« 熱帯イヤ | トップページ | ベランダ焼肉 »

2011年7月 2日 (土)

もののけ姫

良いとも悪いとも言わない。

ただひたすらに生きて。

僕が農業をしようと思う、とても大きなきっかけだったと思う。
この映画。

やはり凄かった。
静かにスタンディングオベイションをした。

人間なんて滅べばいいって言う前に
僕は一人の人間であり、
たくさんの犠牲の中で生きている。

自然が死んで
神がいなくなっても

何か「良い」方向に向かって行こうとして
物語が終わる。

はじまりのような終わり。

主人公は
どこかで納得することなく
夢見がちとも思える純粋さで
理想の何かを探している。

彼を夢見がちと例えた時点で
僕は何かを諦めているのかも知れない。

ただ彼女に生きて欲しいと思いながら
足りないなかでひたむきに生きている。

みなが生きることの出来る世界を追い求めている。

神は自らの首をとばされても
とがめる事もなく
哀れむ事もなく
ただ首を元に戻そうとする。

それが人間の行動によって
間に合わず
その姿を隠す事になる。

では僕らの100年足らずに人生は
どれほどの意味を持つのだろう。

君の追い求めているものは何なのだろう。

僕の追い求めているものは何なのだろう。

悲しいことはいくらでもあるけれど
僕は笑ってこの世を去りたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村

|

« 熱帯イヤ | トップページ | ベランダ焼肉 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もののけ姫:

« 熱帯イヤ | トップページ | ベランダ焼肉 »