーンでその分量を変えつつ、
口へ運んでバランスを楽しむ。




気づいたらどんどん食べてしまって、
無くなってしまう、
良い口当たりと味わい。





・スープ
 「四つ葉農園さんのコーンスープ」

まず見た目に遊び心があって面白い。


中央はもちろんコーンスープ。
左上から時計回りに、
生のコーン・コーンの薄皮のスナック・ポップコーン。

そんなトッピングをそれぞれで食べてみたり、
スープに浸して食べてみたり。




まずコーンスープ。

これも自然な甘みで濃厚だけど、
生クリーム頼みではなく、
コーン自体のまろやかさが中心にあり、
さっぱりした味わいとも言える。



生のコーンは
それだけで甘いしクリーミー。

鮮度の良いコーンだから出来る、
この食べ方。美味しい。



コーンの薄皮のスナックは香ばしく、
旨味が凝縮されている。

これめちゃめちゃ好きやなぁー。

これだけ買ってでも食べたい。



ポップコーンは特別何もないけど、
サクっとした食感が、
スープのアクセントになっている。

なんか懐かしい。
まさに遊び心。





・パン

そういえば、もともとパン屋さん。

パンが柔らかく温かいベストな状態で出てきます。




そのまま食べても美味しいし、
オリーブオイルやバターを付けても美味しい。



オリーブオイルは青い香りがフレッシュで、
大人なほろ苦さ。

バターはおそらく無塩?で、
かなりクリーミー。



パンは必要あれば
また次のパンを持ってきて下さいます。


種類もある程度は選べるようです。




パン美味しいので、食べ過ぎてしまいそうやし、
今回は控えめで。

国産小麦のパン。
それだけでちょっと珍しい。





・お魚料理
 「イサギのグリエ
   ~赤ワインヴィネガー
       とハチミツのソース~」

初夏が旬のイサギ。
脂がのってホクホクでジュワ~。

下にあるのは白ナスで、
こりゃまた柔らか。




赤ワインヴィネガーは丸くなった酸味と旨味。

そういえば、
魚料理=白ワインというイメージがあるけど、
今回は赤。




僕も以前にガシラ料理で
赤ワイン使ったことがあるけど、
美味しいけど見た目が悪かった。



でも、まわりだけに赤いソースとして使えば、
見た目も味も美味しい料理になるんや!と
教えられたような気持ちになった。


魚に赤ワインって、
工夫すればやってもエエんやで。と言われた感じ。

こりゃ目からウロコ。






・お肉料理
 「鴨のロースト~赤ワインソース~」

ローストビーフ的な、
ローストした鴨。


しっとりとしてさっぱり。




フレンチのバター強めの感じで来るかと思いきや、
適度に濃厚・適度にさっぱりで美味しい。



上にアメリカンチェリーのソース。

チェリー単体だと甘いけど、
鴨肉と一緒に食べるとちょうど良い。



付け合せの
椎茸・トマト・ラディッシュ・玉ねぎは、
それぞれ必要なだけローストされていて、
塩無しだと思う。

単体で素材の美味しさが分かるし、
ソースを絡めるとまた美味しい。






・デザート
 「マルキーズショコラ」

コーヒーか紅茶をホットかアイスで選べたので、
ホットコーヒーでお願いしました。



付け合せは
パイナップルジャム・金柑のコンポート・
スモモジャム。



マルキーズショコラは柔らかくはなく、
冷たくてしっかりと食べ応えがある。



濃厚で甘さはほどほど。

果実のジャムと合わせると
香りと酸味が絡んでまた美味しい。



特にスモモジャムと合わせるのが、
僕は好きだった。






と、ここまででコース終了。







・総評

どれも美味しく、
大満足。


それも、一番お得な3700円コースで、
このレベル。


さらに上だと…ぉぉお。
…またお金ある時にでも食べに行ってみたいです。





フレンチ食べた経験の少ない僕ですが、
フレンチなら濃厚なのばっかりかな?
と思ってました。




実際はフレンチ・イタリアンな料理。

そしてまた、
味付けは繊細で、
素材の美味しさを活かしつつ、
色々なアプローチで
料理として完成させた美味しさでした。




それも、遊び心が
ところどころに散りばめられていて、

型にハマらず、
もっと美味しいものを作ろうという
シェフの心意気や、

楽しみながら料理を考える姿勢を感じました。




ここはまた、絶対に行きたいお店です。

気になる方は、
是非予約して行ってみて欲しいです。





※予約の際の電話番号はサイト一番下にあります。

営業時間:AM 5:30~PM 9:00
定休日:火曜



----------------------------------------


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« 祝・ブログ50万アクセス!ありがとうございます!! | トップページ | 大阪」北部で震度6弱・さらなる大きな地震へも警戒を »

食べ歩きレポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素材を活かし遊び心もあるフレンチイタリアン「KOKAGE」ディナーコース:

« 祝・ブログ50万アクセス!ありがとうございます!! | トップページ | 大阪」北部で震度6弱・さらなる大きな地震へも警戒を »