« ダンシングアイランドで釣り | トップページ | 2回目の失業認定日 »

2015年10月 5日 (月)

キセルのお掃除

1週間から1ヶ月に一度ほど、キセル(煙管)のお掃除・メンテナンスをします。
僕の場合はタールの臭いが気になった時や、明らかに吸った感じが詰まり気味の時です。


僕が使っている掃除用品。

1443783016646

左から時計回りにエタノール系ペーパークリーナー・キセル・無水エタノール・掃除用モール。
手前の透明な丸いのは道糸の入れ物。適度な大きさの入れ物でOKです。
タールなどの汚れた液体が飛び散るので、下に新聞紙などを敷きます。

1443783015974

①入れ物にモールを立て、それに沿わせて無水エタノールを垂らし、染みこませます。
細めの管掃除ブラシでも良いです。

時間が無い時は、モールをエタノール系ペーパークリーナーで包んで湿らせて、「簡単なモール掃除と吸い口磨きだけ」と言うのも良いと思います。それだけなら無水エタノール不要になります。


1443783015195

②吸い口側からモールを入れていき、軽くゴシゴシします。

出来れば吸い口から入れたモールを火皿から抜いた方が良いです。
それはモールに付いたタールを出来れば吸い口側に持ってこない方が、吸った際の臭いが悪くならないからです。


僕の使っているキセルは20cmと少しモールより長いので、火皿側まで通すことが出来ません。
なので、再度キレイなモールで吸い口側を仕上げ掃除するか、または吸い口側の金物部分をネジって外してしまい、別途掃除しています。

1443782989783

こんなに汚れてました。
後ろに織田信成さんが映ってますが、彼は汚れてないと思います。たぶん。


1443782988985

③入れ物に無水エタノールが入った状態で、火皿を付けます。
これで火皿側をじっくり掃除する事が出来ます。

ここでキセル全体を無水エタノールに浸してしまえば良いのでは?とも思うのですが、キセルの種類によって変わってきます。
僕が使っているのは石州(せきしゅう)というタイプで、羅宇煙管(らうきせる)の一種です。

羅宇(らう)というのは、竹などの金属以外の素材を使っています。
これはエタノールに浸すと痛み易いという事です。

全体が金属の延べ煙管(のべきせる)を使うと、無水エタノールに浸したり、洗剤で洗うことも出来るようです。
延べ煙管の方がお手入れが簡単なのですが、羅宇煙管の方が味がマイルドに鳴るとの事で、僕はまずは羅宇煙管を使っています。

1443782987688

④エタノール系ペーパークリーナーで全体を拭いて完了です。


1443782952185

⑤ぷはぁ~。


お掃除後の一服は旨いですよ~。
タバコの良い香りが蘇りました。

少し面倒ですが、お掃除することで愛着が湧いてきました。
今では大事な相棒です。


あ、そういえばコレは他の人に言えることか分からないですが、購入直後のキセルよりも1週間ほど使って、その後お掃除したキセルの方が味が旨かったです。
中に薄いタールの膜が残って、次のタールを吸収し易くなり、マイルドになるのでは?と思いました。

推測ですけどね。

---------------------------------------


ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

ペンギンズ 公式Twitter  by裏方
http://twitter.com/@penurakata


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイト
http://penginzu.wix.com/turishoku


|

« ダンシングアイランドで釣り | トップページ | 2回目の失業認定日 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キセルのお掃除:

« ダンシングアイランドで釣り | トップページ | 2回目の失業認定日 »