« ズッキーニの実の付き方がアレ | トップページ | 夜釣り中ウツボのみ »

2017年6月28日 (水)

ぶっこみ仕掛けを・三叉部分を浮かせるための実験

ぶっこみ仕掛けのモロモロ見直しをしている。
今回は三叉部分。



調べてみて多く見つかるネット情報としては、
ゴムチューブを使ったものと、
石鯛釣りで使われる金属製の天秤を使ったもの、
他にシンプルに三叉サルカンを軸に分岐させただけのもの。


Kimg6421s

僕は最近、こんなナイロン三叉を使って、
遊動式にしている。


ナイロンだと軽いので、
沈んで根にかかり難いのでは?という考え。



軽い仕掛けという意味では、
ゴムチューブも良さそうだけど、
ちと高いので、安いナイロン三叉。

それも石鯛竿やクエ竿のような強靭なものではなく、

磯竿5号を使っているので、
「軽ぶっこみ釣り」と言えそうな仕掛けを考えている。
だからナイロンぐらいが、
根掛かった際に竿への負荷が小さい。




ちなみに写真の状態は実験用に作ったもので、
実際とは少し違う。


ナス型オモリと三叉の間に捨て糸を50-80cmほど入れている。
※浅いバケツで実験するため、捨て糸省いている。




それまではシンプルに三叉サルカンにて、
針と捨てオモリと分けていただけだったけど、
この三叉誘導式にしてから、
かなり根掛かりは減った。

魚が食って走ってドラグが出ても、
捨てオモリの位置が移動しない誘導式。
それが、良いのだと思う。




しかしながら気になっていること、
三叉部分はナイロン製で軽いけど、
ちゃんと浮いてるんか?ということ。


せっかく捨て糸&捨てオモリを使っているのに、
三叉部分が根掛かったら意味が無い。


三叉は浮いた水中。


捨てオモリは底。


横にフワフワ刺し餌。

というのが理想かと思う。




三叉部分の浮力になるのは、
間に入れたシモリ玉(大)のみ。



なので、他の素材も試す実験をしてみた。



Kimg6419s

100均ダイソーを歩きまわって探したもの。
真ん中のウッドビーズと、
右の発泡玉(デカイのしか無かった…)。




海水ではなく、
真水での実験開始。



Kimg6422s

①シモリ玉(大)

ちょっと浮いてる。
実際の釣り場では、
道糸のテンションを軽く張った状態とするので、
もっと浮いてるはず。

でもなぁ~。
これだと潮が早かったり、
真下のサラシ付近の激しい動きの中だと、
低い位置で引っ張られて、
近くのカキ殻や岩に根掛かりしそうな不安がある。

実際にも、根掛かった経験はある。
もっと軽減したい。



Kimg6423s

②ウッドビーズ

シモリ玉(大)に比べて、
浮力はだいたい1.2-1.5倍はありそうな感じ。

さっきよりは浮いてる!?
でも微妙。

シモリ玉より安いけど、
あんまり変わらへん。



Kimg6424s

なので、豪華にビーズ3つ使用!

しっかり三叉を支えて浮いている。
ええ感じ。

これは三叉部分の根掛かり回避に、
効果ありそう。


Kimg6425s

さらに欲張りビーズ5つ使用!

三叉の浮いてる感は上がってるけど、
大きく違うかは不明な差。

でも、なんかシャレオツ。
女子力と数珠力が高くなってる…。




Kimg6427s

③発泡玉(無駄にデカイ)

糸を通すため、
キリで穴を開けてみます。

Kimg6428s

破片が引っかかって、
道糸を中へ通し難い。



Kimg6429s

ハサミを使ってグリグリして穴を大きくして、
何とか道糸通せました。




Kimg6430s

…完全に浮いてる。

ってか、捨てオモリの8号も浮いてもうてる。




ということは、仕掛けがちゃんと沈まないのか?
いや、刺し餌がデカイなら、
その重さも加わって、
仕掛け全体はフワフワ沈んだり、浮いたりするんかな?





とりあえず、
この馬鹿デカイ発泡玉の浮力を試す事にした。



Kimg6432s

8号。
浮いてる。


Kimg6434s

12号(10号+2号)。
浮いてる。



Kimg6436s

16号(8号+8号)。
沈んだ。

これなら良いってことかなー。



Kimg6438s

この時のオモリの重さを測ると66g。






そういえば、
刺し餌を浮かせたり、漂わせたりすることで、
アピールになったり、
クエなどのハタ系の魚に食わせ易いとの話しも見た。

針の近くのハリス部分に、
発泡玉や、発泡浮きを入れるとの事。






この馬鹿デカイ発泡玉=66gで沈むやつ。

どの程度の餌を浮かせられそうか、
測ってみることにした。


Kimg6441s

今週末のぶっこみに最適な餌を
オークワ(スーパー)で、半額でゲット。

主婦力が上がっている。



Kimg6442s

スルメイカ検量。

デカイの101g。
これは先週で使ったのよりデカイ。

Kimg6443s

小さいので56g。
先週使ったのより、ちょっとだけ小さいかな…。


Kimg6444s
Kimg6445s_2


マイワシ(ヒラゴイワシ)を検量。

大きさはあまり変わらずで、
71gと74g。






スルメイカ・マイワシともに、
馬鹿デカイ発泡玉よりちょっと重い感じ。

それなら刺し餌が沈むのか?というと、
実際は潮の流れによって、
また塩水によって漂ったりするとも思うし、
何とも分からない所がある。



ハリスに馬鹿デカイ発泡玉を入れる…、
スゲエ違和感あるサイズだと思うけど、
魚は食いつくんかな…。

ウツボの猛攻で、
底より刺し餌を浮かせたいなら、
使ってみる価値はあるかも知れない。





ウッドビーズをハリスに入れるのも、
ほんのり漂わせ易くするのに良いかも知れない。







いずれにせよ、
あとは実際に釣りで当たりの有無など見ながら、
仕掛け変更して試してみようと思います。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata


インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


|

« ズッキーニの実の付き方がアレ | トップページ | 夜釣り中ウツボのみ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶっこみ仕掛けを・三叉部分を浮かせるための実験:

« ズッキーニの実の付き方がアレ | トップページ | 夜釣り中ウツボのみ »