« 弁慶祭り2016・南紀へ移住して初は第30回 | トップページ | 松源のCMのテンションに惹かれ松源でお買い物 »

2016年10月 7日 (金)

ベランダに生えたお釈迦様キノコ=コガネキヌカラカサタケを食す

1475832181595

ある朝、ベランダのプランターへ不思議なものが生えて来た。



お、お釈迦様っ!!




金色に輝くそのお姿。


ありがたや。ありがたや。






それにしても・・・、キノコの一種なんかなぁ?


1475832180794

翌朝見ると、キノコらしいお姿になっておられました。

その翌朝には、しぼんで灰褐色になっていました。


たった3日でしぼむキノコ・・・。

日照や湿度の問題でそうなったんかな?



あ~珍しいキノコがたまたま生えて来たなぁ・・・と思っていると、

1475832179116

Kimg1256s


スゲーありがてぇ~!!



どんどん生えてくるやんっ!!



お、お釈迦様キノコっ!!

1475832179957



プランターは毎日がお釈迦様キノコの楽園になりました。

それも、いずれも3日でしぼんでしまいます。

20160917_131302094s_2


このお釈迦様キノコを見つけたのは、2016年9月9日。

その後も南紀では雨の多い日が多かったこともあり、本日10月7日でもお釈迦様キノコは生えています。


正式名称は何だろう?とネット検索してみると、意外と色々な家庭のプランター・鑑賞植物の鉢などに生えてくるキノコらしいのです。



色・見た目・3日でしぼむ生態からして、「お釈迦様キノコ」=「コガネキヌカラカサタケ」で間違いないようです。





しかしながら、このキノコ食べれるんだろうか・・・。


食べれたら食費が浮く・・・やん。



ネットのキノコ図鑑でも、それ以外でも、「食毒は不明」「不食」「おもに鑑賞用」などハッキリしない。



専門家がちゃんと調べてネット公開してないだけやろがっ。

っと、イラつく内容が多かった。


お釈迦様キノコに失礼やろっ!!




しっかり「有毒」と確定した上で、「観賞用」と言わないと、しっくり来ない。


「なんか、このキノコ有毒らしいよ。調べてないけど。」



「じゃあ、観賞用ってことにしちゃおう。」


そんな安易な否定が、見てとれる。






そんな、いい加減情報の中、「コガネキヌカラカサタケ」を食べて確認した人のブログを発見っ!!

あらゆるキノコを詳細までレポートしている姿勢。


まさに研究者の鏡だっ!!



リンクフリーか分からないので、明確に書きませんが、「コガネキヌカラカサタケ 食べてみた」で調べると、すぐに見つかると思います。





絶対ではないけど、食べれる可能性はある。


ここまでベランダに生えてくるコガネキヌカラカサタケ。
食べないで後悔するなら、食べて後悔したいタイプの僕。
※良い子は真似しちゃ死ぬかもよ



思えば、原始の頃から人間は、試しに食べてみることによって、食べれる物を探し、食の世界を広げたはず。

あのブログのスゴイ人に沿って、注意を払いながら、僕も食べてみることにしました。

先日、9月29日のことです。

Kimg1263s

①収穫

収穫したコガネキヌカラカサタケを、食品トレイに乗せてみる。
すっごい軽い。色が鮮やか。


Kimg1264s

②茹でる

沸騰したお湯にコガネキヌカラカサタケを入れて3分ほど茹でました。

お湯がほんのり黄色に染まりました。



Kimg1266s

③完成

茹で汁は捨て、皿へ盛り付け。
黄色が抜けてきて、白っぽくなりました。

素材の味を分かり易くするために、塩を少量ふって出来上がり。




いざっ・・・実食っ!




ニオイは・・・エノキの香りに近い。



少しコリっとした繊維の歯応え・・・これもエノキに近いなぁ。





感想としては、特別旨くも無いけど、不味くも無い。


エノキとほとんど同じ食材に感じる・・・。





毒の可能性もあるので、結局ひとつだけ食べて、あとは捨てました。

毒性を測るためには、少量食べて、その後の体の反応をみて判断します。




食後も特に不調なく、翌日も何も問題なし。
本日までの10日間、健康に生活しています。



どんな食材でもそうかも知れないが、固体差というものがある。
採取時期・料理法・食べる人の耐性によって変わると思う。


だから、僕自身だけではより正確なコガネキヌカラカサタケの毒性・食味を記すことは不可能だ。





ただ、今回の僕の感想としては、


・毒性→無し・または有っても微量



・食味→エノキに似ている


と、なった。





まとめると、

「食べることは可能。エノキと風味が似ている。毒性は有っても微量と思われるが、危険をおかして食べるほど食材価値は無い。」

となる。




食料不足になった際には、手助けしてくれるかも知れないコガネキヌカラカサタケ。

その時、まさにお釈迦様キノコになるのかも知れない。




やっぱり、ありがたや。

1475832181595_2


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

ペンギンズ 公式Twitter  by裏方
http://twitter.com/@penurakata


|

« 弁慶祭り2016・南紀へ移住して初は第30回 | トップページ | 松源のCMのテンションに惹かれ松源でお買い物 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベランダに生えたお釈迦様キノコ=コガネキヌカラカサタケを食す:

« 弁慶祭り2016・南紀へ移住して初は第30回 | トップページ | 松源のCMのテンションに惹かれ松源でお買い物 »