« auからmineoへ・乗り換えの話し | トップページ | カマス調査ボーズ »

2017年9月16日 (土)

防災田辺の深夜3時・北ミサイル発射の朝7時

2017年9月15日 金曜。


深夜3時頃に、
田辺市内にデカい音声の放送が流れる。

洪水や土砂災害の恐れがある際にの放送「防災田辺」。





こんな寝静まった時間に災害か!?と思って聞くと、
「消火作業に水を使ったので、
 ○○地区では水に濁りが出るかも知れないので
 注意して下さい。」



は!?


人身に大きく関わらないそんな情報を、
ほとんどの人が寝ている時間に
真夜中に大音量で流す必要ないやろ!!

ってか、その○○地区でだけ流せやボケぇ。

ウルセーんだよ。

と、イライラしてもっかい寝る。






そして朝7時。

テレビで一斉に流される、
北朝鮮のミサイル発射での避難を呼びかける放送。

最終的にミサイルが飛んだ場所は
北海道上空だったようだけど、

ミサイル対策技術がまだまだ未熟な日本において、
実は和歌山県に落ちました…
なんて、可能性はぜんぜん有る。


この時、防災田辺は何も放送せず。




テレビ見てなかったら、
ミサイル発射自体も分からんやん…。

ここで放送流せや
田辺に着弾する確率0%とは証明出来ひんやろ。




テレビで「ミサイル撃墜出来る」なんて放送もあるけど、
上空で撃墜するSM-3の実験での撃墜率は9割無いらしい。

ん、それなら1割は失敗して落ちる訳やんな…。


それもコレはあくまで実験での話し。
突如、実際に発射されたミサイルを落とせるかの確率は低くなるだろう。






SM-3が失敗した際に、
2段構えの低空で撃墜するPAC3は、
大都市と在日米軍基地の近くにしかない。

南紀にはモチロン無い。





そもそも南紀がミサイルで狙われることは
無いと思うけど、
北朝鮮のミサイルが軌道を失敗して、
予想外の場所に落ちることもあるなぁーと思う。





今回の事件後、
安倍内閣総理大臣の話しは、
前回のミサイルと同じような感じ。

結局、実際には何もしないんだろうと思う。





実際に日本人の死者が出てから、
実際に動き出すんだろうと思う。

国も警察も会社も同じで、
トラブル後でないと動けないっていう、
想像力の無さが嫌いだ。

どうせ津波は来ないだろう…で、
津波で大被害が出てから動き出す。

どうせ原発は壊れないだろう…で、
いまだに福島の原発放射能汚染は解決出来ていない。

どうせミサイルは落ちないだろう…で、
落ちたらどうするのか。

先に考えておかないと、
その場その場の対処の繰り返しになって、
さらなる無駄な被害が出ると思う。







映画「スクラップ・ヘブン」のセリフ。



「世の中、想像力が足りねえんだよ。」



また、思い出した。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata


インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


|

« auからmineoへ・乗り換えの話し | トップページ | カマス調査ボーズ »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災田辺の深夜3時・北ミサイル発射の朝7時:

« auからmineoへ・乗り換えの話し | トップページ | カマス調査ボーズ »