« 工場見学と3D梅シアターを気軽に楽しめる場所・[梅翁園 梅干館] | トップページ | 3.11から7年・知ってても意味ない・アドリブの行動が大事 »

2018年3月11日 (日)

アオリはボーズでも紛れもなく良い一日だった釣り

2018年3月10日 土曜。

師匠もアオリイカ狙いしたいらしいので、
夕方の短時間ボイルパラ撒きグレ狙いのあと、
アオリ狙いパターンで行く事にした。



釣太郎白浜店で餌仕入れ。




北西風6-7m予報なので、
とりあえず、先週に横でアオリ釣れてた
伊古木の風裏ロープーワークポイントへ。


北西に山があるけど、
かなりの巻き込みの風5mほど。

こりゃ、アオリ狙いはキツイかも。



その近く、

レッドポイントには車3台停まっており、
すでにヤエンやってるらしき人が見える。

ここは、満員。







そこから北上し、
山と山に挟まれた隠し港オネエ漁港へ。


山と山の間を風がちょうど抜けるのか、
なかなかの強風。

堤防先の地磯にはヤエン師さんが沢山。
風あるし、空いて無いし、入れんわ。



なんだか、タモに30cmほどのグレを持って
歩いてる地元の人発見。


中の堤防で釣れたっぽい。
あんな所にもおるんやなぁーと驚く。







そして風裏ポイントの頼みの綱、
ちょい南下してKB地磯へ。

車が沢山停めてあり、
左手には沢山の釣り師さんらしき姿が見える。

風は1-3mほどで、
ここまで見た中で一番良い状態。





右手には釣り師さんらしきは見えないし、
この日は小潮で、
帰れなくはならない筈なので、
ポイント入れそうな右手へ。



以前にアオリ釣れたやり易いポイントに
すでに竿出しされているのを発見。


でも、誰もいない。





昼寝してるんかなぁー。




ドーーーン!!


ものスゴイでかい丸太を
担ぎおろしたゴッツイ釣り師さん。

あのでかい丸太運ぶなんて、
忍者の修行のビデオでしか見たことないわ。





丸太…、


釣り師さん…、



焚き火する為か!?





よくよく見ると、
なんだか紳士的な雰囲気な
釣り好き感が溢れる…。





ご挨拶してみると、
スーさんですか?と、

はいっ!そうっす!




聞くと、去年の3月に
白浜TB地磯でお話しした紳士なオジサマだった。


お顔覚えてなくてスミマセン…。





短時間フカセして、
その後はヤエンとの事。

お、同じ作戦!?
なんか通じるものを感じる。



僕は変質者やのに、紳士なオジサマは
良いポイントの情報も教えて下さった。

めちゃめちゃありがたい。






お話ししていると、
またまた今度は太枝を大量に抱えてやって来た
俳優・寺島進さん似の方が!

二人とも焚き火、好き過ぎやろっ。


そして持ってくる木の太さがスゴイっ。



お話しを聞くと、
僕のブログを読んでくれてるようで、
会いたいなぁーと思ってくれていたとの事。



嬉し過ぎる。

こんなクソブログの
アゴがシャクレてるし、
ハシビロコウ(鳥類)に似てる野郎なのに。





聞くとKB地磯にはかなり
通っているらしく、
ヤエン・夜釣りモンハン含め、
貴重な情報を沢山頂いた。

ありがたきこと、この上なし。





今日は釣るまで帰らん…と、
で、焚き木大量…、
めちゃ釣り好きなのが伝わってくる。




チーム名はお聞き出来なかったので、
失礼ながら仮として「チーム焚き火」と、
勝手に書かせて頂きます。





おっしゃ、こっちも焚き火すんでぇー♪と
テンション上がってくる。←まず、釣りせぇ。





お話しもそうそうに
夕間詰め近いので
二人だとあっちが釣り易いよーと、

教えて頂いたちょい奥へ移動。




師匠は青物・アオリ狙いで、
さっそく活きアジでウキ釣り。

僕はまずはフカセから。
17時スタート。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ アルテグラC3000HG
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2号
浮き:ドングリ浮き 00→電気浮き 3B
オモリ:無し→道糸にBを2個+チモトにG5
ハリス:SUNLINE スーパートルネード 2号・3m道糸直結
針:ボイルグレ・ヒネリグレ 5・6号

刺し餌:ボイルオキアミM
撒き餌:ボイルオキアミMをパラ撒き

*************************************************



風1-3mほど。

師匠の立ち位置が足元から水深がある程度あって
やりやすいけど、
風で互いの道糸被りそうなので、
僕はだけ右手のガチャガチャしたポイントへ。


明らかに浅いので
棚はハリス分3mで、固定仕掛け。



あらら、浮きが水面2cmほど沈んで、
低い立ち位置から見えん。





すぐに電気浮きNF BASICの3Bへチェンジ。
おなじく固定仕掛けで。


ボイルパラ撒きなので、
頑張っても10mほどしか飛ばないし、

潮が流れる訳でもないので、
近い範囲を狙う。




ときどき水面をバシャバシャと小魚。




刺し餌がガジガジされる。
小魚やろかなぁー。




道糸ちょっと出し気味で
テンションを緩めていると、
浮きがスッ!

水面で浮いてきたフグが見えたけど、
針ごと取られた。



ちょっと大きめボイルグレ6号で!
根掛かり。



ヒネリグレ6号で!
根掛かり。


棚設定上げたけど、
浮き固定したのが外れて沈み過ぎた。




もっかいヒネリグレ6号で!

