« アニメ製作・VESPA | トップページ | 南紀堤防メジロ »

2014年3月31日 (月)

3万円のエレアコを購入

5年以上、NISHIさんから借りていたタカミネのエレアコを返却。


今作っている3rdアルバムでもかなり活躍してくれたが、
なんというか、
そろそろ自分のエレアコでやらなきゃいけない気がした。

お金は無いので、
テイラーとか15万円とかの憧れのは買えん。


3万円前後で、生音が好みで、
ライブでアンプから音出せるのを探す。


生音だけならエレアコやなくて、
アコギの方が断然良いが、
ライブでアコギの前にマイク立てて音拾う場合、
僕は体がめっちゃ動くので、
音量がガタガタになるので、アコギは駄目。



梅田・難波の楽器屋ほぼ全店回った。

グレッグベネット・エピフォン・フェンダー・ヘッドウェイ・コルトなど試奏。


一番テンションが上がったのは島村楽器梅田LOFT店にあったグレッグベネット。
音が前に出る感じで、気持ちが良いが、
エレアコやなくてアコギしかなかった。

ピックアップ後付も考えたけど、
音変わったら嫌やし、やめた。



そんな中、ワタナベ楽器梅田大阪店にて、
地味なエレアコを発見。
Jigrere
アイバニーズのエレアコ。
AW250 ECE LGが29800円

30本限定のエレアコ。マジか。

MADE in CHINA。ホンマか。


弾いてみたら、グレッグベネット並にテンションがあがった。
弦高がかなり低いので、6弦がフレットに当たってビリビリするが、
それが良い感じにパーカッシブで、
コード弾きでガシガシくる感じ。
しかもFISHMANのエレアコ仕様。

一回やめておいて更に広範囲を探しに行くか悩んだ結果、
昨日購入。

さっそく夜に弾いて歌ってみたら、
しっくり来てテンション上がった。
Shdofih
あとは自分の体と一体化出来るよう弾いていくのみ。


このアコギで3rdアルバム用に1曲作るか、
「てっちり」という曲のアイデアが浮かんだが、
完成するか不明。

「てっちり」とは、レッチリから受けた力を反映できて、
日本語で、フグの鍋料理に関わる曲に成りえるかという、
そんなしょうもない勢いのある
かつ、現代に衝撃を与えうるものに仕上がるかが、
オモシロ課題になった本日です。

スラップベース奏法が練習してある程度でもモノになれば、
良くなるかとも思いますが、
やはり歌詞と曲の骨子がなければ、
クソ曲になるので、考えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ランキング投票です。記事が良かったらクリックお願いします。

|

« アニメ製作・VESPA | トップページ | 南紀堤防メジロ »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3万円のエレアコを購入:

« アニメ製作・VESPA | トップページ | 南紀堤防メジロ »