« 梅の音 | トップページ | シガー地磯・上手い人は魚の動きが観察出来る…って事なのか!? »

2018年6月 5日 (火)

活きサバ泳がせたらシロザメらしきが食ってきただけの釣り

2018年6月2日 土曜。



最近、タマミの釣果が出た。
まだ水温は20℃ぐらいで低い目やけど、

釣れてるなら、
やっぱり夜釣りで狙いたい。





釣太郎白浜店で餌仕入れ。

向かったのは白浜町OS地磯。
17時着。




僕が唯一、50cmのタマミを釣った場所。

経験を持っているから、
やっぱりこの場所がアツイと思っている。




狙いの右手のポイントには
すでにヤエン師さんあり。

正面の低場もアツイと思うけど、
今回は正面左手の切れ込んだ溝ポイントへ。


真鯛釣れてたとの目撃情報を、
以前に聞いたことあるので、
運良く真鯛食ってくれるかも?という考えもあり。


*************************************************


フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ アルテグラC3000HG
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 3号
浮き:ドングリ浮き 3B
オモリ:水中浮き-3B+なし→G5ガンダマを1個
ハリス:DUEL プロ100 3号・3m道糸直結
針:ファイングレ 6号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:生オキアミML・ボイルオキアミL・アミエビ・
    4倍こませチヌ・グレの舞(少量)

*************************************************



風が左から右へ5mほど吹いているので、
馴染みやすいように3B+水中-3Bでスタート。

誘導仕掛けで棚4.5m設定で
ゆっくり沈めていく。

撒き餌は溝へ魚を集めるために、
基本は溝のみ。





浮きがモゾモゾ。



当たり?いやいや…波かな?





しばらく待ってみるも、
浮きが消し込まないので、
回収するとグーーー!


エエ感じの引きやったけど、
サンノジ42cm。

ハリス3号やし、
さすがに切られなかった。




魚の活性高いんやない?と思っていると、
その後すぐにコッパグレの猛攻がはじまる。




撒き餌は右手の磯際。
刺し餌は左手で馴染ませつつ、
右手の磯際へ流す。

が、やっぱりコッパグレ。




溝から外側を流すと、
餌丸残り。


今思えば、
餌残りと、コッパグレの境界を探してみても
良かったのかも。





サニーマートのじっくり煮込んだカツカレー。

もはや鉄板となりつつある。



*************************************************


夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF  BASIC   1号
オモリ:環付オモリ0.8号+ガンダマ
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
        約50m巻き
ハリス:東亜ストリング エクシードサムライ
       フロロ10号・30cm
針  :ダイワ マダイクワセSS 11号
    がまかつ 赤夜光真鯛王10号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:生オキアミML・ボイルオキアミL・アミエビ・
    4倍こませチヌ・グレの舞(少量)

*************************************************



底を重点狙いしたいので、
オモリ10号付けて棚を計ると12m!?


思ったより、ずっと深いやん…この場所。





溝の底へ向けて仕掛け沈めて行くも、
なんだか途中からモゾモゾ。



ガッシーが先に食ってたみたい。





その後は餌残りとなり、
そもそも仕掛けが波に叩かれて
あまり沈んでないっぽい。

こりゃアカン。




先端右手の実績ポイントにいた
ヤエン師さんが帰ったので、
そちらへ移動する。

その場所は波の影響すくなく、
水面は平ら。

夕方まで強めに吹いていた風も、
すでに止んで静かになっている。




足元の棚を計ると10m。
やっぱり結構深いけど、

まだ波が弱いので、
底まで餌溜めれるかも?と。




でも、餌残り。餌残り。

潮はゆっくり左手の地磯先端側へ流れている。




ほんの時々、
水面がピカっと光るので、
何かしら餌取りはいるっぽいけどなぁー。




やっとまともに浮きが沈んで
小さなオジサン。

30cmなかったのでリリース。






それまで足元ばかりの重点狙いだったけど、
何も起きないので、
あえて沖の底物場ポイントへ仕掛け投入。

だんだん左手の小さなサラシの場所へ
仕掛けが寄ってきて浮きがジワァー。




それで釣れたのが15cmぐらいのサバ。

そのまま飲ませ餌で投入。





どうせ何も起きないしなぁーと
ダレていると、


足元付近の浮きがギューーん。





5号竿を限界まで曲げたいので、
とにかくゴリ巻きして
すぐに浮いてきたのは1mぐらいのサメ。




左手の一段海へ落ちているサラシポイントで、
ズリ上げ。

道糸掴んであげようとしたらチモトの
ハリスが解けてリリース。

たぶん、いつものシロザメだと思う。



ってか、このシロザメがいるから、
足元のエサ取りも隠れてしまってるんかも。







より、刺し餌を目立たせるために、
光る赤夜行真鯛王へ変える。



残り餌でぼちぼちやるも、
足元付近では当たりなく、
またまた左手の小さなサラシポイントで、
サバが釣れたので、
またまた飲ませ。





グーーーっと浮きが入るも、
スッポ抜けで、
サバが帰ってくる。



針はサバが飲み込んだ状態のままなので、
針先がサバの中で、獲物にかからないっぽい。







同じ磯際のグーーーっと入るポイントを攻め続けるも、
サバが弱ってぐったりしたら、
当たりはなくなった。

針先をサバの外へ出るようにかけ直すも、
すでに遅し。


23時半には月が明るく出てきてるし、
撒き餌もなくなったので撤収。

タマミ不発に終わる。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


|

« 梅の音 | トップページ | シガー地磯・上手い人は魚の動きが観察出来る…って事なのか!? »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活きサバ泳がせたらシロザメらしきが食ってきただけの釣り:

« 梅の音 | トップページ | シガー地磯・上手い人は魚の動きが観察出来る…って事なのか!? »