ウキ止めをハリス直結近くへ持ってきて、
さらに浮き固定もしたら、
なんとか根掛かりしない。

モゾっ。




合わせたら針取られた…。
グーフーやろ…コレ。



すでに18時半で真っ暗になってきたし、
ココからはヤエンで。

風は止んだので、
水深のありそうな師匠の横へ移動。



*************************************************

ヤエン釣り仕掛け
竿:シマノ ADVANCE ISO 1.5号 530
リール:シマノ アオリスタBB C3000
オモリ:なし→5B
道糸:サンライン スクゥイッドスナイパー 2.5号・150m巻き
針:お徳用ヤエン針 M
ヤエン:ヤエン:ヤエン工房FURUTA ダブルL・
    シングルL跳ね上げ式

餌:活きアジ

*************************************************


師匠は浮きを100mほど流している。
手前から広い範囲を探ってるけど、
当たりは無いみたい。




対岸にはおびただしい数のヤエン師さん。

風強すぎて、沢山の人が
ココに集まったのかも。



今回の釣太郎のアジはめちゃ元気良く、
サイズも20cm越えた大きさ。

グングン泳いで、
ドラグもジージー引き出す。


師匠の浮きも横走で沈んだりする。




アジが逃げすぎてるのか?と、
あえて竿をあまり触らず、

逃げすぎないように
テンションかけた状態で放置。




「チーム焚き火」(勝手に命名)が
エエ感じの焚き火を開始したので、

僕もテンション上がって負けじと焚き火開始。



なんか焚き火好き同士で
つながってる感じがするなぁー。






はぁ~、手が暖まるぅー。




バーン!



なんだか僕らの焚き火で小爆発。


木の水分が破裂したんかも?と師匠。









20時半。

ジィーーーーーーー!!




かなり弱ってきたアジを右斜め先へ放置していたら、
ドラグが高速で放出。




ジィーーーーーー!!





ジィーーーーーーーー!!





全然止まらん。

ってか、この速さはアオリイカでは無いやろ。




オープンベールで数秒待つと止まった。
よし。





そそそっ




クッ




竿を立てると、
すぐにアジを離してしまう。

でも、20秒ほど待つとまたジジジーーー!




それを3度繰り返したら、
こんどは根掛かり発生。



解除するのに難儀…。

道糸部分で何重にも根掛かってるっぽい。





外れへんなぁー。





ドカ~~~~~ン!!


背後の焚き火が大爆発!!


師匠は無事で良かった。





周りの釣り師さん。
爆音出してゴメンナサイ。



見ると、焚き火下の岩が割れてました。




あとで「チーム焚き火」の方に
教えて頂いたのが、

誰かが焚き火した場所でやらないと、
岩質によって、岩が割れ易かったりするとの事。



さすが、焚き火の先輩方。
勉強になりました。







風は無いけど、
予想以上の寒さで疲れ果てた師匠は、
先に車へ戻る。

アオリじゃないけど、
やっと当たり出たので僕は続行。


さっきの根掛かりは
道糸切れてしまい、次のアジへ。





周りに外灯が無い場所なので、
星がめちゃめちゃキレイ。

肉眼では、この写真の10倍は見える。




アジを沖へ泳がせて、
止まったら放置して、
焚き火で暖まって、

アジは元気。





22時半前。
師匠を待たせているのもあり、
アジは残ってるけど撤収。


まだまだ頑張っている
「チーム焚き火」へご挨拶に行く。





紳士なオジサマにお話し聞くと…

おぉー釣れてるぅ♪




当たりなかったけど、
少し前にアオリイカ釣れたみたい。

さすがやわ。





あとは、アジをぶった切る魚?に
やられる事が有るとのこと。


僕の当たりがあったのも、
同じ魚?なのかも。




俳優・寺島進さん!?の竿が曲がり、
アオリイカがっ!


無駄無い動きで
サッ!と紳士なオジサマがギャフ掛け。

ナイスコンビプレー!




僕が釣りました。

僕が釣りました。

僕が釣りました。





3回嘘をつきました…。






お二人とも腕が違う。

それもヤエンは自作とか…スゲー。




スーさん
この自作ヤエン使って下さい!!




マジですか!!!!!!!




俳優・寺島進さんが自作のヤエンを下さった。

ありがたすぎるっ!!
なんか泣けてくるし、
頂いたこのヤエンでアオリ釣りたい。


無くしたら辛いけど、ロスト恐れず
大事に使わせて頂きます。



俳優あらため、
職人の寺島進さん。
ありがとうございます。






そして、紳士なオジサマの提案で、
釣れたアオリイカのメスを
袋に入れて海へ投入!?

これでオスのアオリイカを呼べるかも知れないと…。

試しにやってみる…と。



そんな作戦あるんかYO♪
オモロイこと知ってらっしゃるわ。




お二人とも釣り好きやなぁーと、
なんだか嬉しくなりました。


またいつかご一緒出来た際は、
横でご一緒して勉強させて頂きたいです。

あと、焚き火も。





この日はボーズだったけど、
紛れもなく、良い一日でした。


やっぱ釣りってエエなぁーと、
噛み締めながら帰宅。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata


インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


|

« 工場見学と3D梅シアターを気軽に楽しめる場所・[梅翁園 梅干館] | トップページ | 3.11から7年・知ってても意味ない・アドリブの行動が大事 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオリはボーズでも紛れもなく良い一日だった釣り:

« 工場見学と3D梅シアターを気軽に楽しめる場所・[梅翁園 梅干館] | トップページ | 3.11から7年・知ってても意味ない・アドリブの行動が大事 »