« 「サバノヴァ」の曲の骨子が出来るまでを解説 | トップページ | 高気圧で覆われるということで »

2015年3月11日 (水)

3月11日だよクソッタレ

4年前の3月11日。

東日本大震災が起きた。





僕は当時、会社が休みで、

大阪の家でPCで絵を描いていた。



目の前がユラユラして、

酒飲んでないのに酔っ払ったか?と思ったが、

電灯が揺れているのを見て、地震だと思ってテレビをつけた。



東北で大きな地震。

津波の心配はあると、

いつもの感じでキャスターが話しているが、

海の映像は穏やかでその気配はない。



大きな地震だったみたいだけど、

建物への被害は少なそうなので、

テレビを消して、再度絵を描き始める。



そこからしばらくして、

絵がひと段落して、再度テレビをつけた。



CGのような津波の映像がしきりに流されていた。



本当に起きていることだと認識するまで、

しばらくかかった。



それが分かった時には、

女川原発が心配になった。



原子力安全委員会の事実隠し、

隠蔽体質を心配していた僕は、

津波で原発が破壊され、

メルトダウンになった際に、

非難を呼びかけるのが遅れると思った。



メルトダウンが起きれば、

東京の僕の実家まで汚染され、

住めない地域になる可能性があると思った。



だから当時、3月12日になってからで遅いがブログを書いた。



実家にも非難できる体制をとるよう連絡した。

実際は女川ではなく、福島第一原子力発電所だった。





本日の夜のゴールデンタイム。

テレビは震災について、

ほとんど放送していない。



いつも通りの番組を放送しているだけではあるが、

裏に何かしらの圧力と意図さえ感じてしまう。

吐き気さえする。


別にいつもの番組を否定するつもりは無いし、

それを楽しむのでも良い。



でも震災についての番組が少ない。





僕の周りにも原発が必要だと言う人が沢山いる。

原発の知識があると思われる人が、

原発をコストパフォーマンス理由で推進したりする。



そいつの言ってる事を信じれるって、

どういう人だった場合か?と考えたが、

福島第一原子力発電所を視察した末に、

本気で原発を推進する人ではない。



唯一は生活することを禁止されている

放射能汚染区域に住み続けて、

安全性をアピールしながら原発推進できる人だ。



ひとりも知らん。



原発のコストパフォーマンスが良いなら、

4年たっても除染されていないし、

今後もずっとかかる除染作業コストをしっかり計算して欲しい。

学者ならなおさら。



どこからお金出てるんだ。

これから何年かかるか、想定外を省いて良いから

今分かる範囲だけで良いから計算してみろ。



原子力なんてものは、

現在の人間の力では管理できないものと思っている。



科学力としても人間能力としても全く駄目。



失敗した際のコストがいかに高いかが、

東日本大震災で証明されたはずだが、

バカ与党はまた再稼動しようとしている。



バカ与党に投票してしまう国民がバカだから仕方ないが。



東京と大阪。電力が必要な大都市に原発を作れ。

国会の隣に原発を作れ。

核のゴミはそこに埋めろ。

電力は運ぶ距離に応じて減衰するし、

安全性が確認出来ているんだろ。

クソバカが。



想像力が欠如している人間に告ぐ。

|

« 「サバノヴァ」の曲の骨子が出来るまでを解説 | トップページ | 高気圧で覆われるということで »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日だよクソッタレ:

« 「サバノヴァ」の曲の骨子が出来るまでを解説 | トップページ | 高気圧で覆われるということで »