« 田辺湾内でエギング練習ボーズ | トップページ | 南紀ウネリあり・内湾地磯でもナカナカ »

2016年10月21日 (金)

鳥取地震・数日はより大きな地震にも注意が必要だと思います

本日、鳥取で最大震度6弱の地震がありました。

建物の崩壊や、3万戸を越える停電もあったようです。

Tottori1021a

2016年10月21日14:07に震度6弱・マグニチュード6.6 震源の深さ10km

緯度 北緯35.4度

経度 東経133.9度


YAHOO:地震情報2016年10月21日14:07リンク↓




その2時間ほど前にも地震があったようです。

震源の位置は同じ。

Tottori1021a0

12:12に震度4・マグニチュード4.2 震源の深さ10km。

緯度 北緯35.4度

経度 東経133.9度


YAHOO:地震情報2016年10月21日12:12リンク↓





気象庁の発表では、


「過去に、この地域では規模の大きな地震が起きたあと
それに規模の近い地震が続発した例がある。

今後、1週間程度は、
最大震度6弱程度の地震に十分注意するとともに、
建物が倒れやすくなったり
土砂災害が起きやすくなったりしているので、
危険な場所には近づかないでほしい」


とのこと。



これは、学問が含まれていない一般人と同じレベルの発言。

「余震」という言葉を使わなくなっただけ、熊本地震の時より進歩があるけど。






今年4月に大地震があった熊本。


まず4月14日21:26にマグニチュード6.5。

その約28時間後、4月16日01:25にマグニチュード7.3。


いずれも震源の深さは10kmほど。

今回の鳥取地震と同じですね。




熊本地震では、先にあったのは「前震」で、後からあった更に大きいのは「本震」だとか。

それやったら、今回のは本震なのか?前震なのか?




どちらもただの「大きな地震」であって、「余震」という考えは、すでに安全な対処としては不要な言葉になっていると思います。



この数十時間後にくるかも知れない大きな地震は、昼間の地震よりも大きな地震になる可能性もあります。



だから、鳥取の震源近くにお住まいの方は、出来れば屋外や車で様子を見た方が、より安全だと思います。



ただ、空き巣の心配はあるので、防犯対策はしっかりして、家を出た方が良いです。





僕のいる和歌山県田辺市も、ずっと前から南海トラフ地震の心配がされているので、人ごとでは無いと思っています。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

ペンギンズ 公式Twitter  by裏方
http://twitter.com/@penurakata


|

« 田辺湾内でエギング練習ボーズ | トップページ | 南紀ウネリあり・内湾地磯でもナカナカ »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取地震・数日はより大きな地震にも注意が必要だと思います:

« 田辺湾内でエギング練習ボーズ | トップページ | 南紀ウネリあり・内湾地磯でもナカナカ »