« ゴンズイ・ブラジル前 | トップページ | 雨後のウナギ狙いのつもりが雨少なかった模様 »

2017年9月 5日 (火)

最強のスマホ水没・乾燥2週間でもまだダメ

日本で最強のスマホ
「TORQUE(トルク)G02」を使っていました。

※2017年6月30日には、
 後継機のTORQUE G03が発売されています。





海中でも使用可能で、
衝撃にもめちゃ強い。

これなら絶対壊れへんやんっ!と、
ハードに使ってきました。




それが先日、
川で泳ぎながら撮影している時に、
突如ブーー!ブーー!!ブーー!と警告音。

そして水没死。




背面のバッテリーカバーの
締め込みのチェックが甘くかった…のです。

ちょっとだけ浮いてました。

早く撮影しようと、慌ててカバー締め込みチェックしたのがダメでした。

泳ぎながら何度も撮影に使用して、
1時間後ぐらいに中まで浸水しました。






バッテリーパックを外した内側に、
ちょろっと水滴がありましたが、
ズブズブに濡れている訳ではありませんでした。



とりあえずタオルとティッシュで、
水分を拭き取ったのち、

持ち帰ってキッチンペーパーで包んだあと、
シリカゲル(乾燥剤)に入れて密封。

基盤を乾燥させる復旧作戦に入りました。


ちなみに、水没した場合は、
電源は入れず、
すぐに乾燥に入ったほうが良いらしく、

あわてて電源入れたり、画面表示すると、
濡れた回路がショートして、
その瞬間に死亡するようです。





2日後。

電源を入れるとちゃんと起動。
ホーム画面まで表示されて、アプリを起動可能。


やったー!!



ブーー!ブーー!!ブーー!

だいたい20-30秒後ぐらいに警告音と、
水没メッセージ。

まだ乾いてないんか?と、
数日おきに起動テストするも、
同じ状態。

ホンマに乾燥してないからダメなんか?と、
2週間放置。







乾燥してるかは関係なく、
OS自体が水没メッセージを
出すようになっている可能性あるかも?

と、思い、セーフモードで起動。

※トルクG02のセーフモード起動方法

 ①通常の方法でスマホを起動して待受画面へ。
 ②横面の電源ボタン長押しで、
  「電源を切る」「再起動」「機内モード」などのメニュー表示し、
  「電源を切る」を長押し。
 ③セーフモード起動の確認メッセージが表示
   「OK」ボタンを押す。

画面左下に、「セーフモード」と文字が出続けた状態で起動します。

ちなみにセーフモードは、
必要最小限のOSのみでスマホ・パソコンなどを起動する方法です。







さておき、

速攻で設定画面から、初期化実行しました!

30秒以上経過し、
まだ水没警告音は鳴ってない。

コレはいけるかも…。



…。





あ…、お待ち下さいの
グルグル廻ってたアイコンが止まった…。




いやいや、でもまた動き出すかも知れんし、
電源だけつないでおいて放置。










約3分後…。


ブーー!ブーー!!ブーー!



水没!!





もう打つ手が思いつかない…。
一瞬でOSの初期化出来れば良いけど、
そんなの無さそうやし。





なので、さらなるシリカゲルの中での
乾燥の永い眠りにつかせる事になりました。

もし、運良く復活することあれば、
また追記します。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata


インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


|

« ゴンズイ・ブラジル前 | トップページ | 雨後のウナギ狙いのつもりが雨少なかった模様 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

自分もつい最近02で同じ水没メッセージでました。実は故障紛失サポートで交換してもらった2機目でした。1機目は長年仕様したこともあり、カバーを正しく閉めても所々ゆるくなっており、水がかかっただけで外カバーの内側まで水気が入る状態でした。まあ、それとは違う箇所の故障で1機目はお別れになったのですが、問題が2機目でして…。使い初めて1ヶ月ほどの新品同様のカバーもカチっピシっと閉まる状態でした。それを水を張った洗面器に落とし入水したら、電源が落ちて、電源が入らなくなりました。もちろんカバーが正しく閉まってるか確認し、外側を綺麗に拭き取ってからカバーを開けて、中を確認するとカバー内部の目に見える限り水気なし。1滴もなし。もちろんバッテリーカバーの中の方もです。それで充電を試みると「端末の浸水を検知しました。購入元へ問い合わせて下さい」的なメッセージが表示されるのみで、浸水とは思えないが自分ではどうしようもなく、問い合わせたところ、検知したというなら浸水したのではないかと…いう感じの対応でした。一応状況は証明できないものの説明したし、検知に誤りがあるのでは?というのは素人の仮説なので、それ以上は言いませんでしたが、脱着可能な部分以外の浸水は欠陥品なのでは?水中撮影可能というのもウリの機種なのに…この程度の入水で使えなくなって保証効かないとは。正直、何らかの裏コマンドなどでメッセージ出ないように出来たら、そのまま使えそうな気もする状態だったので腑に落ちない結果でした。経年劣化してなくて正しくカバーを閉めてても、水中撮影なども不具合が起きたら自己責任らしいです。そこらの防水防塵よりはタフかもしれない。って感じでしょうね。なんなら普通の機種の方が、乾かすだけで蘇生できる可能性がないこともないので…どっちがいいのかな(笑)

投稿: オレは悪くない | 2020年5月 1日 (金) 午後 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最強のスマホ水没・乾燥2週間でもまだダメ:

« ゴンズイ・ブラジル前 | トップページ | 雨後のウナギ狙いのつもりが雨少なかった模様 »