« マスクを使ってテンションをあげるやーつー | トップページ | 「この公園でボールあそびをしてはいけません」 »

2015年5月10日 (日)

風の中の猫と言葉と


風は変化の象徴



いま君の周りにある空気が

別の場所にあった空気と入れ替わる



僕は変化が好きなので

基本的に風が好きだ



無風の状態というのは

とても退屈で 息苦しい



微風は心地よいとともに

ゆるやかな変化をもたらす


強風は体を激しく打つが

追い風であれば助けとなり

向かい風であれば困難・試練となる



横風であれば向かう方向をしっかりしないと

望まない方向へと進みかねない



気圧の高い所から 低い所へ風は吹いている

気圧の安定を求めて 風は起こるが

結局としてそれは 治まることは無い

Tennkizu0510

低気圧が雨を降らすのであるが、

低気圧だけなら それは同じ気圧であるので

雨は降らないはずだ

もはやそれは低気圧ではない




高気圧から空気が流れ込み

気圧が上がることで水蒸気が圧縮されて

水玉が出来て 雨となる




すべてが同じになると

変化が無くなって 退屈ながら安定した状態となる




みんな同じ人間じゃないから

人生は面白い



みんな同じ人間なら

受け取るものも 受け渡すものも何も無い



嫌なことに直面した時も

その風の吹くことを追い風として、

向かう方向を捉えられれば

それは良い結果を生む



台風が近づく中

夜の団地のハザマを猫が歩いていた



彼は風に乗ったあと

車の影に身を隠した


----------------------------------------


ペンギンズ公式Twitter  by裏方
http://twitter.com/@penurakata

ペンギンズ作品集
http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/cat22231555/index.html

 


|

« マスクを使ってテンションをあげるやーつー | トップページ | 「この公園でボールあそびをしてはいけません」 »

音楽のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の中の猫と言葉と:

« マスクを使ってテンションをあげるやーつー | トップページ | 「この公園でボールあそびをしてはいけません」 »