« 原発CM(コタツに入りながら書きます) | トップページ | ホームレスのおじいちゃん »

2011年3月22日 (火)

スタジオジブリ物語

今日放送されていたテレビ番組
スゴすぎた。

観ながら何度も叫んだ。
正確には大声でため息でつぶやいた。

表現者としての有様。
その表現にミリ単位で描かれた人間。

そしてそれが前向きな方向へ進むためのシルベであること。

素晴らし過ぎる。

言葉では伝えきれない事が
映像や言葉・息使いにまで込められている。

アニメ作りをちっぽけながら初めた今は
昔、その作品を観た時よりも痛いほど感じた。

15秒ほどのカットが何度か出てきたが
その都度泣いてしまった。

その15秒に登場する人の感情が
アニメを通して現実より鮮明に浮き彫りにされている。

その瞬間にある濁りの無い気持ちや
匂い・はかなさ・希望
再現された絵の中に閉じ込められている。

「僕ももっと頑張ろう」という気持ちになった。

「もっと理想の社会へ一歩でも近付こう」という考えでは
ロックでもある。

ロックは理想の追求と
現実への反発であるから。

宮崎さんと高畑さんの言葉が
ひとつひとつ身に染みた。

せやったらこの気持ちをどうしようか…?

ここからが僕が表現者としてどの程度かという事やと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村

|

« 原発CM(コタツに入りながら書きます) | トップページ | ホームレスのおじいちゃん »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタジオジブリ物語:

« 原発CM(コタツに入りながら書きます) | トップページ | ホームレスのおじいちゃん »