« カモミールティーとニョッキ | トップページ | ニョッキからニョッキへ »

2011年6月11日 (土)

表現者

表現者ってのは
何か自らの中にあるものを表現していればそうなんだろう。

それが他人に伝わるか
伝わらないかは表現者であることには関係していない。

カメラのシャッター押すだけでも表現者。

既存の絵を真似するだけでも表現者。

でも僕が良いと思うのは
どうでもいいものではない。

「その表現によって、何かしらの影響があるか」を求めている。

「どうでもいい」よりは
「不快な気持ちになった」の方がよい。

そもそもは他人を不快な気持ちにさせたい訳ではないが、
結果的にそうなったなら、
その中に「自分があって他人が感じた」訳で、
それでいいんだと思う。

最近はスケアクロウさんが作った曲に
歌詞をつけようとしている。

自分で自分につっ込みを入れながら
何を表現したいのかを掴もうとしている。

自問自答を繰り返す。

まとめる事が出来たら、
スケアクロウさんに問うてみようと思っている。

よくまあ「ロック」って言葉を耳にするが、
大抵はロックじゃなくてスタイルであることが多い。

エレキとベースとドラムがあって、
なんかカッコイイみたいな。

ロックとは
「自らの考えを主張すること」だと思う。

相手が日本人であれば
日本人に分かる言葉でなければ
「何をしているのか分からない」状態であると思う。

英語だけの歌詞を歌うのであれば、
英語圏で歌ってこそ表現に意味が生まれると思う。

日本人に日本人が英語で話しかけてくるのは
ルー大柴さんの特許にしてほしい。

…ルーさんは日本人の大多数に分かるであろう英語のみを使うから
好きやねんけど。
あのウザイほどの主張の強さが好きやねんけど。

…とまぁ、好き放題書いてみたが、
要するにしょーもない表現を見過ぎる毎日が続いているので
ストレスが溜まっているだけなんです。

すんませーん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村

|

« カモミールティーとニョッキ | トップページ | ニョッキからニョッキへ »

音楽のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表現者:

« カモミールティーとニョッキ | トップページ | ニョッキからニョッキへ »