« 平草原公園の花見と、道端の山桜 | トップページ | M氏・W氏の釣りを見学 »

2016年3月25日 (金)

ゴルフ場を駆けたシマウマの自由

ゴルフ場を草原のように駆けるシマウマ。

自由の中で戸惑いながらも、心と身体が躍動する。





グリーンにつくヒヅメの跡。

人間の作った不自然な自然を破壊していく。





グリーンを直すのが大変だという人間の主張。

でも、そもそもシマウマの自由を奪って、日本に連れて来たのは人間だ。

被害者面する人間は愚かだ。一番被害にあっているのはシマウマだと思う。






保護するのが下手な人間に追われて、興奮して。

あげくに吹き矢の麻酔で、池に落ちて溺れて死んでしまった。


1458806358062


僕は動物園や水族館に行くのはそれなりに好きなのだが、毎回、「自然状態では今の彼らとは違うのでは?」と思う。


生きるための暮らしを保障された彼らと、生きるために必死な彼らは違うはずだ。





考えてみると、今の人間が文明の無い自然界に放たれたら、そのほとんどがすぐに死ぬだろう。
僕もそうだ。おそらくすぐに死ぬ。





ここから分かるのは、人間は社会の作られた仕組みに依存して生きていること。

また逆に、その社会の仕組みが実に巧みであるという事。

そんな生き易い人間社会のはずなのに、人間が苦しみ続けているのは不思議だ。





どこか。何かが間違っているのではないか。


社会の仕組みなのか、精神なのか。





そんな事を考えてしまう僕だからこそ、原始的な生活に魅力を感じたりするのかも知れない。


Kimg0483

焚き火は面白い。


目の前の炎は木や草が燃えているもので、不確かな形を成しながら、強烈な温度を肌に染み渡らせ、焼けた木の香りと煙がやってくる。


それで魚を焼いて食べると、自然への感謝の念が出てくる。

すごく素朴な、シンプルな感覚だ。





そういえば2012年に葛西臨海水族園を脱走したペンギンがいた。

海に逃げ込んだ彼は、3ヶ月後に保護されていたそうだ。

彼は今も元気だろうか。


----------------------------------------


ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

ペンギンズ 公式Twitter  by裏方
http://twitter.com/@penurakata


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイト
http://penginzu.wix.com/turishoku


|

« 平草原公園の花見と、道端の山桜 | トップページ | M氏・W氏の釣りを見学 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフ場を駆けたシマウマの自由:

« 平草原公園の花見と、道端の山桜 | トップページ | M氏・W氏の釣りを見学 »